モンテ・クリスト伯|1話のネタバレ・感想・視聴率まとめ(4月19日放送)

モンテ・クリスト伯|1話のネタバレ・感想・視聴率まとめ(4月19日放送)

2018年4月に木曜10時枠でスタートした「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」。

日本では「巌窟王」というタイトルで知られるフランスの小説が原作となった作品です。

そんなモンテ・クリスト伯、4月19日に1話が放送されましたが、この記事では早速そのネタバレ・感想・視聴率などをまとめていきます!

まずは1話のあらすじを紹介!

2003年春。小さな漁師町で漁業を営む柴門暖(ディーン・フジオカ)は同じ町で喫茶店『シンドバッド』を経営する目黒すみれ(山本美月)にプロポーズ。想いは受け入れられ、2人は結婚式に向けて幸せの絶頂にいた。
しかし、その矢先、暖の乗る遠洋漁船『海進丸』が遭難してしまう。暖の後輩、南条幸男(大倉忠義)は心配して『シンドバッド』へ。すみれは暖の帰還を信じ、努めて明るく振舞っている。
『海進丸』が所属する守尾漁業でも社長の守尾英一朗(木下ほうか)、船員だが今回の航海には怪我で出られなかった神楽清(新井浩文)たちが憔悴しながらも暖たちの無事を願う。

そんな守尾の事務所を漁協の組合長、遠藤勝也(仁科貴)が訪ねて来る。遠藤はもう2週間にも及ぶ遭難で捜索費がかさんでいることを守尾に告げた。守尾は船長のバラジ・イスワラン(ベヘナム)が優秀なので、みんな生きて帰ると譲らない。だが、遠藤はバラジを不安に思っている。バラジはテロ組織のメンバーではないかと疑われていたからだ。それでも、守尾は船員たちを信じていた。
暖の実家では、母親の恵(風吹ジュン)が地上げ屋の寺角類(渋川清彦)と対峙していた。と、そこに『海進丸』帰港の連絡が入る。迎えに来たすみれと港に急ぐ恵。船員たちが上陸する中、暖も怪我はしたが生還を果たす。亡くなったのは船長のバラジだけ。すると、バラジの遺体を調べる男たちが…刑事の入間公平(高橋克典)の姿もあった。

 

1話のネタバレと感想!

主人公・柴門暖(ディーン・フジオカ)が目黒すみれ(山本美月)にサプライズでプロポーズするシーンから始まったモンテ・クリスト伯の1話。

暖が勤める守尾漁業の仲間たちからも祝福され、まさに順風満帆な日々を送っていました。

 

放送前はどんなスタートになるのかと思っていましたが、ディーン・フジオカさんが演じるのはなんと漁師!

普段のイメージとのギャップがものすごいですが、これはこれでアリだなと思いました!

作業着に身を包んで魚を追う姿もかっこいいですね。

 

そしてまさに幸せの絶頂にいた暖とすみれですが、ある日、暖も乗っていた船が嵐で遭難。

2週間経っても見つからず誰もが諦めていたのですが、そんな時、暖たちが帰還!

船長のバラジは途中で命を落としてしまったのですが、その後船長を引きついた暖の活躍で無事港に戻ることができました。

 

しかしそんな暖の生還を心から喜べない者も…。

それは暖と同じ守尾漁業で働き、「カグ兄」と慕われている神楽(新井浩文)と、暖の一番の親友とも言える幸男(大倉忠義)。

二人とも暖とは学生時代からの仲なのですが、神楽はバラジの死後、暖が船長に抜擢されたこと、そして幸男は幼馴染でずっと想いを寄せてきたすみれが暖と結ばれたことに嫉妬心を抱いていました。

 

神楽も幸男も暖のことを信頼しているのは間違いないのですが、それだけに複雑な感情になっているようでした。

仲が良い一方で、「この男さえいなければ…」という考えをせずにはいられなかったのでしょう。

 

一方、暖は遭難中に亡くなったバラジからある手紙を預かっていました。

記載されている住所にいる人物に渡してほしいと頼まれていたのですが、その住所があるのは渋谷。

退院した暖は早速その手紙を届けに行こうとするのですが、ちょうど家を出るところで公安部の入間(高橋克典)が訪ねてきます。

 

