Missデビル|1話のネタバレ・感想・視聴率まとめ(4月14日放送)

Missデビル|1話のネタバレ・感想・視聴率まとめ(4月14日放送)

冷酷非道なドSコンサルタントを演じる菜々緒さんのオフィスエンターテインメントドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」。

前代未聞、奇想天外な手法ばかりとる主人公・椿眞子が老舗保険会社を改革していくストーリーです!

そしてそんなMissデビル、2018年4月14日にその1話が放送されましたが、この記事では早速そのネタバレ・感想・視聴率などをまとめていきます!

まずは1話のあらすじを紹介!

老舗の損害保険会社「共亜火災」に入社することになった博史(佐藤勝利)は、家族に愛されて育った心優しい青年。就職活動中に親しくなった真冬(白石聖)や南雲(前田航基)、関内(山本直寛)と共に、晴れて入社式の日を迎えた。

初めての会社員生活に挑む彼らを待ち受けていたのは、「社員は家族」をモットーとする会長の喜多村(西田敏行)と、腹の奥で何を考えているかわからない社長の大沢(船越英一郎)、切れ者だが心優しき人事部長・千紘(木村佳乃)。そして、大沢の抜擢で「共亜火災」にやってきた人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)。博史たちは、入社翌日から眞子の元で新人研修を受けることになった。

そしてスタートした2週間の新人研修。初日に眞子が新入社員に課したのは「退職願い」を書くことだった。その場で50人の新入社員を研修中に10人に絞ると宣言する眞子。博史たちは10組のチームに分けられ、様々な課題で順位を競うことに。
ランニングや穴掘り、チームの仲間の欠点を挙げるなど、過酷な研修に取り組む博史たち。新入社員たちは次第に疲弊し、研修初日に書いた「退職願い」を提出する者が出始めた。事故で足が不自由になった父・修(鶴見辰吾)と家族のために、歯を食いしばって研修に耐える博史。一方、財務省にコネを持つ日下部(森永悠希)と同じチームになった南雲は、日下部とその取り巻きによって精神的に追い詰められていく。そして遂に30人以上の新入社員が「退職願い」を提出。眞子のやり方に疑問を抱いた千紘は、研修を中止するよう申し入れるが…!?

 

1話のネタバレ!

長野県出身の斉藤博史(佐藤勝利)は、日本で最も伝統のある保険会社・共亜火災保険への入社を機に上京。

不安と緊張を抱えながらも、これから始まる新生活に胸を膨らませていました。

 

そして迎えた共亜火災保険の合同入社式。

人事部長・伊藤千絋(木村佳乃)の司会の元、まずは社長である大沢友晴(船越英一郎)がスピーチします。

 

その後、今年度から新人研修の受け持ちを外部のコンサルタントに一任することになったという伊藤。

そうして紹介され、登場した女性こそが椿眞子(菜々緒)。

その美貌とスタイルの良さに、会場にいた全員が見惚れてしまいます。

 

そうして博史たち新入社員は早速新人研修を受けることに。

まずは人事部の沖津周平(和田正人)が簡単に挨拶。

その後、椿が壇上に立つと、早速「有意義なことをやってもらう」と切り出します。

 

新入社員たちが耳を傾ける中、「退職願を書くことです」と言い放つ椿。

新入社員たちは冗談だと思い、笑い飛ばしていたのですが、椿は至極真剣な表情で「退職願とは会社におけるあなたたちの遺書。まずはその死に方を学んでください」と続けるのでした。

 

入社早々、意味のわからないことを耳にして唖然とする博史たち。

すると椿は「この研修で50人が10人に絞られることになります」と、あまりに現実離れしたことを言い出すのでした。

 

一方、椿から何の報告もないことを心配していた伊藤。

そのことを大沢に抗議するのですが、大沢は「彼女は今の共亜火災に一番必要なものをもたらしている」と言うのです。

伊藤がそれが何なのか尋ねると、大沢は「劇薬って言ったらわかりやすいのかな?」とにやけながら答えるのでした。

 

