日曜ドラマ一覧

ノーサイド・ゲーム

・イントロダクション

TBSでは7月からの日曜劇場枠(毎週日曜よる9時~9時54分)で、『ノーサイド・ゲーム』を放送する。原作は池井戸潤の同名タイトル小説で書き下ろしの新作(6月13日(木)発売 ダイヤモンド社刊)。数々のヒットドラマの原作となる小説を生み出してきた池井戸潤の最新作を、早くもTBSで映像化する。

主演を務めるのは大泉洋。大泉がTBSの連続ドラマで主演を務めるのは初となる。映画・ドラマ・舞台などさまざまな作品で味のある人物を演じ続けてきた大泉が初めて池井戸作品に挑む。なお、彼が所属する演劇ユニット 「TEAM NACS」の中でこれまで池井戸ドラマに出演していなかった最後のひとりである。他の4人は既に池井戸ドラマへの出演を果たしており、満を持して主演として出演する大泉に期待と注目が集まる!

その大泉が演じるのは、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することに。意に染まない異動だが、これもサラリーマンの宿命。やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。こうして知識も経験もない君嶋にチーム再建という重荷が課せられた。低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが始まる。

また、本作のプロデューサーは伊與田英徳、演出は福澤克雄。TBSで池井戸作品を映像化してきたスタッフが集まった。主人公と仲間たちが会社内に立ち塞がる大きな壁に挑み、苦しみながら逆境を跳ね返していく様をどのように映像化していくのか。奇しくもラグビーワールドカップが日本で開催される2019年に、新たな池井戸ドラマが幕を開ける!

あなたの番です-反撃編-

・イントロダクション

あなたには今、殺したい人がいますかー?

「あいつ、絶対殺してやるー」「あ〜もう死ねばいいのに〜」

誰しも冗談で口にしたことがありそうな、こんな一言。
その言葉が、いつの間にか一人歩きし、現実になったとしたら…?

とあるマンションに引っ越してきた一組の新婚夫婦。
マイホームを手に入れ
「穏やかで、幸せな暮らしが待っているー」
そう信じていた。
しかし。
マンションの周囲で次々と人が死んでいく…!
謎の連続死…その裏には、住民の間で行われたあるゲームがあった。
それは、13人の住民がそれぞれ「殺したい人」を書いてその紙をランダムに引いていく“交換殺人ゲーム”。

交換殺人
複数の人物が“殺したい相手”を交換して殺人を行うこと。
殺意がある人物にはアリバイがあり、実行犯には動機がないため容疑者が特定されにくい。

「まぁ、ゲームだし。ムカつく奴の名前書いたらスッキリするかも。」
みな軽い気持ちだったはずが、書かれた人間がどんどん殺され始めた…。

「まさか、誰かがゲームを実行してるんじゃ…?」
「そんなつもりじゃなかった、のに。」

そして、届く脅迫状。
“あなたの番です”
後悔しても、もう戻れない。
動機なき殺人の連鎖が始まる…!

ー誰が、誰の名前を書いたのか?
ーその紙を引いたのは、誰なのか?
ー自分が名前を書いた“あの人”も、誰かに殺されてしまうのか?
ーもし“あの人”が殺されたら、今度は自分が殺す番なのか?
ーもう殺人を犯した人が、この中にいるのか…?

隣人たちの疑心暗鬼の淵に飲み込まれる夫婦が、超難解な連続殺人の謎に挑む半年間のノンストップ・ミステリー!!

ーその殺意、現実になったらどうしますか…?