シグナル|1話のネタバレ・感想・視聴率まとめ(4月10日放送)

シグナル|1話のネタバレ・感想・視聴率まとめ(4月10日放送)

2018年4月に始まったシグナル 長期未解決事件捜査班

韓国で数々の賞を受賞した大ヒットドラマの日本版リメイクになります。

 

4月10日にいよいよその1話が放送されましたが、この記事では早速そのネタバレや感想を紹介!

またツイッターでの評判や視聴率もまとめていくので、興味を持った方はぜひご覧ください。

まずは1話のあらすじを紹介!

15年前、一人の女子児童が下校途中に誘拐された。当時、小学1年生だった三枝健人(坂口健太郎)は被害者の女の子が連れ去られる様子を目撃。
ある男を指名手配し行方を追う警察に、犯人は女だと訴えるものの相手にしてもらえない。

数日後、女子児童が遺体で発見され、管理官の中本慎之助(渡部篤郎)のもと、刑事の大山剛志(北村一輝)や岩田一夫(甲本雅裕)らは懸命に捜査を続けるが、犯人の手掛かりは得られず、結局、事件は未解決のまま15年の月日が経っていた――。

女児誘拐殺人事件の時効が近づくなか、健人は独学でプロファイリングを学び、ある思いを胸に警察官になっていた。
しかし、過去の事件から決して警察を信用することはせず、そのせいで、先輩刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)や山田勉(木村祐一)から目をつけられてしまう。

そんなある日の夜、健人は廃棄処分されるはずの無線機から、誰かが自分を呼んでいることに気づく。
声の主は大山という刑事で、大山は巡査の健人をなぜか“警部補”と呼んでいた。
さらに、健人の情報を元に訪れた病院で、女児誘拐事件で指名手配された男の首つり遺体を発見したという。

情報提供どころか大山とは面識もない健人。
にわかには信じがたい話だったが、「彼は利用されて殺された。誘拐の真犯人は別にいます」という大山の言葉が気になった健人は、ためらいながらも無線越しに聞いた病院へと向かう。
すると、そこに大山の姿はなかったものの、聞いたとおりの場所で白骨遺体を発見して……。

 

1話のネタバレ!

1995年当時、まだ小学1年生だった三枝健人(坂口健太郎)。

ある雨の日、友達がいなかった健人は一人下校とするのですが、そこに傘を忘れ立ち往生している上級生・田代綾香が。

 

健人は自分の傘を差し出そうか迷ったのですが、結局素通り。

その時、ある女性が綾香に近づいていくのを目撃していました。

 

その後、健人が家で夕食を食べていると、あの雨の日に綾香が誘拐され、その容疑者として橋本啓介が全国指名手配されことになったというニュースが流れます。

それを見て、綾香を誘拐した真犯人は雨の日に見た女性と思った健人。

そのことを証言しようと警察署に向かうのですが、まだ幼い健人は誰にも相手にされませんでした。

 

結局警察署に設置されていたアンケートに「はんにんはおんなのひとです」とだけメモを残し、健人はその場を去ります。

その後、事件を調べていた刑事・大山剛志(北村一輝)がそのメモを見つけるのでした。

 

2010年。

城西警察署の警察官となった健人は、独学で学んだプロファイリングと持ち前の観察眼で鋭い推理力を身につけていました。

ある日の喫茶店、健人は自身の特技を活かし発見した芸能人のスキャンダルの情報をライターに売り込んでいました。

 

するとそこに城西警察署の刑事である桜井美咲(吉瀬美智子)と山田勉(木村祐一)が。

健人が張り付いていた芸能人のマネージャーからストーカーの苦情が寄せられ、防犯カメラに映っていた健人に接触してきたのです。

 

その後、警察署に向かった三人。

そこで健人が自分が警察官であることを告げると、二人はそれにも関わらずストーカーまがいのことをしている健人を非難します。

 

しかし山田のデスクを見て、山田が芸能人のマネージャーから見返りを得ていることを言い当てた健人。

たじろぐ二人を後にその場を去ろうとする健人に向かって美咲が「あなたは警察に向いていない。早く転職したら」と言い放つと、健人は挑発気味に「ご忠告どうも」と言い返すのでした。

 

一方、1995年。

女子誘拐殺人事件の容疑者である橋本啓介の行方がわからず、刑事部長の中本慎之助(渡部篤郎)は激怒。

橋本が犯人であるという根拠は事件の遺留品に付着していた彼の指紋だったのですが、その指紋は親指部分のみでした。

 

