【徹底比較!】オススメ動画配信サービス一覧!無料体験もあり!

「ずっと観続けてきたドラマを見逃してしまった!」

「あの大好きな映画をもう一度観たい!」

 

そんな時よくあると思いますが、そこで便利なのが動画配信サービスです!

有名なところだと「U-NEXT」や「Netflix」などよく聞くと思いますし、周りにも登録している人がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし最近はその種類も増えてきてどれを選べばいいのかわからない!という人も少なくありません。

今回はそんな人のためにオススメの動画配信サービスを紹介、さらにそれらを徹底的に比較していきます!

きっとまだ馴染みのないサービスもあると思うので、動画配信サービスに興味がある人、登録しようか迷っている人はぜひご覧ください!

 

動画配信サービスとは?

少し前まではドラマと言えばテレビ放送、映画と言えば映画館で観るものでしたよね。

それ以外の方法となるとレンタルショップでDVDを借りるくらいしか方法はありませんでした。

 

ここ数年でかなり普及してきたものの、まだ馴染みがなく「そもそも動画配信サービスって何なの?」と思っている人も少なくないです。

そんな人のためにまずは動画配信サービスがどのようなサービスなのかを説明していきます!

 

動画配信サービスを一言で説明すると、「料金を支払い、視聴者が観たい時にプロバイダーが提供する様々な映像コンテンツを視聴することができるサービス」のこと。

サービスによって差はありますが、つまり「お金を支払う代わりに好きな時に好きな動画を好きなだけ観れるということです。

 

以前から似たようなもので作品を単品で購入し視聴できるというサービスはありましたが、最近になって「定額制で好きな動画が見放題!」というシステムができました。

有料ということで避けている人がまだまだ多いですが、実はレンタルショップで何本もDVDを借りるより遥かに安くすみ、また単純に自由度も高いのでかなり便利なサービスなんです!

 

動画配信サービスのメリットとは?

見逃した・見返したい時に便利!

ここからは動画配信サービスのメリットを説明していきますが、やはり最大のメリットは「見逃した・見返したい作品がある時にそれを観ることができる!」ということです。

 

この記事の冒頭でも言いましたが、「ドラマを見逃した」、「もう一度観たい映画がある」なんてことはよくありますよね。

そんな時にいつでもその作品を観ることができるというのはやはりとても便利です。

 

「ドラマを見逃してしまったけれど自分の好きなタイミングで観ることができる」

それは逆に言えば決まった曜日、決まった時間、テレビの前にいなくてもいいということでもあります。

「外出する予定を入れたいけどその日は好きなドラマがあるからやめとこう…」なんて思いは全くする必要がありません!

 

料金が安い!

「いくら見放題と言ってもやはり毎月料金を支払うのはもったいない」ということで利用を懸念する人が多い動画配信サービスですが、実はよくレンタルショップなんかを利用する人にとってはかなりコストを抑えることができます!

 

作品が新しいかどうかにもよりますが、一般的にレンタルショップでDVDを借りようと思ったらだいたい1枚数百円ほどですよね。

例えばそれを10枚借りると約3000円前後かかるでしょう。

 

しかし動画配信サービスなら安いもので月額325円!

しかもそれで見放題!

 

確かにプロバイダーによってコンテンツの数にばらつきがありますし、観れる作品、観れない作品があります。

そのため複数のプロバイダーに登録している人も多いのですが、レンタルショップと動画配信サービス、それぞれの利用料金にこれだけの差があるので複数のプロバイダーに登録しても余裕で安いんです。

 

外出中・移動中でも観れる!

  • 動画配信サービスだとインターネット環境があるところでしか動画を観ることができない
  • Wi-Fi環境下でないのにスマホなんかで視聴するとすぐデータ通信量の上限を超えてしまう

と勘違いしている人も多いですが、そんなことはありません!

 

プロバイダーにもよりますがダウンロード視聴に対応していて、「一度Wi-Fi環境があるところでダウンロードすることで、Wi-Fiどころかインターネット環境がなくてもいつでもどこでも動画を視聴することができる」というようなところもたくさんあります!

ダウンロード視聴に対応しているかは事前にチェックしておく必要がありますが、そこを満たしていればデータ通信量も気にすることなく好きなだけ動画を視聴することができます!

 

長旅の前、家にいる間に動画をダウンロードしておいて、飛行機や電車の中でゆったりとそれを観ることだってできるんです!

