anone|5話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(2月7日放送)

anone|5話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(2月7日放送)

広瀬すずさん演じる辻沢ハリカと田中裕子さん演じる林田亜乃音の運命的な出会いから始まるドラマ「anone」。

脚本を担当するのがあの坂元裕二さんというところも期待できます!

2月7日(水)にその5話が放送されましたが、この記事では早速そのあらすじ・ネタバレ・感想などをまとめていきます!

「anone」のあらすじ・キャストまとめ!

「anone」のキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「anone」あらすじ・キャストまとめ!広瀬すず主演の日テレ×坂元裕二ドラマ!

「anone」の動画を無料で視聴する方法はこちら

「anone」を楽しみにしていた方も多いと思いますが、中には「リアルタイムの放送を見逃してしまった」「もう一度見返したい!」という方もいると思います。

そんな人のために、こちら記事では「anone」の動画を無料で視聴する方法を紹介しているのでぜひご覧ください!

「anone」見逃した動画を無料で視聴する方法とは?

以前までのネタバレ・感想はこちら

「anone」各話のネタバレや感想はそれぞれこちらの記事にまとめてありますので、こちらもよろしければご覧ください!

「anone」1話のネタバレ・感想はこちら

「anone」2話のネタバレ・感想はこちら

「anone」3話のネタバレ・感想はこちら

「anone」4話のネタバレ・感想はこちら

※最新話が放送され次第更新していきます!

「anone」の撮影場所・ロケ地紹介!

「anone」の撮影場所・ロケ地はこちらで紹介しています!

また新しいロケ地もわかり次第更新していきます!

「anone」撮影場所・ロケ地はどこ?カレー屋は?アクセス方法や周辺観光地も!

まずは5話のあらすじを紹介!

 

理市(瑛太)は、亜乃音(田中裕子)の娘・玲(江口のりこ)と結婚の約束をしながら、妻の結季(鈴木杏)と娘と共に暮らす二重生活を送っていた。さらに、秘密の別宅では一人ニセ札作りを研究していて…。一方、亜乃音の元には、一千万円持ち逃げしたにも関わらず盗まれてしまったるい子(小林聡美)が、舵(阿部サダヲ)とともに謝罪に訪れる。行き場のない二人を受け入れた亜乃音の家で、四人の奇妙な共同生活が始まった。

 

ハリカ(広瀬すず)は、そんな日常の出来事をいつものようにチャットゲームで報告し、彦星(清水尋也)を元気づけようとするが、ある日突然彦星のログインが途絶え…。一方、印刷所で目眩を起こした舵を助けた理市は、るい子と舵が亜乃音の家で世話になっていることを知る。その頃、病院の窓から彦星の病室が片付けられているのを見たハリカは、慌てて院内へ駆けつける。すると、彦星が集中治療室に入っていること知り…。

 

最近、様子がおかしく帰りが遅いハリカを心配した亜乃音は、電話をかけるが、ハリカはわざと明るく振る舞う。「またそっち行くから」と答えるハリカに対し、亜乃音は、自分たちの住む家がハリカにとってはもう“帰るところ”だからね、と話す。亜乃音の言葉を聞いたハリカは震える声で病院にいることを打ち明け…。そして、過去に暗い影を抱える理市の目論見も徐々に明らかになろうとしていた―。

5話のネタバレ!

亜乃音の傘

帰ろうとする理市(瑛太)に、亜乃音(田中裕子)の娘・青島玲(江口のりこ)は「泊まっていったら?」と声をかけます。

理市はそれに応じようとしないのですが、そんな理市に玲は「これ使って。捨てていいから」と亜乃音から借りた傘を差し出すのでした。

自首を止める亜乃音

ハリカ(広瀬すず)はるい子(小林聡美)と舵(阿部サダヲ)を連れて亜乃音の家に向かいます。

そしてるい子は「自首させてください」と頼み込むのですが、亜乃音はそれを了承しようとしません。

一緒に食事をとる4人。そこで舵は「お金は必ず働いてお返しします」と約束するのでした。

 

その後、法律事務所の花房(火野正平)が亜乃音の家を訪ねてきます。

ハリカたちは花房に自分たちの立場がバレてはまずい、とるい子は亜乃音の妹、舵はその夫、ハリカは二人の娘だというふりをしようとするのですが、亜乃音は花房にそのことを正直に話してしまっていました。