入間によると、実はバラジにはテロ組織の一員かもしれないという疑いがかかっており、そのバラジがある人物に手紙を渡そうとしていたという情報を入手していました。

暖に頼み込み、手紙の内容を確認する入間。

文章は全て英語で書かれており暖にはさっぱりだったのですが、入間はそれを証拠品として押収していってしまいました。

 

その後、手紙に記載されていた住所を訪れる入間でしたが、そこにいたのはTIファンドマネジメントの貞吉。

貞吉はテロ組織に資金援助をしていたのですが、二人は親子だったのです。

またその時、警察は人質を盾にテロ組織から手紙の受取人を引き渡すようにと脅されていました。

 

この辺りから展開が読めてきましたね。

モンテ・クリスト伯は無実の罪で投獄された主人公が自分を陥れた人物たちに復讐していくというストーリーですが、テロ組織への援助の罪を暖が被ってしまうということでしょう。

 

一方、暖とすみれは結婚式を開いていました。

1話の冒頭でも流れたプロポーズのシーンを収めたビデオを全員で視聴。

式場は幸せな雰囲気に包まれるのですが、そこで我慢の限界を迎えた暖はトイレへ。

 

しかしそこに駆けつけた警察。

意味もわからないまま、暖は無理矢理連行されてしまいます。

それに気づいて車の後を必死に追うすみれでしたが、当然追いつけるはずもなく…。

 

わざわざ結婚式の真っ最中に逮捕されてしまった暖。

天国から地獄に叩き落とされたとはまさにこのことですよね。

見ているこちらもかなり辛いシーンでした。

 

その後、必死の訴えも虚しく、暖はテロ組織の本拠地であるラデル共和国の監獄に投獄されてしまいました。

きつい拷問をされた挙句に、狭く、暗く、汚い空間に閉じ込められてしまった暖。

しかしそんな暖をはめた人物は入間。

暖がバラジから預かった手紙を捏造し、宛名を貞吉から暖に変更していたのです。

 

一方で暖の無実を主張しようとするすみれ。

署名を集めたり、ラデル共和国大使館に嘆願書を提出しようとするのですが、思うような結果は得られず、自宅もひどい嫌がらせを受けるようになっていました。

 

このシーンも見ていて本当に辛かったですね。

結婚式を中断されたばかりか、そのまま夫と離れ離れになってしまいました。

 

ただそれらのシーンでの山本美月さんの演技はかなり鬼気迫るものがありましたね。

最愛の夫と引き離された悲しい女性を見事に演じれていたと思います。

 

そして異国の監獄の中、まるで抜け殻のようになってしまった暖。

そんな時、監獄の床に穴が空いたと思うと、そこから一人の老人が頭を出すのでした。

視聴者の感想!

ここからはTwitterでの視聴者の感想を紹介します!

ドラマ版『モンテ・クリスト伯』をやっと観た。現代日本に置き換える苦労が見えつつも、原作知ってるのと流石の西谷演出で面白く観れた。最後の方のルービックキューブとネズミとハエが凄かった(笑)
えっ今岩窟王?何で?って思ったドラマ化だけど、一話から面白かった。原作は読んだことないですが、アニメやら何やら二次創作的な作品はチラホラ見て、しかも面白いので、今回も期待してますww 暖くんの豹変ぶり楽しみ
やっとやっと録画してたモンテ・クリスト伯見れたんだけど、とりあえず言いたいのは、フジテレビどうした今後への期待が大きすぎる!!わりと原作に近くて見応えあるし、たっちょんファンにも幸男かわいいだけで終わらずドラマ自体を見てほしいなあという思ひ。
録画してたモンテ・クリスト伯みてるけど原作に忠実で読み返したくなった。日本人で現代でやるからこのあと華やかになりきれないのが残念…伯爵になって社交界に殴り込みにいくからこそ華やかで痛快なのはあると思う
ディーンさんの若者ぶりは微妙だったけど、山本美月さんと大倉忠義さんが良かったな。 私は面白かった。 3人の男性陣の心の闇がどう繋がっていくのだろう。 構成、対比もうまいと思う。 次も見るよ。
モンテ・クリスト伯の雰囲気めっちゃ好きだわ。おディーンの拷問シーンよかった、すごくよかった。ラブシーンもよかった。たぶんそういう楽しみ方するドラマやろ
こんなに可愛い幸男くん、1話だけなの判ってる…。だからこそこの数少ない全てのシーンをスルメの様に舐め尽くし、すみずみ迄味わい尽くしたい所存…!もちろん来週からの売れっ子俳優な悪い幸男くんもめっちゃ楽しみだよ…!!大倉くんの黒髪大好き…!!
第1話から深く惹きこまれました…華麗なる転身をする暖、ディーンさんの華麗なお姿が凛々しくまぶしいです。結婚したはずのすみれと15年後どうなってしまうのか、、、ふたりは再び逢うことが叶うのか、気になります