そして始まった新人研修。

しかしその内容は、とても業務と関係があるとは思えないマラソンや穴掘り。

新入社員たちは椿の理不尽な指示に耐えながら、毎日へとへとになるまで体を動かしていました。

 

またそんな中、博史の友人である南雲(前田航基)が財務省の局長を父に持つ日下部にいじめられていました。

博史はそんな南雲を庇おうとするのですが、逆に博史までも日下部のターゲットになってしまうのでした。

 

そうして研修一週間目が終了。

疲弊した博史が自宅に帰ると、父親から電話がかかってきます。

 

研修について尋ねてくる父親。

しかし家族に心配をかけるわけにはいかない博史は、「楽勝だよ」と嘘をつくことしかできませんでした。

 

月曜日。

博史が再び研修所を訪れると、集まっていたのはわずか10名ほど。

代わりに、机の上には大量の退職願が置かれていました。

 

それを見て動揺を隠せない博史たち。

しかしそこに現れた椿はあっけらかんとした態度で「残念ですね。ですが誰にでも会社を辞める権限はありますから」と言うのでした。

 

そんな時、大量の退職願が提出されたという情報を聞いた伊藤が研修所を訪れてきます。

即刻椿に説明を求める伊藤。

すると椿は「人件費に20億円の削減が必要」と答えました。

 

実はここ数年、共亜火災保険の業績は徐々に悪化。

椿曰く、新入社員を10人に絞るのは「共亜火災の現状を考えての数字」とのことでした。

 

ただそれでも伊藤は納得がいきません。

「取り返しのつかないことになったら、あなたどう責任取るつもりなの?」と尋ねると、そこでちょうど、「誰か屋上から飛び降りたぞ!」という叫び声が聞こえてきます。

 

急いで駆け出す伊藤。

飛び降りたのは南雲だったのですが、木がクッションとなり、打撲程度で済んだとのことでした。

 

しかし南雲が飛び降りたことに大きなショックを受けていた博史たち。

伊藤の指示で新人研修は中止することになったのですが、その時人数は病院に搬送された南雲を合わせて11人。

そこで椿は、退職する最後の一人を投票で決めると言い出します。

 

「棄権するか、ここにいる誰かか、病院にいる南雲に投票してください」と指示を出す椿。

過半数である5票を集めたものがクビ、誰も5票集まらなければ、椿が決めるということになりました。

 

しかし南雲をクビにしようとする日下部とその取り巻きは合計4人。

日下部は「決まったようなもんだな」と余裕の態度を取ります。

 

さらに博史に向かって「命拾いしたな」と声をかける日下部。

それに耐えかねた博史は日下部に摑みかかるのですが、日下部の「暴力は即刻解雇理由になるけど」という言葉を聞き、博史はしぶしぶ引き下がります。

 

どうすれば南雲をクビにせずに済むのか、あるいは南雲に投票して楽にしてあげたほうがいいのかと思い悩む博史。

しかし突然立ち上がり、自分が共亜火災保険に入社した理由を語り始めます。

 

博史が高校の時、事故にあっていた父親。

父親は保険に入っていたため、博史たちの生活は守られたのですが、それがきっかけで博史は保険会社に入ることを決意したと言うのです。

 

椿に向かって「僕はこんなゲームみたいなことをして、だれかの人生を変えるためにここにいるんじゃない」と言い放つ博史。

しかし椿は冷たい態度で「あなたの言いたいことはよーくわかりました」とだけ返すのでした。

 

そして投票が終了。

沖津は次々と投票用紙を開けていくのですが、9人分の開票が済んだ時点での票数は南雲が4票、棄権が5票。

そこでいよいよ最後の一人である博史の投票。

 

沖津が先に中身を確認すると、驚いた表情で博史に「これでいいのか?」と確認します。

頷く博史。

それを見て、おそるおそる結果を発表する沖津でしたが、それによるとなんと中身は“椿眞子”。

博史は椿の『棄権するか、ここにいる誰かか、病院にいる南雲に投票してください』という指示に従って、椿の名前を書いて投票したのでした。

 