花房は3人の演技に付き合うことにしたのですが、食事の際には5人はそんなことも忘れるほど、楽しいひと時を過ごしました。

彦星とのチャット

ハリカは彦星(清水尋也)にそのことをチャットで報告していました。

彦星はいつ死ぬかもわからないほどの病気で入院していたのですが、「いつかきっと治ると思います」と励ますハリカに、「明日の話だって遠すぎる。いつかなんて3億年先の話と同じ」と返すのでした。

ハリカとのチャットだけが楽しみだという彦星でしたが、「いつかの話はもうなしにしてください」と言い、ハリカは「はい」と答えることしかでませんでした。

 

その後も日々の出来事を彦星にチャットで報告していたハリカ。

しかしそんな中、彦星が突然ログアウトしてしまいました。

偽札の製造に成功した理市

偽札の製造に試行錯誤していた理市。

そんな理市が両替機に偽札を入れると、両替された本物のお札が出て来ます。

「やったーー!」と大喜びし、妻の結季(鈴木杏)に「やっと始まるんだ」と告げるのでした。

空っぽの病室

ハリカがバイト帰りに彦星の病院の前を訪れると、彦星の病室が綺麗に片付けられていることに気がつきます。

慌てて病院内に駆け込むと、看護師と患者が「紙野くんね。前髪の長い子。呼吸不全で今集中治療室だって」と話しているのを耳にします。

 

一方、彦星の家族も病院に駆けつけていました。

しかし彦星は集中治療室に入っているため会うことができなかったのですが、家族は「あの子の分も美味しいものを食べましょう」と以前から予約していたレストランに行ってしまいました。

大事な人

帰ってこないハリカを心配して探しに行く亜乃音。

すると「友達にカラオケに誘われて今日そっちに行けないかも」とハリカから電話がかかってくるのですが、そこで亜乃音は「ここはもうハリカちゃんが行くところじゃなくて、帰るところだからね」と言い、様子のおかしいハリカの元へ向かいます。

 

ハリカは病院の前にいたのですが、「本当は私ここにいてもあんまり関係ないの」と言います。

続けて「息子が苦しんでいるときにレストランで食事をとる家族と自分は変わらないと」と言い、帰ろうとするのですが、亜乃音がそれを止めます。

そして「その人を思うだけでいいの。ここに居なさい」と言うと、自分は少し離れた場所に移動します。

亜乃音の話を聞いたハリカは涙を流して病院の前でずっと立って居ました。

 

そして翌朝。

彦星の病室に灯りがともり、彦星が戻って来ました。

それを見たハリカは’嬉しさのあまり亜乃音に抱きつくのですが、抱きつかれた亜乃音ももらい泣きしてしまいます。

ハリカは亜乃音に「あなたちょっと前髪長すぎじゃないの?」と言われ、笑うのでした。

“いつか”の話

亜乃音とハリカが家に戻ると、舵とるい子がとんかつを作ってずっと待ってくれていました。

4人で食事をとる最中、上機嫌でおしゃべりをし続けるハリカ。

その後亜乃音はハリカの髪を切ってあげるのですが、その最中ハリカは疲れて寝てしまいました。

 

ハリカが目を覚ましチャットにログインすると、彦星がいました。

夢の中でパン屋を訪れ、そこでベレー帽を被ったハリカが働いていたと言う彦星。

ポイントカードを受け取り、明日のこのパン屋でパンを買おうと思ったのだと言います。

 

ずっと明日を迎えられるか不安だった彦星にとって、夢の中の話とは言え、明日のことを考えたのはすごく久しぶりとのこと。

「会いたい。流れ星をまた見たい」と言うハリカに「いつか」と返すのでした。

理市の提案

印刷屋を始めたいと言い出した舵。

それを聞いた亜乃音は印刷の技術を教えてやってくれないか、と理市に電話をかけます。

その後4人で鍋を囲っていると、亜乃音の傘を差した理市が。

なぜ玲に貸した傘を理市が持っているのか疑問に思う亜乃音でしたが、理市は食卓へ招かれます。

 

そこで理市は一万円を札を取り出し、偽札が製造されないよう紙幣がどれほどの技術でできているのか説明し出します。

そしてかつて亜乃音の夫・林田京介(木場勝己)と二人で偽札を作ろうとしていたことを明かすと、「今日ここにお邪魔したのはみなさんに偽札作りに協力してもらうためです」と告げるのでした。

視聴者の感想!

ここからはTwitterでの視聴者の感想を紹介します!