 

動画だけじゃない様々な特典!

動画が見放題の動画配信サービス、実は見放題なのは動画だけではないんです!

 

例えば有名な「U-NEXT」は動画だけでなく、雑誌や電子書籍も読み放題!

他にも映画館での料金が割引されたり、新作映画の特別試写会が特典としてついてくるなんてものもあります!

 

プロバイダーによってその他のサービスは様々ですが、特別な特典、他の買い物に使えるポイントが付いてくるなんてこともあるので、動画が見放題ということ以外にも色々なメリットがあるんです!

 

サービスを選ぶときの基準は?

現在様々な種類がある動画配信サービス。

数が多すぎてどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

次はそれらを選ぶ基準を解説します!

 

利用料金

やはり最も気になる項目の一つは「利用料金」ですよね。

動画配信サービスは月額制がほとんどですが、料金はだいたい一ヶ月数百円〜2000円ほど。

 

先ほども少し触れましたが、今回紹介する中だと最安値が「Amazon Prime Video」の一ヶ月325円!(正確には年会費3900円)

高いものだと「U-NEXT」の月額1990円ですが、「U-NEXT」の場合毎月1200円相当のポイントがもらえるので実質は月額790円です!

 

そう考えるとやはりどこも安い印象ではあるのですが、「U-NEXT」のようにポイントが付いたり、また定額以外に追加料金や別途料金がかかるコンテンツがあるサービスもあるので、単純に月額だけでなく、そこも選択の基準になってきます。

 

コンテンツの量

次に重要なのがプロバイダーが提供しているコンテンツの量です。

やはり観れる作品が多いに越したことはありませんし、ここも大切な項目ですね。

 

またここでも注意する必要があるのが有料コンテンツがあるかどうか。

一見コンテンツ数は多いものの、実際登録してみたら有料コンテンツが多く、別途料金を支払わないと観れないものばかりなんて場合も中にはあります。

一方プロバイダーによっては逆にそういった有料コンテンツが全くないところも多く、そこは大きな強みですね!

 

提供コンテンツについては登録前でも調べることができますが、ここらへんは無料体験をしてみるのがリスクもなく、一番実感しやすいと思います!

 

向いているジャンル

「逃げ場を塞がれた壁ドン逃げ場を塞がれた壁ドン」[モデル:たけべともこ]のフリー写真素材を拡大

コンテンツの量に関連して重視したいのが「そのプロバイダーが向いているのはどのジャンルか」ということです。

洋画・邦画・アニメなどジャンルは様々ですし、韓流などアジア圏の作品に力を入れているところもありますね。

 

オールジャンルに観たいならともかく、少数のジャンルしか観ないという人にとってはコンテンツ数よりこちらの方が重要な項目かもしれません。

例えば世界で約7000万人も利用者がいるNetflixは海外ドラマはかなり充実していますが、一方で国内の作品のラインナップは他と比べて物足りない印象があります。

 

向いているジャンルなどは各プロバイダーの説明欄で詳しく解説しますが、例えば海外ドラマをたくさん観たいという人は、提供しているコンテンツの総数が少ないとしてもそれに特化しているプロバイダーの方が良いということも十分あり得ます。

 

複数同時視聴はできるのか?

一人で利用するならともかく、家族で動画配信サービスを楽しみたいという人もいるでしょう。

そんな時に重要なのが「複数同時視聴ができるかどうか」ということです。

 

例えば親はリビングのテレビで映画を観たい、しかし子供は部屋のパソコンでドラマを観たいなんてシチュエーションもあるでしょう。

そこで違う場所で同時に動画を視聴できるのとできないのとでは結構違ってきます。

複数同時視聴に対応していないプロバイダーも決して少なくはなく、またNetflixなんかは月額の料金によって同時視聴できる台数が変わってきます。

 

家族など複数人がそれぞれ楽しみたいというのであればこの項目も要チェックです。

 

ダウンロードはできるのか?

「ダウンロード視聴に対応しているかどうか」というのも一つの選択の基準ですね。

家でWi-Fi環境下にいる時なんかにあらかじめ動画をダウンロードしておくことで、外出時などにインターネット環境やデータ通信量を気にすることなく動画を楽しむことができます。

 

「外出する機会が多く、長時間の移動時にも動画を楽しみたい」という人にとってはダウンロード視聴に対応しているプロバイダーはとても便利です。

逆に「家でゆっくりしているときしか観ない」という人はそこまで重要視する必要はないですね。

 

無料体験期間

「どのプロバイダーに登録しようか決められない!」という人にぜひ試してもらいたいのが「無料体験」です!

