シグナル|3話のネタバレ・感想・視聴率まとめ(4月24日放送)

シグナル|3話のネタバレ・感想・視聴率まとめ(4月24日放送)

2018年4月に始まったシグナル 長期未解決事件捜査班

韓国で数々の賞を受賞した大ヒットドラマの日本版リメイクになります。

 

4月24日にその3話が放送されましたが、この記事では早速そのネタバレや感想を紹介!

またツイッターでの評判や視聴率もまとめていくので、興味を持った方はぜひご覧ください。

まずは3話のあらすじを紹介!

2018年、アメリカでの研修を終え、プロファイラーとして警視庁に戻ってきた三枝健人(坂口健太郎)は、桜井美咲(吉瀬美智子)率いる長期未解決事件捜査班に配属され、1997年に女性7人が被害にあった連続殺人事件を再捜査することに。

するとその直後、かつて事件解決の糸口となった謎の無線が再びつながり、健人は大山剛志(北村一輝)刑事と8年ぶりに言葉を交わす。
しかし、大山はまるで初めて健人と話すかのような口ぶり。その話の内容から、健人は無線が1997年とつながっているのではないかと考える。

健人の予想通り、無線機越しの大山は1997年、女性連続殺人事件の捜査の渦中にいた。
最初こそ、健人の言葉が信じられない大山だったが、無線で聞いた通りの場所で襲われている女性を助け、犯人を逮捕したことから、事件が起きることを予知していた健人の存在が気になり始める。

一方、大山が犯行を未然に防いだことで、2018年にもある変化が起きていた。
殺されるはずだった5人目の被害者に関する捜査資料の文字が、“遺体発見”から“未遂”に変わり、残り2人が殺害された日時や犯行現場もなぜか変わってしまったのだ。

しかも、そのことに気づいているのは健人だけ。「過去が変わった?」真実を確かめるため、健人は再びつながった無線で、大山のいる世界でこれから起きる出来事を伝える。
しかしそれは、大山が警察の信用に関わる重大なミスを犯したことを意味していた。

刑事としての自信を失いかけた大山を救ったのは、行きつけのラーメン店で働く北野みどり(佐久間由衣)だった。
自分を更生させてくれた大山に恩義を感じているみどりは、元気のない大山を励まし、大山もまた、そんなみどりの笑顔に救われるが…。

 

3話のネタバレと感想!

変えられた過去と現代

健人(坂口健太郎)との通信により、連続殺人事件の被害者の一人になるはずだった女性を救うことができた大山(北村一輝)。

すると健人がいる現代にも変化が。

大山に救われた女性の被害は未遂ということになっており、その変化に気づいたのは健人だけでした。

 

「過去は変えることができる。そして現代にも変化が現れる」という事実がわかったのが今回の冒頭でしたね。

ただやはりというか、そのことに気がつくことができたのは健人だけ。

ここから二人はお互いのことを探りながらも、協力して捜査をしていくことになります。

 

大山が誤認逮捕?

一方、事件現場で犯人と遭遇した大山。

帽子をかぶっていて顔を確認することはできなかったのですが、なんとか追いついて逮捕します。

 

大山が逮捕した男性の名前は木村直也。

木村はすぐさま取り調べ室に連れていかれるのですが、再び通信した健人によると、彼は事件の犯人ではないと言うのです。

しかも健人が見ていた事件資料によると、木村は取り調べ中に急死、さらに同時間帯に次の被害者で出てしまうとのことでした。

 

「もしあんたが本当に1997年にいるなら防いでみろ!」と言う健人。

未だ信じられないとという表情の大山でしたが、通信はそこで切れてしまいました。

 

その後、取り調べを受けていた木村は本当に急死。

そこに一人の警官が駆けつけ、新しい犠牲者が出たと報告するのでした。

 