それを聞いて、博史を鋭い視線で見つめる椿。

壇上に立ち、クビにする人物の名前を発表しようとします。

覚悟を決めて自分の名前が呼ばれるのを待つ博史でしたが、椿が口にしたのは“日下部剛”。

予想外の人選に、誰もが目を丸くするのでした。

 

そして博史たちにスマホを見るよう指示する椿。

するとそこには一通のメールが届いており、あるURLが添付されていました。

 

博史がそれを開くと、日下部が南雲に暴力をふるっている動画が。

それを見てやけになった日下部はペンを振りかざし椿に襲いかかるのですが、逆に椿に蹴り飛ばされてしまいます。

 

「どうしますか?あなたには会社を辞める権限があります」と尋ねる椿。

日下部は致し方なく「辞めます。共亜火災を」と弱々しく答えるのでした。

 

その後、新人研修の終了を宣言する椿。

簡潔に済ませ、すぐにその場を去っていきました。

 

後日。

椿を呼び出した共亜火災保険の会長である喜多村完治(西田敏行)。

椿に向かって「あなた一体何者なんですか?」と尋ねます。

その問いに対してはっきり答えないまま、部屋を出ていこうとする椿。

そこで喜多村はさらに「ミスデビル、アメリカでそう呼ばれていたのは本当ですか?」と尋ねるのでした。

 

博史の初出社日。

博史は人材活用ラボに配属されることになったのですが、その部署があるのは建物内の不自然なほど奥の方。

 

違和感を感じながらも、部屋に入り、自己紹介をする博史。

するとそこには人事部から移動することになった沖津と、その他のメンバーがいました。

 

そして奥の部屋に室長がいるという沖津。

早速博史が挨拶しようとすると、中にいたのは椿。

「あなたのこれからの仕事は首切り役。とっても楽しみね、斉藤博史君」と耳元で囁くのでした。

1話の感想!

Missデビルの1話、いかがでしたでしょうか?

おおよそのストーリーはあらすじなどからわかっていましたが、正直なところ、実際の内容は予想をはるかに超えていました!

 

新入社員たちの前でいきなり「50人を10人に絞る」と言い出した椿。

そして嘘でもなんでもなく本当に退職まで追い込んでしまいましたね(笑)

伝統ある会社ということもありますが、もしそんなことを現実で言おうものなら特大スクープものです。

 

ただそんな椿に唯一反抗した博史。

普段は優柔不断で臆病な人物に見えますが、いざという時に見せる勇敢さはかっこよかったですね!

投票の時に“椿眞子”と書いていたのには驚きました!

 

しかし新人研修を終えた博史が配属されることになったのは、なんと椿が失調を務める人材活用ラボ。

椿は“首切り役”と言っていましたが、まだ具体的な仕事内容は謎のままです。

次回以降、どんな無茶をさせられてしまうのか楽しみですね。

 

そして今回のラストでも流れていましたが、言うなれば今回はまだ“エピソード0”。

所詮まだ序章にすぎなかったわけですが、序章でこんなにぶっ飛んでいるならこの先どうなっていくのでしょうか(笑)

期待半分・不安半分といったところですが、何にせよ次回が楽しみです!

 

ちなみにMissデビルの主題歌になっている安室奈美恵さんの「Body Feels EXIT」ですが、この曲が発売されたのは1995年。

それが約22年経った今、改めてドラマの主題歌となったわけですが、ファンの方にはかなり嬉しい選曲ではないでしょうか?

 

ただこれは個人的な憶測ですが、実は今年2018年度の新卒も1995年生まれで22歳(今年で23歳)。

「Body Feels EXIT」と同じ年に生まれているわけですが、これが今回この曲が主題歌に選ばれた理由の一つではないか?と思っています(笑)

 

視聴者の感想!

ここからはTwitterでの視聴者の反応をまとめていきます!

いちいちかわいいしビビってるけど、どこか正義感があって親想いで誰かの役に立ちたくて、そんな純粋で、でもどこかたくましい斎藤博史くんだいすき

イノセントデイズあそこで流すとか泣かせに来てる

菜々緒怖すぎ

それに対抗する勝利カッコよすぎ!!