というよりこれは動画配信サービスに興味があるならどんな人にもぜひやっていただきたいです!

 

利用料金やコンテンツ数など、大まかな情報を知ったところでそこのサービスに満足できるかは実際に利用してみないとわかりません。

なのでできれば自分に向いていそうなプロバイダーをいくつかに絞って、それら全ての無料体験を一度試してみるのをおすすめします。

 

初めから一つのサービスに絞って利用しても満足していただけることは多いですが、やはり複数のサービスを利用し比較した方がそれぞれの強み・弱みがわかってくると思います。

きちんとしているプロバイダーならまず無料体験を行なっていますし、実際に継続して利用するかを決めるのはそれからでも全く遅くないです。

 

ちなみに無料体験期間はだいたい一ヶ月間か二週間に別れています。

 

画質・4K対応

こだわる人はこだわるのが画質ですね。

いくら安いといっても、どうせお金を払うならやっぱり綺麗な動画を観たいものです。

 

ます画質の種類とそれぞれの解像度はこのように分かれています。

  • SD画質:720×480 DVDの画質がこれにあたります
  • HD画質(ハイビジョン):1280×720 地デジの画質より少し劣るくらい
  • フルHD画質(フルハイビジョン):1920×1080 ブルーレイの画質がこれにあたります
  • 4K画質:約4000×2000 4Kテレビの画質

 

最近はHD画質以上に対応しているところが多くなってきている傾向がありますが、昔からある動画配信サービスはSD画質が多いです。

また4K対応のサービスはまだまだ少なく、対応していても一部のコースや作品に限られているなんて場合があります。

 

次からは実際にそれぞれの動画配信サービスの特徴を解説していきます!

 

U-NEXT

『U-NEXT』の概要

  • 利用料金:月額1990円(毎月1200ポイントもらえるので実質790円)
  • コンテンツ数:12万本以上
  • 向いているジャンル:ドラマなどの最新作・韓流・アニメ
  • 複数同時視聴:4台まで可能
  • ダウンロード視聴:可能
  • 追加料金・有料コンテンツ:あり
  • 無料体験期間:31日間
  • 画質:フルHD/4K

 

『U-NEXT』の特徴

動画配信サービスの中でも最もメジャーなプロバイダーの一つなのが「U-NEXT」です!

提供コンテンツ数は12万本以上とトップクラス!

有料コンテンツも多いですが、見放題コンテンツだけでも8万本以上あるのでそれだけでも優秀なボリュームですね。

 

月額料金が1990円と高めに設定されていますが、U-NEXTは有料コンテンツに使えるポイントが毎月1200円分もらえるので実質790円と考えられます。

またポイントは映画館で使用することもできるので「有料コンテンツはいいや」という人でも損をしません!

 

特に韓流の作品に強いU-NEXTですが、それ以外のジャンルでもとにかく最新作が充実しているのが特徴!

他のプロバイダーに比べて新しい作品が観れるようになるスピードが段違いです!

また動画以外にも雑誌が読み放題だったり、成人向けコンテンツがあるところも特徴ですね。

 

しかも

  • ファミリーアカウントによる複数同時視聴
  • スマホやタブレットによるダウンロード視聴
  • 基本フルHD画質、デバイスによっては4K画質にも対応

と細かいサービスにも対応していて「かゆいところに手が届いている」のがU-NEXTの特徴です。

 

※NHKの作品を視聴する場合はNHKオンデマンド見放題パック(月額900円)に登録する必要があります。

 

おすすめ度:★★★★★

 

FODプレミアム

『FODプレミアム』の概要

  • 利用料金:月額888円(月額ポイントコースもあります)
  • コンテンツ数:1万5000本以上
  • 向いているジャンル:フジテレビ系列全般
  • 複数同時視聴:5台まで可能
  • ダウンロード視聴:不可
  • 追加料金・有料コンテンツ:あり
  • 無料体験期間:1ヶ月間
  • 画質:SD/HD

 

『FODプレミアム』の特徴

名前の通りフジテレビが運営する動画配信サービス。

向いているジャンルも、もちろんフジテレビ系列の動画です!

 

またフジテレビ系列を中心に独占配信している動画が非常に多く、FODプレミアムでしか視聴できない動画も少なくありません。

今期のドラマの中にもFODプレミアムでしか配信されていないものがあるので、「フジテレビに好きなドラマが多い」という人にはかなりおすすめです!