3話のあらすじにあった大山の重大なミスとは誤認逮捕のことだったようですね。

しかし無理もないかもしれませんが、大山自身はそのことより健人の発言が当たっていたことに驚いていました。

そもそも未来からの通信なんて簡単に信じられるわけもないですし、逆に犯人から通信がきたと思われてもおかしくないのではないでしょうか?(笑)

 

現代に現れた変化

真犯人を捕らえることができなかった大山ですが、現代には新たな変化が現れていました。

6人目と7人目の犠牲者の犯行時間が早まり、事件現場も異なる場所になっていたのです。

 

そこで彼女たちの事件現場が同じバスの路線上付近にあることに気がついた健人。

とっさに飛び乗ったバスの中から大山が木村を誤認逮捕しているところを見ていた犯人は、同じバスに乗っていた人物たちを口封じのために殺害したと推測します。

 

一方で大山も犯人にバスで逃げられたことに気がついていました。

早速バス会社に向かい、当時の運転手に乗客のことを確認するのですが、その時そのバス停からは誰も乗車しなかったというのです。

 

ほぼ同じタイミングで犯人がバスに乗ったことに気がついた二人。

しかし予想とは違い、運転手は誰も乗車しなかったと言っていましたね。

となるとまた振り出しに戻ってしまいますが、そもそも犯人は本当にバスに乗ったのでしょうか?

 

再開された連続殺人事件

現代でも健人たちが当時の運転手から話を聞くためにバス会社を訪れていました。

しかし彼はすでに退職。

なんとか連絡を取るために、彼と仲が良かった八代英子という女性の家に向かいます。

 

八代英子の自宅の前に立つと、不思議と玄関の鍵が開いていました。

そして健人たちが中に入ると、そこには身体を拘束された八代英子の遺体がありました。

 

警察は特徴的なロープの縛り方から連続殺人事件と同一犯だと認定。

健人たち長期未解決事件捜査班は撤退を命じられてしまいます。

 

そんな時、再び大山と通信が繋がった健人。

7人目の犠牲者のことを伝えるのですが、それは大山が更生させた北野みどり(佐久間由衣)だったのです。

 

犯行時間と場所を聞いて急いで駆け出す大山。

現代の健人は現代の変化を今か今かと待ち望んでいたのですが、事件資料に変化が現れることはありませんでした。

視聴者の感想!

ここからはシグナルの3話を見た視聴者の感想を紹介します!

シグナル面白いわー。 未来からのお告げ、じゃなくて、過去に伝えるパターン。 坂口さんも吉瀬さんも北村さんもすきだわー。
シグナル、普通におもろい&クオリティ高い。 フジTVは数年に一回くらいまともな仕事する。 元ネタの韓国版ドラマも見てみよかな。
昨日のシグナル、面白かったわぁ。

大山刑事(北村)の顔の濃さ以上に内容の濃いドラマになってきたけぇ。

刑事物とタイムスリップ物の合体!好きな二要素!面白い!第一話が途中からだったのでタイムスリップ物と知らずみていて第二回で驚いた。もう一回最初からみたい。あの銃声みたいなのが気になるー。誘拐事件をふせぐのが最終目的???
シグナル、ドラマを見てるとかなり異質な雰囲気。何というか映像の中で韓国を感じる。日本での撮影のはずなのに雰囲気的に韓国を感じる。撮り方か?ロケ地か?なんだろう?

シグナル 韓国版にめちゃくちゃ忠実。 シナリオ、アングルとかもだけど、過去の警察広報の写真の服までw 放送回数の関係できっと解決する事件は一件減る気もするけど… 大橋崩落のはやるのかな

面白すぎる!

日本のドラマで鳥肌ものって初めてかも

坂口くん、とっても良いね

その無線って、大山さんと三枝しか話せないのかな… 美咲さんに教えてあげたい… 大山さんと話させてあげたい(´;ω;`)
シグナル面白すぎと書いて眠くて何がどう面白いのか書けなかったけど、何がどう面白いのかを書き出すと止まらなくなると思う。 手短に言うとタイムパラドックス物だから私が好きな世界だという事よ

 

3話の視聴率は?

