99.9-刑事専門弁護士-|5話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(2月11日放送)

99.9-刑事専門弁護士-|5話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(2月11日放送)

「たった0.1%だとしても残された事実を納得するまでとことん追求する!」

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」で主演の松本潤さんが演じるのはそんな型破りな刑事専門弁護士です!

2月11日に5話が放送されましたが、この記事では早速そのネタバレや感想をまとめていきます!視聴率やSNSでの反応も同様にまとめていくので、ぜひご覧ください!

「99.9-刑事専門弁護士-」のあらすじ・キャストまとめ!

「99.9-刑事専門弁護士-」のキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「99.9-刑事専門弁護士-」あらすじ・キャストまとめ!松本潤主演の人気ドラマが復活!

以前までのネタバレ・感想はこちら

「99.9-刑事専門弁護士-」各話のネタバレや感想はそれぞれこちらの記事にまとめてありますので、こちらもよろしければご覧ください!

「99.9-刑事専門弁護士-」1話のネタバレ・感想はこちら

「99.9-刑事専門弁護士-」2話のネタバレ・感想はこちら

「99.9-刑事専門弁護士-」3話のネタバレ・感想はこちら

「99.9-刑事専門弁護士-」4話のネタバレ・感想はこちら

※最新話が放送され次第更新していきます!

「99.9-刑事専門弁護士-」の撮影場所・ロケ地紹介!

「99.9-刑事専門弁護士-」の撮影場所・ロケ地はこちらで紹介しています!

また新しいロケ地もわかり次第更新していきます!

「99.9-刑事専門弁護士-」撮影場所・ロケ地はどこ?アクセス方法や周辺観光地も!

まずは5話のあらすじを紹介!

大怪我をした志賀(藤本隆宏)と奈津子(渡辺真起子)が相談にやってきた。志賀が怪我して動けないので、請け負った刑事裁判の弁護を協力してほしいという。
その刑事事件とは、女子高生・工藤久美子(清原果耶)に対する強制わいせつ事件。17歳の山崎大輝(市川理矩)とその友人・大江徳弘(福山翔大)が、久美子の証言により、容疑者として起訴されていた。さらに調書によると、山崎は一度自白をしてしまっていた。
さっそく山崎の元へ接見にいった深山(松本潤)と舞子(木村文乃)は、警察に脅されて自白したということを知る。
さらに山崎は、事件当日は、焼肉屋にいたと証言する。
しかし焼肉屋の店員(アキラ100%)はお客を一人一人覚えていなくてアリバイが取れない。しかし、深山は山崎から聞き出したある情報をもとに刑事事件ルームの面々と再び焼肉屋に向かった。
公判では、裁判官の遠藤(甲本雅裕)は弁護側に一貫して頑なな姿勢で弁護側の主張を採用しようとしない。
この事件、裁判所と検察のある思惑が一致して、両者が半ば結託するような形で進められていたのだ。さらにある奇策により、深山たちが見つけたアリバイさえも跳ね除けられる。

絶体絶命な状況の中で、すべてを覆す事実を見つけることはできるのか!?

5話のネタバレ!

志賀(藤本隆宏)と奈津子(渡辺真起子)から「怪我をして動けないから」と強制わいせつ事件の弁護を依頼された深山(松本潤)たち。

被害者は女子高生の工藤久美子(清原果耶)。

久美子は山崎大輝(市川理矩)と大江徳弘(福山翔大)の二人が犯人だと証言していたのですが、山崎は警察に脅され、自白してしまっていました。

佐田(香川照之)は断ろうとするのですが、深山は勝手に調査をしに事務所を出て行き、尾崎(木村文乃)もそれについていきます。

 

山崎に事情を聞きに言った二人。

事件当時のアリバイがないのか尋ねると、忘年会で焼肉屋に行っていたとのことでした。

その後、尾崎は焼肉屋店主に山崎のことを尋ねにいくのですが、2ヶ月も前のことなど覚えていないと言われます。

 

一方、事件当時のことを再現する深山たち。

すると事件発生現場の近くで練習をしていたダンスグループが、練習の様子を撮影していました。

映像に久美子たちが映っていないか確認しようとする深山でしたが、ダンスグループが練習をしているのは月水金の週三日。事件が起こった12月12日は火曜日でした。

 

一度目の裁判。

久美子は山崎と大江に脅され、母親に「電車が止まって遅くなる」と嘘の電話をかけさせられたと言うのですが、検事は久美子の通話履歴を提示し、それを証明します。

しかしその通話記録の前後の記録は不自然に黒く塗りつぶされていました。

深山はそれを指摘。検事はプライベートのためと言い張ったのですが、そのデータを送ってもらうことに。

その後、深山たちは今度は焼肉屋での状況を再現することに。

 

山崎の勤め先と同じ制服を着て、同じように注文する事務所メンバー。

6人でカルビを2人前だけ注文し、タレでご飯を食べていると「いい加減にしてくださいよ!」と店主に注意されてしまいます。

「前にその制服着た人たちが同じ食い方を」と言う店主。

深山たちは改めて店主に話を聞くことに。

 