 

「フジテレビ系列の動画しかないのでは?」と思われがちですがそんなことはなく、フジテレビの番組以外の動画・ライブ映像・漫画・雑誌なんかが楽しめるのも強み。

おすすめなのは月額888円の見放題コースなのですが、それだけではなく300円、500円、1000円、2000円と料金別にポイント制のコースも充実しているので、自分にあったコースを選択することができます。

 

あとは100種類以上の人気雑誌が読み放題になるというところもポイント!

正直それだけでも十分元がとれる上、毎月1300円相当のポイントがもらえるので、それを利用して有料動画や電子書籍・コミックスも読めちゃいます!

おすすめ度:★★★★★

 

dTV

『dTV』の概要

  • 利用料金:月額500円
  • コンテンツ数:12万本以上
  • 向いているジャンル:洋画・海外ドラマ・韓流・アジア系
  • 複数同時視聴:不可
  • ダウンロード視聴:可能
  • 追加料金・有料コンテンツ:あり
  • 無料体験期間:31日間
  • 画質:SD/HD/4K

 

『dTV』の特徴

国内利用者数No.1の大人気動画配信サービス「dTV」!

コンテンツ数もトップクラスです!

もともとはdocomoユーザー限定のサービスでしたが、現在ではdocomoでなくても誰でも利用できるサービスとなっています。

 

特徴は月額500円とワンコインで利用できる安さと12万本以上というコンテンツの量です!

しかも量だけでなくバランスも良く、ほぼオールジャンルに対応する優等生さ!

 

画質はほとんどがHD画質、一部4K画質にも対応しているので綺麗な動画が楽しめるところも嬉しいポイント。

料金・コンテンツ・細かいサービスとかなりオススメのプロバイダーです!

おすすめ度:★★★★★

 

Hulu

『Hulu』の概要

  • 利用料金:月額933円
  • コンテンツ数:5万本以上
  • 向いているジャンル:洋画・海外ドラマ・国内ドラマ
  • 複数同時視聴:不可
  • ダウンロード視聴:不可
  • 追加料金・有料コンテンツ:なし
  • 無料体験期間:14日間
  • 画質:HD

 

『Hulu』の特徴

「Hulu」はアメリカ発祥のプロバイダーなので、とにかく洋画・海外ドラマのコンテンツが豊富です!

また国内作品で言うと日テレと提携しているので、日テレ系のドラマなんかにはかなり強いですね。

最近ではTBS・フジテレビ・NHKといった国内の他の主要放送局の人気番組にも強くなってきています。

 

月額料金は933円ですが、登録後の追加料金や有料コンテンツが一切ないのも大きな強みです!

定額さえ払ってしまえば、あとのお金を気にすることなく存分に動画を楽しむことができます。

 

以前まではサービスの使い勝手に対する満足度が高くありませんでしたが、2017年5月に大きくリニューアルされ不満点がかなり改善されました!

支払い方法もクレジットカード以外にPaypal・ドコモケータイ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い・iTunes Store・Huluチケット(プリペイドチケット)など豊富なのが便利ですね!

 

ただ複数同時視聴・ダウンロード視聴に対応しておらず、無料体験期間が他に比べて二週間と少し短めなのが痛いところ。

しかしそこをあまり気にしない人にとってはかなりオススメですね!

おすすめ度:★★★★★

 

ビデオマーケット

『ビデオマーケット 』の概要

  • 利用料金:月額500円/980円
  • コンテンツ数:20万本以上
  • 向いているジャンル:オールジャンル
  • 複数同時視聴:不可
  • ダウンロード視聴:不可
  • 追加料金・有料コンテンツ:あり
  • 無料体験期間:1カ月間
  • 画質:SD/HD

 

『ビデオマーケット 』の特徴

配信されているコンテンツ数が20万本以上と国内ダントツのボリュームを誇る「ビデオマーケット 」ですが、その点においては他のサービスの追随を許しません!

 

しかもボリュームが多いのにも関わらず月額料金も500円からと格安!

正確には

  • プレミアムコース:500円
  • プレミアム&見放題コース:980円

となっているので、自分にあったコースを選ぶことができます!

 

またどちらのコースにしろ毎月540円相当のポイントがもらえるので、例えばプレミアムコースなら実質月額料金はかかりません!