それを不自然に思い、橋本とは別に真犯人がいるのではないかと上司の中本慎之助(渡部篤郎)に訴えかける大山。

しかし中本はそんな大山の言葉に全く耳を傾けようとしませんでした。

 

2010年。

美咲は慶明大学の遺体解剖室を訪れます。

その頃大山は失踪してしまっていたのですが、かつて大山の部下だった美咲は今でも大山の行方を探し、身元不明の遺体が発見される度に解剖現場を訪れていました。

 

女子誘拐殺人事件から5年経った2000年。

以前橋本の行方は判明しておらず、大山は事件の捜査を続けていました。

 

警察署を出て、車に乗り込んだ大山。

車内であるメモを取り出すと、そこには「谷原記念病院 4月15日」と書かれており、そのままその病院へ向かいます。

しかし病院はすでに閉鎖され、廃院となっていました。

 

2010年のある夜。

健人が帰宅しようとすると、警察署に停まっていたトラックの荷台に積まれていたゴミ袋から何やら物音が聞こえます。

 

健人がそこに気がつくと、ゴミ袋の中には一つの無線機。

そこから「三枝警部補、三枝警部補」と何度も呼びかける声が聞こえました。

 

「俺警部補じゃなのに…」と疑問を抱きながらも、無線機を手にとる健人。

すると無線機の相手は2000年の大山。

健人はそれに気がつかないまま、黙って大山の声を聞いていました。

 

一方、大山は無線機に向かって話しながら、谷原記念病院の裏にある通風孔で首吊り遺体を発見していました。

しかし遺体は親指の第一関節から先が切り離されており、大山は自殺ではなく他殺ではないかと推測。

無線機に向かって「5年前の田代綾香誘拐殺人事件の犯人ですか?」と話しかけます。

 

田代綾香の名前を聞いて、思わず「谷原記念病院って何ですか?」と返事をしてしまった健人。

しかし大山は「何言ってるんですか?」と、二人の話が噛み合いません。

 

そこで背後から何者かに殴られてしまった大山。

返事がなくなり、不自然に思う健人でしたが、無線機に電池が入っていないことに気がつきます。

 

歩きながら、通信の内容を思い出す健人。

そのことが頭から離れず、そのまま谷原記念病院に向かうのでした。

 

病院に到着し、その裏に出た健人。

すると通風孔のフタにロープの切れ端がくくりつけられたままになっていることに気がつきます。

健人が恐る恐る中を覗き込むと、そこには人骨が転がっていました。

 

翌日。

捜査班が病院を調べている一方で、居合わせた美咲は健人にどうして橋本啓介の遺体がこの場所にあることがわかったのか尋ねます。

本当のことを話すわけにもいかない健人が返答に困っていると、美咲は「後でゆっくり聞く」と捜査に戻っていきました。

 

女子誘拐殺人事件の時効である4月10日の正午まで残り30時間。

橋本啓介の遺体が発見されたにも関わらず、中本から指示を受けた係長・岩田一夫(甲本雅裕)は美咲たちに、橋本は自殺として捜査は行わないと告げます。

 

不満を抱きながらも、しぶしぶそれに従おうとする美咲。

しかし健人はそれに納得がいかず、美咲につっかかります。

美咲がそんな健人に「どうしてこの事件に首をつっこむの?」と尋ねると、健人は事件の犯人である女性を目撃していたことを明かします。

 

同じく納得がいかない自分を説得するかのように「ご遺族も犯人が自殺だとわかれば少しは気持ちが晴れる」と言う美咲。

しかし健人はそんな美咲に「それは詭弁だ!あなたも同類だ!」と言い放つのでした。

 

一方、記者会見を開き、橋本啓介が自殺していたと発表する中本。

そこに居合わせた綾香の母親のもとに歩み寄り、改めて謝罪すると、母親はその場に泣き崩れるのでした。

 

中本が去った後、突然マスコミの前に現れる健人。

犯人は女性であること、またその特徴を叫ぶと、マスコミはすぐさまそれを取り上げます。

中本も自室のテレビでその様子を見ており、激怒するのでした。

 

独断でマスコミに情報を漏らした健人を叱りつける岩田。

しかしその後すぐに情報提供の電話が相次ぐのでした。

 

