ブラックペアン|1話のネタバレ・感想・視聴率まとめ(4月22日放送)

ブラックペアン|1話のネタバレ・感想・視聴率まとめ(4月22日放送)

二宮和也さん演じる天才外科医の痛快医療エンターテインメントを描いた「ブラックペアン」。

他の出演陣もかなり豪華ですし、今期の中でも最注目ドラマの一つですね!

そんなブラックペアン、この記事では早速4月22日に放送された1話のネタバレ・感想・視聴率をまとめていきます!

まずは1話のあらすじを紹介!

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎啓介教授(市川猿之助)もこの手術を見学、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や医療ジャーナル誌編集長・池永英人(加藤浩次)も注目する手術だ。そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。医師たちが対応にあたるが状態は悪化、研修医の世良雅志(竹内涼真)や新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。そんなとき、手術室に一人の男が現れる。同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが…。

一方、東城大にやってきた新任講師・高階権太(小泉孝太郎)は、最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった─。

 

1話のネタバレと感想!

東海地方にある東城大学医学部付属病院の佐伯清剛教授(内野聖陽)と、強大な権威を持つ帝華大学の西崎啓介教授(市川猿之助)。

二人は日本外科学会理事長選でしのぎを削るであろうライバルとされていました。

 

ある日、非常に難易度が高い手術を行うことになった佐伯。

それは医療ジャーナル誌編集長の池永英人(加藤浩次)も注目する重要な手術だったのですが、佐伯が失敗する様を見ようと西崎も見学に来ていました。

 

しかし佐伯は世界で佐伯一人しか行うことができない最新術式・“佐伯式”を用いて手術を鮮やかに進行していました。

西崎や他の東城大学医学部付属病院の医師たちもモニター越しに見ていたのですが、一方で佐伯が翌日手術を行う手はずになっていた患者の容態が急変。

その場を離れることができない佐伯に変わり、一番弟子の横山がメスを取ることに。

 

同時進行する二つのオペ。

しかし横山は判断を誤り、患者の心臓から大量の血が吹き出します。

その場に居合わせた研修医の世良雅志(竹内涼真)は何も手を打つことができませんでした。

 

そこに突然現れた外科医・渡海征司郎(二宮和也)。

彼は横山に「辞表を書け」と言うと、退職金の1000万円で代わりにオペを行うと持ちかけます。

 

悩んだ挙句、佐伯の面子を保つためにもそれを受け入れる決断をした横山。

そして横山の返事を聞いた渡海はいともたやすくオペを成功させてしまうのでした。佐伯式を使って。

 

ここまでがブラックペアン1話の冒頭!

突然姿を現した二宮和也さん演じる渡海でしたが、いきなり衝撃的なパフォーマンスを見せましたね。

真剣な眼差しで手術を行う二宮和也さんの演技はかなり迫力がありました!

 

その後、自身の指導医だった横山が異動になり、世良は渡海の下につくことになったのですが、周囲から聞く渡海の人格はどんでもないもの。

手術の腕は確かなものの、その傲慢で怠慢な性格に、世良も早速困り果ててしまいます。

渡海のせいで何人もの医者が病院を出て行ったのですが、「患者を生かすが医者を殺す」というところから“オペ室の悪魔”と称されていました。

 

性格最悪な渡海と真面目で正義感の強い世良。

二人の性格は正反対で、世良は1話から早速振り回されていましたね。

やけになって頭をぐしゃぐしゃっとする竹内涼真さんが可愛かったです(笑)

 

そしてそんなある日。

西崎の部下だった高階権太(小泉孝太郎)が新任講師として東城大学医学部付属病院に赴任してきました。

挨拶の際、高階は“スナイプ”と言う最新医療機器を持ち込み、他の医師たちに紹介するのですが、「これがあればもう佐伯式は必要ない」と言います。

 

当然他の医師から反感を食らうのですが、スナイプは佐伯式に比べて患者にかける負担や所要時間も少なく、また世界で佐伯しかできないとされている佐伯式と違い、誰でも扱うことができると言うのです。

そうして全員の前で「もう神の手は必要ない」と宣言するのでした。

 

赴任早々、佐伯に真っ向から喧嘩を売るようなセリフを吐いた高階。

演じている小泉孝太郎さんの憎まれキャラっぷりが見事でしたね。

正直かませ犬感満々でしたが、それは小泉孝太郎さんの演技が優れているという何よりの証拠でしょう。

 

その後、後日佐伯が手術を行うはずだった皆川(山村紅葉)という患者の状態が急変してしまいます。

皆川は世良の担当患者で、世良の励ましもあってようやく手術を受ける覚悟を決めていたのですが、体力的に手術を行うのは難しく、かといって延期してもジリ貧…。

佐伯も冷静な態度を保ってはいたものの、なす術がないという状態でした。

 