そのポイントを利用することで見逃した最新ドラマも視聴することができます。

おすすめ度:★★★★☆

 

auビデオパス

「auビデオパス」の画像検索結果

『auビデオパス』の概要

  • 利用料金:月額562円
  • コンテンツ数:1万本以上
  • 向いているジャンル:国内ドラマ・アニメ
  • 複数同時視聴:不可
  • ダウンロード視聴:可能
  • 追加料金・有料コンテンツ:あり
  • 無料体験期間:30日間
  • 画質:SD/HD

 

『auビデオパス』の特徴

文字通りauが運営する動画配信サービスが「auビデオパス」です!

このサービスでまず注意していただきたいのはauユーザーしか利用することができないというところです…。

 

しかし逆にauユーザーの人にはかなりおすすめ!

割と新しいサービスなので総ボリュームはまだまだ少ないのですが、最新作のラインナップはかなり豊富。

月額料金も562円と安いのですが、こちらも毎月540円相当のポイントがもらえるので実質月額料金22円ですね。

 

また料金の支払い方法はauかんたん決済!

今使っているスマホと同じ明細にまとめられるのでラクラクですね。

おすすめ度:★★★★☆

 

Netflix

「net flix」の画像検索結果

『Netflix』の概要

  • 利用料金:月額650円/950円/1450円
  • コンテンツ数:非公開
  • 向いているジャンル:洋画・オリジナル作品
  • 複数同時視聴:1/2/4台まで可能(コースによります)
  • ダウンロード視聴:可能
  • 追加料金・有料コンテンツ:なし
  • 無料体験期間:1カ月間
  • 画質:SD/HD/4K(コースによります)

 

『Netflix』の特徴

世界規模で見れば業界最大手の動画配信サービス「Netflix」!

なんと全世界で約7000万人もの人が利用しているプロバイダーです!

 

コンテンツ数は非公開となっていますが、現時点では他のサービスに比べ少ない方。

しかし業界最大手ということで成長度で言えばトップクラスなので、今後のコンテンツ展開には大いに期待できます!

 

またオリジナルコンテンツが豊富なのも特徴。

「テラスハウス」、「マーベル作品」などNetflixでしか観れない動画も多く、それだけでも登録する価値がありますね。

追加料金は一切かからないので、有料コンテンツが多くイライラすることもありません。

 

そしてプランによっても結構違いがあります。

プラン:料金/同時視聴可能数/対応している画質で分かれていて、それぞれ

  • ベーシック:月額650円/1台/SD
  • スタンダード:月額950円/2台/HD
  • プレミアム:月額1450円/4台/4K

となっています。

自分のスタイルに合ったプランが選べるのもありがたいですね。

 

また大手なだけあってパーソナライズ機能、レコメンド機能などサービスの使いやすさはずば抜けていて、スマホアプリの評判も良いですね。

おすすめ度:★★★★☆

 

Amazon Prime Video

『Amazon Prime Video』の概要

  • 利用料金:年会費3900円(実質月額325円)
  • コンテンツ数:3万5000本以上
  • 向いているジャンル:国内ドラマ・バラエティ
  • 複数同時視聴:ストリーミング再生は1台、ダウンロード再生は4台まで可能
  • ダウンロード視聴:可能
  • 追加料金・有料コンテンツ:なし
  • 無料体験期間:30日間
  • 画質:SD/HD/4K

 

『Amazon Prime Video』の特徴

「Amazon Prime Video」の最大の特徴はなんといっても料金が安いということ!

年会費3900円なので月額でいうと325円!

主要なサービスの中では最安価格です!

 

また登録すると追加料金なしでAmazonプライム会員にになれるというところもかなりお得!

というより正確にはAmazonプライム会員の特典の一つがこの「Amazon Prime Video」なんです。

なのでお急ぎ便、お届け日時指定便、音楽聴き放題など動画以外にも様々なサービスを受けることができます!

 

ただ料金は安いものの、他と比べるとラインナップが弱いです。

また定額が安いだけに有料コンテンツも少なくなく、Amazonヘビーユーザーの人にはオススメですが、逆にそうでない人にはコスパを考えると他のサービスの方がオススメできますね。

おすすめ度:★★★☆☆

 

ジャンル別オススメ動画配信サービス

ここからは動画のジャンル別、または用途別にオススメの動画配信サービスをまとめていきます!

自分の好みのジャンルに合ったプロバイダーをチェックしてみてください!