健人たちはそれらの情報をもとに、急いで容疑者を絞り込もうとします。

そしてその候補の中の一人であるのが、以前谷原記念病院ので看護師を務めていた前川穂波。

前川が現在勤めている病院のロッカーを調べると、そこには4月10日に印がつけられたカレンダーが貼り付けられていました。

 

「間違いない。こいつが犯人です!」と断定する健人。

急いで前川の居場所を探ると、なんと北海道函館市にいることがわかります。

 

時効成立まで1時間20分。

現地の警察はなんとか前川を確保することに成功。

東京まで連れ戻し、美咲が事情聴取にあたります。

 

容疑を認めようとしない前川。

健人はカメラ越しにその様子を見ていたのですが、衣服の特徴から前川が犯人ではないことに気がつきます。

 

自ら取り調べ室に入り、ロッカーの中身の写真を見せる健人。

すると前川曰く、そのロッカーは自分のではなく、同僚の吉本圭子(長谷川京子)のロッカーとのことでした。

 

すぐさまその吉本という女性について確認する健人。

すると吉本も健人が目撃していた女性と特徴が一致し、さらに前川同様、以前谷原記念病院に勤めていたことがわかりました。

吉本は前川とロッカーのネームプレートを入れ替え、もともと北海道旅行を予定していた前川を囮にしたてていました。

 

その後、前川は解放。

警察署にはたくさんのマスコミと野次馬が集まっていたのですが、そこで健人は自己顕示欲の強い犯人は必ず今ここに居合わせていると推測。

マスコミたちをかけ分けながら前に進むと、事件当時と同様、派手な服装をした吉本を発見します。

 

吉本が車でその場を去ろうとしているのを見て、追いかけようとする健人。

走りながら「行かせるなー!」と叫ぶと、先回りしていた美咲が前に飛び出し、車を止めます。

そして前川は怪しく微笑むのでした。

1話の感想!

シグナル 長期未解決事件捜査班の1話、いかがでしたでしょうか?

今回は初回ということで放送時間を拡大されていましたが、めちゃくちゃ中身が濃かったですね!!

 

その分印象に残っていることも様々ですが、まず思ったのはストーリーがかなり面白いです!

韓国の大ヒットドラマが原作となっている今作品ですが、予想以上にハラハラドキドキさせられる内容でしたね。

 

またその設定がかなり斬新だと感じました。

今回はあまりピックアップされませんでしたが、無線機越しに過去と未来の人物が協力して事件解決に臨むというのは、それを聞いただけでも「これ面白いドラマだ!」と期待させられます。

次回からは大山ももっと登場してくると思いますが、そこに隠された謎なんかも気になりますね。

 

また主人公・健人を演じる坂口健太郎さんがカッコ良すぎます!

普段はクール、でもたまに激情を見せるというギャップがいいですね…。

1話から早速見せた観察力・洞察力は凄まじく、推理を聞かされた時の説得力がすごかったです。

 

健人の一言で他の刑事やマスコミが大騒ぎしていましたが、それも頷けますね。

というより頷かさせる坂口健太郎さんの演技が素晴らしいと言わざるを得ません。

 

そして真犯人だと思しき吉本圭子が捕まったものの、時効まで残りわずかというのが今回のラスト。

内容が濃かった分、進展も速かったですが、次回以降どうなっていくのがかなり気になります!

 

視聴者の感想!

ここからはツイッターでの視聴者の感想を紹介していきます!

シグナル始まった〜!! どうなるかと思ったけど、かなり韓国版をそのまま再現してて凄い

ちなみに、シグナル第1話は韓国で実際に起こった『大邱子供硫酸テロ事件 』が元

シグナルの各話が韓国の未解決事件を元に作られてるから、怖い。

シグナルの映像の画質が凄く好き 明るくすぎず暗すぎず丁度いい画質で色味。 凄く目にも優しいけど内容エグいな
刑事役 坂口健太郎に 完全に心打たてしまったああああ

とりあえず 逮捕されたい(笑)

バカおもろいドラマやんけ!!!!!