そんな時、高階はスナイプを使用して手術を行うことを提案。

佐伯もそれを許可するのですが、そこでスナイプが気に入らない渡海は「途中で変わるようなことがあれば辞表書いてください」と言い出します。

 

それを受け入れた高階。

しかし逆に高階も「成功するならあなたに辞表を出していただきますよ」と条件を提示するのでした。

 

このシーンのバチバチ感は緊張感があってよかったですね。

またジトーッとした目をする渡海と、その挑発を若干ビビりながらも受ける高階の構図が見ていて面白かったです。

 

後日。

池永や西崎も見学する中、ついにスナイプを使用した手術を開始する高階。

するといよいよスナイプを使うところで、看護師の一人がある資料を持ってきます。

そこにはスナイプには死亡例を含む複数の事故例があることが記載されていたのですが、その資料は渡海が治療コーディネーターの木下香織(加藤綾子)に頼んで手配してもらったものでした。

 

しかし佐伯の判断で手術は再開。

緊張高まる中、なんと手術は無事成功してしまいます。

 

この手術の展開は正直予想外でした!

スナイプが中止、あるいは失敗で主治医を渡海に交代、鮮やかなテクニックで手術は成功!というパターンかと思ったのですが、まさか成功してしまうとは思いませんでした。

 

その後、渡海に「本当にここを出ていかれるのですか?」と尋ねる世良。

しかし渡海はいつものぶっきらぼうな調子で「なんで?出て行くのあいつでしょ?もうすぐあの婆さん死んじまうよ」と返します。

 

世良にタブレットで皆川のCGを見せ、「あいつは準備を怠った」という渡海。

一方、皆川は病室で急に苦しみだしており、渡海と世良の元にも連絡がきます。

 

渡海と世良が皆川の病室を訪れると、そこには慌てふためく高階が。

実は皆川の腹部にはスナイプを使用することによる破裂の危険性があったのですが、心臓しか確認していなかった高階はそれを見落としていました。

そして渡海は顔面蒼白の高階に向かって、「このばあさん殺したらお前死ね」と囁きます。

 

すぐさま皆川の手術に取り掛かる高階。

しかしすでにその出血量は凄まじく、何も手を打てずにいました。

 

体が震え、完全に手が止まってしまったところに現れた渡海。

「辞表書くか。お前の退職金で助けてやる」と言うのですが、高階はそれを受け入れようとしません。

すると渡海は「じゃあやれよ自分で!」と怒鳴り散らし、あっさりと手術室を出ていってしまいました。

 

しかしそんな渡海を止めに入ったのは世良。

「いくら払えば助けてくれるんですか?悔しいですけど貴方しかいないんです」というと、土下座して「お願いします!お願いします!」と何度も何度も叫び続けます。

 

それを聞いて手術室に引き返した渡海。

あっさりと出血元を縫合してしまうと、世良の顔を覗き込み、「1億な。払い終えるまでお前は一生ここで働け」と言い、笑いながらをその場を去っていきました。

 

その後、渡海は佐伯のもとを訪れ、「ご存知だったんですよね?」と尋ねます。

すると佐伯は意味ありげに「本当にお前は私によく貢献してくれている」と告げるのでした。

 

ここで1話は終了!

とにかく二宮和也さんのダークな演技が光りまくった回になりました!

どう考えても性格最悪な渡海ですが、その技術の高さの前に抗うことができない他の医師たちがかわいそう、しかし見ていてかなり見応えがありました…。

 

そして各人物たちにかなり謎がありそうでしたよね。

渡海はもちろんですが、佐伯にも確実に裏がありそう…。

また渡海と親しげな看護師の猫田や、治療コーディネーターの木下との関係も気になりました。

 

まだ始まったばかりですが、これは間違いなく面白いドラマですね!

次回以降も楽しみです!

視聴者の感想!

ここからはブラックペアンの1話を見た視聴者の感想をまとめていきます!