オールジャンルに観たいなら『ビデオマーケット 』!

「何か特定のジャンルというわけではなく色々な動画を観たい!」という人にオススメなのはやはりビデオマーケット

提供しているコンテンツ数は20万本以上とダントツ!

しかも動画のジャンルはどこかに偏っているわけではなく、バランス良く配信しているので色々なジャンルを観たいという人には強くオススメできます。

 

また動画以外の機能も充実しており、最低月額料金500円からというところも大きな魅力。

とりあえずビデオマーケット なら間違いないですし、動画配信サービスに馴染みがない人にもオススメです!

 

国内作品を観たいなら『dTV』!

様々なジャンルをバランスよく配信しているdTVですが、何も器用貧乏というわけではありません!

そもそもの提供している作品数が多いので「バランスが良い」というよりは「オールジャンル強い」と言っても決して過言ではなく、特に国内作品に関しては他と比べてもかなり強いです!

 

もちろんメジャーな作品は多く取り揃えられており、「あ、これ観たかった映画だ!」という作品が必ずあるでしょう!

当然他ジャンルも充実しているので、邦画を中心に観たい人はこれ一つで十分だと思います。

 

海外作品を観たいなら『Hulu』!

海外作品に強いイメージがあるのは「Hulu」か「Netflix 」だと思いますが、どちらかと言えばHuluの方がオススメできます。

映画で言えばハリウッドはもちろん、イギリス・香港・韓国・中国・台湾と様々な国の映画を取り揃えています。

 

そしてHuluは日テレと提携しているので日テレ系の作品にも強いです。

最近は日テレ以外の作品も徐々に増えてきているのではバランスも良いですね!

 

韓流を観たいなら『U-NEXT』!

ここ最近また流行してきている韓流作品。

このジャンルに関してはU-NEXTが強いですね。

 

韓流はハマる人はとことんハマってしまうジャンルなので、特にラインナップが強いプロバイダーを選びたいですよね。

どちらも大人気の有名作品から韓流らしいドロドロした恋愛ものまで、ファンの方はハマりすぎ注意というくらい種類豊富です!

 

とにかく安さ重視なら『Amazon Prime Video』!

ほとんどの動画配信サービスの料金は月額1000円以下!

レンタルショップなどに比べればそれでも十分安いですが、どうせならとことん安さにこだわりたい!

そんな人にオススメなのはAmazon Prime Videoです。

 

年会費3900円(1ヶ月あたり325円)はやはり魅力的!

Amazonプライム会員の他の特典も受けることができるのでネット通販としてのAmazonもよく利用する人にとってはコスパ最強です!

 

動画以外も楽しみたいなら『FODプレミアム』!

動画以外にも様々な特典を受けたいという人にはFODプレミアムがオススメ!

FODプレミアムの特徴の一つは動画だけでなく、雑誌も見放題という点。

それで月額888円というだけでも安いのですが、毎月1300円分のポイントがもらえて実質月額がかからないなんてコスパが良すぎます!

 

また動画に関してもFODプレミアムが独占配信している作品が多いですね。

名作月9ドラマを始め、FODプレミアムでしか見ることができない!なんてものも少なくありません。

 

とりあえず無料体験してみることをオススメします!

動画配信サービスについて長々と説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

動画配信サービスについて、そしてそれぞれのプロバイダーについてかなり理解していただけたと思います。

 

しかしいくら説明をされたところで実際に利用してみないことにはそれぞれの良さ・悪さを実感することは難しいでしょう。

今回紹介した動画配信サービスは全て体験期間を設けており、長いものだと1ヶ月、短くても2週間は基本登録をタダですることができます。

 

これまでは有料ということで動画配信サービスに抵抗を持っていた方も、もし少しでも興味が湧いたなら、まずは無料体験を試してみてはいかがでしょうか?

また既に動画配信サービスを利用していた方も、別のプロバイダーで良さそうなものがあればぜひ比較してみてください。

 

それぞれ長所・短所があるので、まずは自分のスタイルに合っていそうなものをいくつか絞り、できればそれら全てを試してみることをオススメします!

レンタルショップでDVDを何枚も借りるよりは遥かに安いはずです!

もし自分に合わなくてお金がもったいないと感じたなら体験中に契約を解除すればいいですし、良いと感じたならぜひ継続して動画を楽しんでください!

 

もしこの記事で動画配信サービスに興味を持っていただけたなら幸いです!

最後まで長々と読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です