でも1話で犯人を捕まえたから1話完結かおもた(そんなわけない)

坂口健太郎怒りの演技、スゲェ良い!!こういう演技も出来るんだ!!
ケンケン、笑わないけど良いね(^_^) しかも、すっごい面白いっ!!! 最後まで息がつまる…というか、呼吸忘れるほどの緊張感! あー来週は、絶対リアタイする! 韓国ドラマ原作のミステリーものは、本当に面白い 『魔王』を思い出す で、原作の韓国版を見たくなるってね
過去未来コロコロやワープなど 気になる点もあったが結構 前のめりでみれた、今後に期待
シグナル!見入ってたらあっという間にエンディング! 時効まで20分! 来週まで待てないよ‼︎ ところで、1-3かとうけんと? 三枝くんじゃないよ?お母さん 離婚?再婚?お兄ちゃんが捕まったのと関係ある?これから健人の過去も気になるところ…
こんなスタイリッシュな警察官… かっこよすぎる。坂口健太郎。 謎が多すぎて真剣にみてしまう。
鳥肌とまらなかった、、 キャスト1人1人の演技がリアルすぎた 坂口くんの感情にどんどん吸い込まれてった〜

はやく来週になってほしい、、 本当に先がどんどん気になる

1話の視聴率は?

シグナル 長期未解決事件捜査班の1話、今回の視聴率は9.7%でした!

また関西方面での視聴率は12.9%となりました。

 

ちなみに前クールに同じ時間帯に放送されていた亀梨和也さん主演の「FINAL CUT」の初回視聴率は7.2%。

関東地区では二桁台には届かなかったものの、好調のスタートを切ったと言えますね。

 

シグナル 長期未解決事件捜査班のこれまでの視聴率はこちらの記事にまとめてあります!

シグナル|視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新!

 

次回・2話のあらすじは?

三枝健人(坂口健太郎)は、幼い頃に起きた女児誘拐殺人事件で、被害者の女子児童を連れ去った謎の女を目撃。
そのことを警察に訴えるものの相手にされず、15年後、事件は間もなく時効を迎えようとしていた。

警察官になった健人は、ある日、廃棄予定の無線機から声がすることに気付く。
声の主は刑事の大山剛志(北村一輝)。大山は、15年前の事件で指名手配された男の遺体を発見したと話し、半信半疑の健人が現場へ向かうと、そこには確かに男の白骨遺体があった。
時効成立を前に、事件は犯人の自殺で終わるかに見えた。

しかし、犯人が女だと断言する健人は、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)とともに、犯人逮捕に向けて捜査を再開。
すると、吉本圭子(長谷川京子)という看護師が捜査線上に浮上し、その風貌から、健人は彼女こそが真犯人だと確信する。

やがて、圭子は警察で取り調べを受けるが、美咲の尋問に淡々と答えるだけで、なかなか口を割らない。

時効成立が刻一刻と迫るなか、健人たちには焦りの色が見え始めて……。
やがて、日本で時効の撤廃が決まり、警視庁内には長期未解決事件捜査班が発足された。
美咲は班長に任命され、刑事の山田勉(木村祐一)と鑑識官の小島信也(池田鉄洋)が配属される。

一方、健人は女児誘拐殺人事件の後、一度だけ無線機で大山と交信していた。「また無線はつながる。その相手は3年前の私です」と、謎の言葉を残す大山――。

8年後、アメリカでプロファイリングを学んだ健人は、プロファイラーとして長期未解決事件捜査班に配属される。
そして早速、未解決のまま捜査が終了した過去の連続女性殺人事件と対峙することになり…。

 

「シグナル 長期未解決事件捜査班」の動画は「FODプレミアム」で視聴可能!

「FODプレミアム」の画像検索結果

韓国の大ヒットドラマが原作となっているシグナル 長期未解決事件捜査班。

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、中には見逃してしまったという人も多いと思います。

 

しかしそんな人におすすめなのが「FODプレミアム」

シグナル 長期未解決事件捜査班以外にも数々の人気作品が見放題なのに加え、今なら無料体験期間実施中です。

 

お金をかけずに視聴することも可能なのですが、こちらで詳しく解説しているので、気になる人はぜひご覧ください!

シグナル 長期未解決事件捜査班|見逃した動画の無料視聴方法!キャスト・見どころも

 

「シグナル 長期未解決事件捜査班」のロケ地・撮影場所紹介!

シグナル 長期未解決事件捜査班のロケ地や撮影場所はこちらの記事にまとめてあります!

各ロケ地へのアクセス方法も併せて紹介してあるので、ファンの人はぜひご覧ください!

シグナル 長期未解決事件捜査班のロケ地・撮影場所はこちら