日曜ドラマ一覧

集団左遷

・イントロダクション

TBSでは、今年4月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)で、福山雅治主演の『集団左遷!!』を放送することが決定した。
福山がTBS日曜劇場の主演を務めるのは本作が初めてとなり、加えて銀行員(バンカー)役を演じるのも初めて。
福山演じる主人公の銀行員・片岡洋(かたおか・ひろし)は、理不尽なことだと分かっていても、飲み込んで、我慢して、「会社で生き残るためだ」そう考えている“the サラリーマン”。だが、部下や仲間の頑張りにほだされてしまう情に熱い男でもある。
片岡はある日、50歳を目前にして支店長への昇任人事を受ける。その喜びもつかの間、赴任先は廃店が決定している「蒲田支店」だった。上層部からは、「廃店が決まっているので頑張らなくて大丈夫です。無事廃店の際には本部に戻し優遇いたします」という特例を受ける。人生で初めて「頑張るな」と言われ片岡は困惑する。しかし、廃店になることなど知らない支店員たちを前に「頑張らなくてもいいよ」とも言えず、自分の立ち位置に葛藤し、部下たちの頑張りを目の当たりにし、「このままでいいのか」と思い悩んでいく。片岡はドラマの主人公としては決して強くない、自分の立ち位置や見え方なども気にする年齢の、どこにでもいるような50手前の「普通」のサラリーマンなのだ。その男が、ドラマの中でどのように成長していくのか、注目して頂きたい。
そして、片岡の異動先である蒲田支店の副支店長・真山徹(まやま・とおる)を香川照之が演じる。真山はどこか掴みどころのないような男。常に笑顔で、全てを見透かしているような真山の扱いに片岡は苦労する。ああ言えばこう言う、常に上手で返してくる真山だが…。
福山と香川はNHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010年放送)以来9年ぶりの共演。二人の台詞のやりとりや劇中での関係性にも注目だ。
「銀行」という一見張り詰めた緊張感がある世界を舞台に、廃店候補の蒲田支店の仲間と巨大組織の理不尽に立ち向かう、スーパーマンではなく「普通」のサラリーマン・片岡とそこに生きる人間をコミカルかつユーモラスに、そして時にエネルギッシュに描いていくエンターテインメント。4月からの日曜の夜は、本ドラマで「明日を頑張る活力」を見出して欲しい。
脚本は『ROOKIES』(2008年)、映画「ROOKIES−卒業−」(2009年)、『南極大陸』(2011年)などを手掛けたいずみ吉紘が担当する。
5月から新元号となり“平成最後の日曜劇場”となる本作。時代の変わり目にTBSが満を持してお送りする、4月スタート・日曜劇場『集団左遷!!』。負け犬になりそうなサラリーマン達は大逆転できるのか!?ぜひご期待ください!

あなたの番です

・イントロダクション

あなたには今、殺したい人がいますかー?

「あいつ、絶対殺してやるー」「あ〜もう死ねばいいのに〜」

誰しも冗談で口にしたことがありそうな、こんな一言。
その言葉が、いつの間にか一人歩きし、現実になったとしたら…?

とあるマンションに引っ越してきた一組の新婚夫婦。
マイホームを手に入れ
「穏やかで、幸せな暮らしが待っているー」
そう信じていた。
しかし。
マンションの周囲で次々と人が死んでいく…!
謎の連続死…その裏には、住民の間で行われたあるゲームがあった。
それは、13人の住民がそれぞれ「殺したい人」を書いてその紙をランダムに引いていく“交換殺人ゲーム”。

交換殺人
複数の人物が“殺したい相手”を交換して殺人を行うこと。
殺意がある人物にはアリバイがあり、実行犯には動機がないため容疑者が特定されにくい。

「まぁ、ゲームだし。ムカつく奴の名前書いたらスッキリするかも。」
みな軽い気持ちだったはずが、書かれた人間がどんどん殺され始めた…。

「まさか、誰かがゲームを実行してるんじゃ…?」
「そんなつもりじゃなかった、のに。」

そして、届く脅迫状。
“あなたの番です”
後悔しても、もう戻れない。
動機なき殺人の連鎖が始まる…!

ー誰が、誰の名前を書いたのか?
ーその紙を引いたのは、誰なのか?
ー自分が名前を書いた“あの人”も、誰かに殺されてしまうのか?
ーもし“あの人”が殺されたら、今度は自分が殺す番なのか?
ーもう殺人を犯した人が、この中にいるのか…?

隣人たちの疑心暗鬼の淵に飲み込まれる夫婦が、超難解な連続殺人の謎に挑む半年間のノンストップ・ミステリー!!

ーその殺意、現実になったらどうしますか…?

このドラマの記事はこちら