途中で流れたイノセントデイズ最高だった!!

菜々緒様の妖しい美しさに惑わされて善悪の基準がブレていきそうなところを清く正しく美しい勝利くんに軌道修正されていく気持ちよさ。勝利くんは今後も着々と「良い人」の役で徳を積んでいき何年後かに良い人の顔をした凶悪犯の役とかで盛大に裏切られたい。
Missデビル、勝利めっちゃ出る〜最高かよ〜! 来週が待ち遠しい…
菜々緒みたいなスタイル抜群の一般の会社員いるのかな?終始脚に目がいくよ。
第1話、椿眞子が自分に唯一楯突いてきたヒロイン博史きゅんのことを「お前…面白い奴だな…」って気に入る回だったな…
Missデビル面白かったなぁ

イノセントデイズもとても良い曲。

個人的にひろしくんの入社動機が同じだったのでグッときました。初心を思い出させてもらいました有難う!

来週も楽しみ。

お前ほんと普通だなあ みたいなこと言われてましたけど!? この顔でどこが普通なんや めちゃくちゃにイケメンやないか
勝利くんかっこよ過ぎた

椿様の名前を書くなんて…自殺行為 笑笑 なんか、怒り方が可愛かった

1話の視聴率は?

Missデビルの1話の視聴率は9.6%でした!

惜しくも二桁には届きませんでしたが、結構良いスタートだと思います。

 

ただ前クールに放送された山田涼介さん主演の「もみ消して冬」の1話の視聴率は13.3%。

それを上回ることはできませんでしたが、これからに期待したいですね。

 

ちなみにMissデビルのこれまでに放送された回の視聴率や前クールに放送されたドラマとの比較はこちらにまとめてあります!

Missデビル|視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新

 

次回・2話のあらすじは?

入社早々、眞子(菜々緒)が室長を務める「人材活用ラボ」に配属された博史(佐藤勝利)。まずは営業部のエースが集まる第2営業部に研修に行くよう眞子から命じられるが、その目的は単なる研修ではなく第2営業部から「リストラ対象者」を1人選ぶことだった。潜入期間は2週間。その間に博史は“会社に必要ない人材”を見極めて、眞子に報告しなければいけないのだ!

第2営業部のメンバーは部長の浅岡(神保悟志)と面倒見の良い女性社員・夏月(中越典子)、部署の“お荷物”的存在の児島(チャンカワイ)たち。博史は児島をリストラ候補に選ぶが、眞子から相手をリサーチした上で意志決定するという会社員としての基本がなっていないことを見抜かれてしまう。

一方、眞子のやり方に反発した千紘(木村佳乃)は眞子を問いただすが、眞子は自分のやり方を曲げる気はなく…。そんな中、博史のもとに「浅岡が夏月にセクハラしている」という密告のメモが届いた。博史は夏月に話を聞きに行くが、笑って流されてしまう。

先輩の沖津(和田正人)から自分の信じる道を行くよう助言された博史は、「第2営業部にリストラは必要ない」というレポートを作成し、眞子に提出。しかし眞子は、浅岡のセクハラの証拠動画を入手していて…!!

 

「Missデビル」の動画は「Hulu」で視聴可能!

ゴールデン枠ドラマ初主演の菜々緒さん、そしてその部下役である佐藤勝利さんで注目されているMissデビル。

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、中には見逃してしまったという人も多いと思います。

 

しかしそんな人におすすめなのが「Hulu」

Missデビル以外にも数々の人気作品が見放題なのに加え、今なら無料体験期間実施中です。

 

お金をかけずに視聴することも可能なのですが、こちらで詳しく解説しているので、気になる人はぜひ!

Missデビル|見逃した動画の無料視聴方法!キャスト・見どころも

 

「Missデビル」のロケ地・撮影場所紹介!

Missデビルのロケ地や撮影場所はこちらの記事にまとめてあります!

各ロケ地へのアクセス方法も併せて紹介してあるので、ファンの人はぜひご覧ください!

Missデビルのロケ地・撮影場所はこちら