4月24日に放送されたシグナルの3話、今回の視聴率は8.3%でした!

前回の2話の視聴率が8.4%だったので、わずか0.1ポイントですが下がってしまいましたね。

 

しかしそれでもそこそこ良い数字をキープできているシグナル。

まだまだ山場は先だと思いますが、今後盛り上がりを見せるにつれてもっと高くなっていくかもしれませんね!

 

シグナル 長期未解決事件捜査班のこれまでの視聴率はこちらの記事にまとめてあります!

シグナル|視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新!

 

次回・4話のあらすじは?

 

帰宅途中の女性ばかりが被害にあった1997年の連続殺人事件の再捜査を始めた長期未解決事件捜査班。

プロファイラーの三枝健人(坂口健太郎)は、8年前に偶然手にした“過去とつながる無線機”が、今度は1997年とつながっていることに気づき、無線の先の刑事・大山剛志(北村一輝)に未来の情報を伝え、殺人を未然に防ごうと考える。

一方で、被害者たちが同じ路線のバスを利用していたことが分かり、車内に犯人がいたのではないかとにらむ健人。そこで当時、被害者たちが乗っていたバスを運転していた田中修一(モロ師岡)を探すが、唯一田中の手がかりを知っていた元同僚の八代英子(真瀬樹里)が何者かに殺されてしまう。

さらに、その犯行の特徴は過去の事件と酷似。犯人が犯行を再開したと考えた健人は、次なる被害者を出さないため、再び無線に呼びかける。

1997年、無線で健人の話を聞いた大山は、次の被害者が顔なじみの北野みどり(佐久間由衣)だと知り、激しく動揺する。「事態を変えられるのはあなただけだ」――健人のその言葉に、必死でみどりを探し回る大山。2018年の健人もまた、事態が好転するのをじっと待つが…。

長期未解決事件捜査班は、英子が過去の連続殺人について何かを知っていて、口封じのために殺されたと推測。防犯カメラの映像と指紋から、英子殺しの犯人が田中だと突き止め、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)が身柄確保に向かう。

その頃、再びバス会社を訪れた健人は、過去の事件の犯人像と一致しないことに疑問を抱きつつ、事件当時の田中の運行記録を調べていた。すると犯行時刻に勤務中だった田中にはアリバイがあるものの、もう一つの重要な事実があった。ついに事件の全容をつかんだ健人だったが、同時にそれは、美咲の身に危険が迫っていることを意味していて…。

 

「シグナル 長期未解決事件捜査班」の動画は「FODプレミアム」で視聴可能!

「FODプレミアム」の画像検索結果

韓国の大ヒットドラマが原作となっているシグナル 長期未解決事件捜査班。

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、中には見逃してしまったという人も多いと思います。

 

しかしそんな人におすすめなのが「FODプレミアム」

シグナル 長期未解決事件捜査班以外にも数々の人気作品が見放題なのに加え、今なら無料体験期間実施中です。

 

お金をかけずに視聴することも可能なのですが、こちらで詳しく解説しているので、気になる人はぜひご覧ください!

シグナル 長期未解決事件捜査班|見逃した動画の無料視聴方法!キャスト・見どころも

 

「シグナル 長期未解決事件捜査班」のロケ地・撮影場所紹介!

シグナル 長期未解決事件捜査班のロケ地や撮影場所はこちらの記事にまとめてあります!

各ロケ地へのアクセス方法も併せて紹介してあるので、ファンの人はぜひご覧ください!

シグナル 長期未解決事件捜査班のロケ地・撮影場所はこちら

 

以前までのネタバレ・感想はこちら

シグナル 長期未解決事件捜査班以前までのあらすじ・感想はこちらの記事から!

また最新話が放送され次第、毎回更新していきます。

シグナル 長期未解決事件捜査班|1話のネタバレ・感想はこちら(4月10日放送)

シグナル 長期未解決事件捜査班|2話のネタバレ・感想はこちら(4月17日放送)