 

1話の視聴率は?

モンテ・クリスト伯の1話、今回の視聴率は5.1%でした。

正直しょっぱなから結構つまづいてしまいましたね(笑)

 

だいたいどのドラマでも第1話は視聴率が高くなる傾向にあるので、はっきり言って予想よりかなり低かったです。

視聴者の反応が良かったのでなおさらですね。

実際には今後どうなるかはわかりませんが、1話の評判を聞いたという視聴者が増えるのを期待したいです。

 

ちなみにこれまでのモンテ・クリスト伯の視聴率はこちらの記事にまとめてあります。

前クールまでに放送されたドラマの視聴率とも比較しています。

モンテ・クリスト伯|視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新

 

次回・2話のあらすじは?

 無実の罪を着せられ異国の地に投獄されてしまった柴門暖(ディーン・フジオカ)。テロリストとのつながりを白状するよう激しく拷問されるが、暖は身に覚えがあるはずもなく答えようがなかった。しかし、暖は潔白を証明することも出来ず、そのまま地下の独房に幽閉されてしまう。与えられるわずかな水と食料で、暖は殺されもせずにただただ孤独と戦う8年の月日が流れる。だが、暖にも限界ついに生命の限界が訪れようとしていた…。
そんな時、地下牢の床から1人の男が顔を出す。暖を脅し、看守への告げ口を封じる闖入者は日本語を話した。男が床の穴に戻ると、暖は意を決して後を追う。穴は男の独房に通じていた。

暖が出会った男の名は、ファリア真海(田中泯)。投獄されている国の元大統領だった。暖は自分が投獄された理由をファリアに尋ね、入間公平(高橋克典)や神楽清(新井浩文)たちにハメられたことを知る。手製の道具で脱獄用の穴掘りを手伝う暖は永遠とも感じられる作業の中、ファリアから様々な知識と教養を得る。生かされているだけでなく、目的を持った暖の精神と肉体は輝きを取り戻し始めた。暖の目的とは日本に帰ること、そして何より自分を陥れた人間たちへの復讐だった。
暖がファリアとトンネル堀を続けて数年後。ついに脱獄可能な場所にたどり着く。だが、暖よりも年長で長い年月を戦い続けたファリアは力尽きようとしていた。暖はファリアからあるものを託される。

 

「モンテ・クリスト伯」の動画は「FODプレミアム」で視聴可能!

「FODプレミアム」の画像検索結果

ディーンフジオカさんが繰り広げる華麗なる復讐を描くモンテ・クリスト伯。

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、中には見逃してしまったという人も多いと思います。

 

しかしそんな人におすすめなのが「FODプレミアム」

モンテ・クリスト伯にも数々の人気作品が見放題なのに加え、今なら無料体験期間実施中です。

 

お金をかけずに視聴することも可能なのですが、こちらで詳しく解説しているので、気になる人はぜひご覧ください!

モンテ・クリスト伯|見逃した動画の無料視聴方法!キャスト・見どころも

 

「モンテ・クリスト伯」のロケ地・撮影場所紹介!

モンテ・クリスト伯のロケ地や撮影場所はこちらの記事にまとめてあります!

各ロケ地へのアクセス方法も併せて紹介してあるので、ファンの人はぜひご覧ください!

モンテ・クリスト伯のロケ地・撮影場所はこちら