二度目の裁判。

焼肉屋の店主の証言によると、確かに山崎たちは事件当日に来店。

しかも事件発生時刻、順番待ちのための名前の記入欄には「ヤマザキ」という名前がありました。

無事無罪を勝ち取ったかと思われましたが、突然裁判官が店主を尋問しだします。

「2ヶ月前のことを100%覚えているのか?」「ヤマザキという名前は珍しくない」「たくさんの人の人生が大きく変わります。慎重に思い出してください」などと。

店主はそのプレッシャーに耐えかね、「わかりません」と証言を取り消してしまいました。

 

佐田の家に集まる班目事務所の面々。

所長の班目(岸部一徳)によると、今回の裁判の不自然は最高裁判所直属の事務総局の差し金。

もともとこのような事態になってしまうことを危惧していたと言うのです。

 

翌日、深山たちの元に通話記録が届きました。

それを見ると、母親との通話の直前、久美子は別の人物に電話をかけていました。

躊躇せずその番号に電話をかける深山。

するとその人物とは、久美子が出会い系サイトで知り合った男性でした。

 

三度目の裁判。

男性は事件発生時刻に久美子と会っていて、その時に母親と通話しているところも確認したと証言します。

しかし突然「嘘をついた」と言う久美子。

山崎と大江に襲われたのは本当だが、事件が起きたのは12日ではなく6日だったと言い出します。

それを受けて検事は訴因変更を申し出るのですが、あろうことか裁判官はそれを承認。

あまりに理不尽な事態に尾崎は抗議するのですが、裁判官に退廷を言い渡されてしまいました。

 

閉廷後、久美子とすれ違う深山。

その時に「事実は一つだからね」と警告するのでした。

 

事務所に戻った深山たち。

他のメンバーは落胆していたのですが、深山はダンスグループが12月6日に撮影していたデータを入手していました。

その中身を確認すると、事件発生時刻である20時~21時、事件現場には誰も映っていませんでした。

今度こそ決定的な証拠を手に入れたと喜ぶ面々。

そんな時、佐田の電話が鳴り響きます。

もう一人の被疑者である大江が、今まで否認し続けてきたにも関わらず、急に自白してしまったのです。

 

大江に事情を聞きにいった深山。

そこで大江は「事件当日は雨が降っていた」と言っていたのですが、事件現場では雨は降っていません。

疑問に感じた深山は佐田に連絡し、事件当日の雨雲レーダーのデータを入手します。

それを見ると、事件現場にはやはり雨は降っていなかったのですが、一方で西府中駅周辺にだけ雨雲が。

事件当時、大江が西府中駅周辺にいたと推測した深山はそこで大江の目撃者を探すことに。

 

佐田以外のメンバーで夜中まで目撃者を捜索していたのですが見つからず。

一旦その日は帰ることになったのですが、帰りのバスの中で何かを見つけた深山。すぐさまバスを止めます。

他のメンバーが不思議がって深山についていくと、そこには先日起きたひったくり事件の犯人捜索の協力を求める看板がありました。

 

最後の裁判。

深山は早速雨雲レーダーを提示し、大江が西府中駅周辺にいたと主張するのですが、結局目撃者を見つけることはできませんでした。

しかしそこでひったくり事件のことを話し始めます。

12月6日に起こったひったくり事件。

被害者はひったくられた拍子に頭を強打し、意思不明の重体。一月前に亡くなっていました。

 

裁判官に尋問の真意を問われるのですが、そこで深山は看板の画像を提示します。

看板には犯人の特徴が記載されていたのですが、その中には大江と同じ、首筋に十字架のタトゥーがあるとの情報が。

 

事件発生日時がひったくり事件を起こしたのと同じ12月6日に変更された今回の事件。

それを知った大江は強盗致死より強制わいせつの方が罪を軽くできると自白したのでした。

すると傍観席にいた久美子が「襲われたのは嘘」と叫び出します。

続けて「検事に日時変更するよう言われた」と証言。

深山は「もう一回やります?訴因変更」と裁判官を挑発し、山崎は無事無罪となりました。

5話の感想!

「99.9-刑事専門弁護士-」の5話、いかがでしたでしょうか?

 

今回は特に何度もどんでん返しがあった回になりましたねが、まず気になったのは尾崎は明らかに深山のことをリスペクトしてきてますよね。

当初は深山のことを完全に毛嫌いしていた尾崎でしたが、やはりあれだけ身近で優秀さを見ていれば、態度も変わるということでしょう。

調査にも進んでついていくようになりましたし、なんだかんだ指示も聞いていました。

今回もわざわざ遠く離れた焼肉屋に調査を行けと言われて、反抗しながらもそれに従っていましたよね(笑)

 

そして裁判所側の黒い部分が露呈した回にもなりました。

本来なら序盤の時点で無罪を勝ち取ってもよかった事件ですが、かなり無理矢理誤魔化していましたね。

あそこまで明からさまに不正をしていれば、それこそ問題になってもおかしくない気もしますが(笑)

 

しかしそんな企みすら見事跳ね除け、事実を解明した深山!