両親に見捨てられ孤独に生きてきたハリカ、血の繋がらない娘に疎まれ敬遠される亜乃音、愛した息子に愛されなかったるい子、結婚せずに独りで死んでいくかも知れなかった持本。「家族」に苦しめられ、「家族」のせいで幸せになれなかった4人が、疑似家族として、ちょっぴり幸せになれた第5話。
なぜこのドラマのタイトルが田中裕子の役者名(亜乃音)なのかずっと不思議だったが、ここに来て初めてわかった気がする。唯一淡々と家族の温かさを無償で与え、凍えるような悲しみを自分の分も他人の分もひっしと抱き締めて生きてる。この役、田中裕子でよかった。
「彦星」くんがいるってことは「織姫」もいるんだよね?
この「織姫」はハリカなのかな。
ハリカがいつも「彦星」くんを見てる所の前には川がある。
これは「天の川」なのかなって。
「いつか」ハリカは「彦星」くんに会えるんじゃないかなって。
広瀬すずがハリカを演じる時の解釈、イノセントであると同時にどこかイデオット(愚か)でもあるという演技、すごく正しいと思うんですよね、絶対に美少女であってはいけない役なんですよ。誰も振り向かない存在であると同時に観客をひきつけなくてはいけない役なんだけど、見事にそう演じてる
anoneおもしろー
でも切ないな…寂しいような…
坂元裕二脚本のドラマが大好きなんだけどanoneの「仕方ないのかな。愛されていたって愛してくれなかった人の方が心に残るもんね。人は手に入ったものじゃなくて手に入らなかったもので出来ているんだもんね。」と最高の離婚の「抱ける女が抱けなかった女に勝てるわけない」が刺さりすぎて辛い
はりかはきっと子供の頃からこんなかんじで食卓でおしゃべりしてたんだろうな。実の家族にはそれが異端にみえ施設に送ったのだろうけど、今の家族は笑って聞いてくれるんだなぁ…
anone観てるとさ、いつ恋思い出す。
やっぱ坂元さんの作品って、
セリフが短文で「。」が多くて(つたわるかな?)
一つ一つの会話に聞き入っちゃって、
でもどれも日常のふとした事に気づいてることばかりで、
ご飯を囲んで団らんしてるとことか
なんか惹き込まれちゃう雰囲気があるなって思う。
anone5話では「家族になるとはどういうことか」ということが、広瀬すずの饒舌となって表現されます。家族が増えれば、それだけ日々綴られる物語の数は増えるのです。それだけではなく、胸の虚空に葬られるがままになっていた詮無い過去を掘り出し、新たな輝きを与え、人に伝えることができるのです。
ハリカの彦星君が苦しんでる時に何もできない自分を苦しく思うその不器用な生き方と感受性を、思うだけで構わないと肯定する亜乃音さん。
彼女もまた、そっと側でハリカを思いながら朝まで待っていた。
彼女達は似てる。血縁ではなくとも。
夜ご飯が朝ごはんにシフトしちゃって、ってことは持本さんとるい子さんもご飯食べずに二人の帰りを待ってくれてたってことだよね。
血の繋がった家族に傷つけられた人たちが、血の繋がらない人たちと一緒に仲良く歯を磨く…このシーンを見てじんわりと心が暖かくなりました。歯を磨いて、一緒にご飯を食べて、お布団をひいて…ここはみんなにとって暖かい帰る場所。
坂元裕二が提示した全く新しい家族の形は、無縁社会が拡張し、孤独死が増え続ける現代の日本社会に一石を投じるかのような少し皮肉のこもった性善説。他人同士でも深く信頼し合うだけで家族は成立するのだ。更にその家族を象徴する習慣が食卓を囲んだり一緒に歯を磨くという坂元節。

5話の視聴率は?

「anone」の第5話、今回の視聴率は5.9%でした。

前回の4話の視聴率が6.4%だったので、0.5ポイント下がってしまいました。

 

絶賛する視聴者が多い一方、今ひとつ視聴率が振るわないanone。

初回から少しずつ数字が下がってきていますが、もう中盤ですし、なんとか回復していってほしいですね。

 

「anone」の現在までに放送されている回の視聴率や、同じ時間帯の前クールに放送されたドラマとの比較はこちらの記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

「anone」視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新!

次回・6話のあらすじは?

わかり次第更新します!

「anone」の動画は「Hulu」で視聴可能!

「anone」の動画は「Hulu」で配信中!

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、やはり放送を見逃してしまったということも少なくないと思います。また「面白かったからもう一回見たい!」という人もいるでしょう。

今なら「Hulu」は14日間の無料体験期間も実施しているので、「anone」のはもちろん、他のドラマや映画の動画もお金をかけずに楽しむことができます!

詳しくはこちらで解説しています!