普段は自然体な演技で評価される二宮くんが、今回はあえてキャラクター化して演じると公言していて。それがちゃんと実現されているところが流石!
お芝居っていいね ストーリーと演技に惹き込まれて 観ることに集中できる 二宮を渡海として観られる バラエティみたいに時折脳裏に匂わせBBAの顔が浮かんだりしない
ブラックペアン、全然予備知識なく見たんだけど、東城医大だったから、あの世界線なのか、とバチスタシリーズと登場人物の名前比べたら…時間軸遡ってるのか!高階病院長ってこーたろーか!てびっくりした。

世界の時間軸は遡ってるのに、ドラマは新しいからタブレットとか使ってて時間捻れてるのね〜。

ブラックペアン面白かったな〜

原作読んだの昔過ぎて内容もうろ覚えだから新たに楽しめる 原作読んだ時の世良のイメージも覚えてないから竹内くんがすんなり入ってくるしとてもハマリ役だと思う

ブラックペアン見たら看護の勉強なるかなと思って見てるけど早すぎてなんっもわからんし手術室の看護師てあんなグロいんてかんじやし、とりあえずニノがカッコいいめっちゃおもろドラマや
めっちゃ面白い!ニノちゃん最高か。研修医涼真くんめげずに頑張れ。内野さんといい猿之助さんといい、胡散臭さ漂いすぎてて怖いw
ニノさんがかっこよい

猫田も好きかも

松川尚瑠輝さんも大人になって、、!

渡海先生と猫ちゃんとの信頼っていうか 共犯みたいな関係たまんない 手術シーンの一体感とか 資料託して「俺の名前は」に皆まで言わせず食い気味で返すとことか あの場所にいたのも偶然じゃないんでしょ…
ブラックペアン何回観ても飽きない!

こんなにゾクゾクするドラマ久々だし、キャストも違和感なくてぴったりハマってる感じして見応えめちゃある〜!

原作も買っちゃったからこれから読んでく!

録画してたブラックペアン見たんだけど世間の声通りめちゃくちゃおもしろい。超悪魔で超最高…むりもう次回みたいそして1話の内容が濃いから金曜ロードショー見てるのかと思ったわ大好き
ブラックペアンの二ノ、やばい

渡海先生のダークな感じ好きだわ~ 猫ちゃんとの関係も気になる

勉強会という名の接待の場面で、お皿にナイフかフォークで不快な音を立ててる渡海の偽悪的な感じが良かったなー。

蜷川幸雄、山田洋次、倉本聰、クリント・イーストウッド…本格派に愛される才能の真骨頂を発揮していただきたい。

色々見て、今期のドラマで一番面白くて、見逃したら泣いちゃいそうなのは、ブラックペアンでした。見る前まで、二宮くんが天才外科医とか……若すぎない?と思っていましたが、見たら最&高でした。

 

1話の視聴率は?

ブラックペアンの1話、今回の視聴率は13.7%でした!

1話の視聴率として文句なしの好スタートですね!

 

ちなみに前クールに放送されていた松本潤さん主演の「99.9-刑事専門弁護士-」の初回視聴率は15.1%。

それと比べれば少し劣る結果になりましたが、そちらは2016年にも放送された人気ドラマの続編だったということもあるでしょう。

 

ともかく今期のドラマの中でもトップレベルのスタートになりましたし、今後も期待したいです!

ちなみにブラックペアンの今まで放送された回の視聴率、また前クールまでに同じ時間帯で放送されたドラマとの比較はこちらの記事にまとめてあります!

ブラックペアン|視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新

次回・2話のあらすじは?

最新医療機器・スナイプを持って東城大に乗り込んできた高階(小泉孝太郎)だったが、術後のトラブルによって2例目の手術を行えずにいた。そして研修医である世良(竹内涼真)も、医師として思い描いていた姿と現在のふがいない自分の姿のギャップに落ち込んでいた。ある日、小山(島田洋七)という急患が運ばれてくる。渡海(二宮和也)の手術で一命は取り留めたが、僧帽弁置換手術を行う必要があった。手術に難色を示す夫妻に、渡海は痛烈な一言を投げかける。結局、小山と妻・好恵(沢松奈生子)は佐伯教授(内野聖陽)の手術を希望することになるが、長い順番待ちリストに名を連ねることに。そんなとき、高階が小山のスナイプ手術を提案する。佐伯は了承するが、驚くべき条件を出す・・・。

 

「ブラックペアン」の動画は「VOD」で視聴可能!

今期の中でも最注目ドラマの一つであるブラックペアン。

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、中には見逃してしまったという人も多いと思います。

 

しかしそんな人におすすめなのが「動画配信サービス」

別名VODとも呼ばれますね。

ブラックペアン以外にも数々の人気作品が見放題なのに加え、今なら無料体験期間実施中です。

 

お金をかけずに視聴することも可能なのですが、こちらで詳しく解説しているので、気になる人はぜひ!

ブラックペアン|見逃した動画の無料視聴方法!キャスト・見どころも

 

「ブラックペアン」のロケ地・撮影場所紹介!

ブラックペアンのロケ地や撮影場所はこちらの記事にまとめてあります!

各ロケ地へのアクセス方法も併せて紹介してあるので、ファンの人はぜひご覧ください!

ブラックペアンのロケ地・撮影場所はこちら