何度も理不尽な目にあっただけあって、無罪を勝ち取ったときの爽快感は今まで以上でした。

 

そして次はいよいよ佐藤勝利さんが登場するようですね!

来週はお休みなのでかなり待ち遠しくなりますが、次回が楽しみです。

視聴者の感想!

ここからはTwitterでの視聴者の感想を紹介します!

裁判官初めとするこーゆー人たちってものすごーくプライド高いんだろうな。

検察側の役の人顔プルプルさせるとかそんなの感じさせて
やっぱりこのドラマ面白いです!

裁判所に良心あった、みたいになっちゃったのかーーー
訴因変更最初にしたりしたのは裁判所なのに。
やるせないね

(看板に向かって)

大翔「かんばんは(こんばんは)」

大翔「しまった!人じゃなかった!かんばん(勘弁)してよ~!」

もう……好き………深山大翔の可愛さにいっぱいいっぱい……もう泣きたい………深山大翔の頭の中に入り込んでダジャレ細胞にもまれたい…

犯人に仕立て上げられた男性も、この女子高生の子のことも追いつめて、人生を狂わせようとして
いい大人たちが何やってんだよ

肩を貸してあげる深山先生の優しさに(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾キュン

明石さんは相変わらず目を開けたまま寝るのねw

今日も面白かった〜✨
アフロマトリョーシカいたね♡
絶妙な掛け合いがホント面白い。
来週は休みなの悲しい…😢😢
再来週が待ち遠しい!!!
今回ストーリーが面白かった!小ネタも少なくてストーリーに集中できてよかった!
でもまさかあんなところでオヤジギャグ言うとは思わなかった(笑)
かんばんわ。かんばんしてよー。
不意討ちだったので笑ってしまった(笑)

川上さんも、さらにその上から圧力をかけられてるってことね

そして佐田先生と志賀先生、結構仲良しね☺️

真実はひとつ!だな。 今日も面白かった~♪
深山先生見事だったー!
でも美味しいところを持っていくのは裁判所なのね…

えーーー!舞子ちゃんやめちゃうの?
せっかくいい感じになってきたのに。

勝利くんは、やっぱり弟だったんね。

今日のドンデン返し面白かった♪
スカッとしたー!

カンバンしてよも面白かったし、藤野さんのナルホドがツボww

役とは分かっていても勝利が感情的に話しているだけでグッとくるものがあるな…まだ予告だけなのにな……🤫

勝利くんいよいよだ~

またまたおもしろそう
次回も楽しみ♪♪

5話の視聴率は?

「99.9-刑事専門弁護士-」の第5話、気になる視聴率は17.0%と今回も絶好調!

前回の第4話の視聴率が16.8%だったので0.2ポイント上がりましたね。

 

これで初回からずっと15%以上の視聴率をキープし続けている99.9。

テレビ離れなんかが問題になっていますが、今期のドラマの中では頭一つ抜けた人気を誇っています!

 

「99.9-刑事専門弁護士-」の現在までに放送されている回の視聴率や、同じ時間帯の前クールに放送されたドラマとの比較はこちらの記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

「99.9-刑事専門弁護士-」視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新!

次回・6話のあらすじは?

舞子(木村文乃)の元に、大酉寿司店主・新井英之(竜雷太)が弁護依頼にやってきた。不動産屋・平田(三又又三)の殺害容疑で警察から事情聴取を受けているという。
事件当日、新井が事件現場に出入りしていたことが、容疑をかけられた理由だったが、新井は否認。さっそく事件現場にやってきた深山(松本潤)と舞子は、煙草屋店主・飯田(ダンカン)から、事件当日、現場に出入りしていた人間が、新井以外にもう一人いたという話を聞く。

深山たちが事務所に戻ると、平田殺害の容疑者逮捕のニュースが…。テレビに映された尾崎雄太(佐藤勝利)は、なんと舞子の弟だった。さらに、雄太は2年前に窃盗事件で有罪判決を受けていたことが判明する。 舞子は雄太と接見して弁護を請け負おうとするが、雄太は頑なに拒否。舞子と雄太の間には、あることがきっかけで大きな溝ができていたのだ。結局、深山が一人で弁護を担当することになるが、そこで雄太は、改めて「自分は今回の事件も、2年前の事件もやっていない」と否認するのだった。

この事件を受け、斑目所長(岸部一徳)は、雄太が本当に犯人であれば顧客からの信用に関わるため、舞子には辞めてもらうと佐田(香川照之)に言い放つ。

殺人容疑と2年前に雄太が有罪判決を受けた窃盗事件が深く絡まり合った難事件。果たして深山たちは事実を見つけ出し、雄太と舞子を救うことができるのか!?