トドメの接吻|5話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(2月4日放送)

トドメの接吻|5話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(2月4日放送)

2018年1月7日にスタートした「トドメの接吻」。

山崎賢人さん演じるクズホストが謎の“キス女”に襲われ死のタイムリープに巻き込まれてしまうという邪道ラブストーリーです!

この記事では2月4日に放送された5話のネタバレや感想、視聴率などをまとめていきます!

「トドメの接吻」のあらすじ・キャストまとめ!

「トドメの接吻」のキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「トドメの接吻」あらすじ・キャストまとめ!山崎賢人がクズなイケメンホストに!

以前までのネタバレ・感想はこちら

「トドメの接吻」各話のネタバレや感想はそれぞれこちらの記事にまとめてありますので、こちらもよろしければご覧ください!

「トドメの接吻」1話のネタバレ・感想はこちら

「トドメの接吻」2話のネタバレ・感想はこちら

「トドメの接吻」3話のネタバレ・感想はこちら

「トドメの接吻」4話のネタバレ・感想はこちら

※最新話が放送され次第更新していきます!

「トドメの接吻」の撮影場所・ロケ地紹介!

「トドメの接吻」の撮影場所・ロケ地はこちらで紹介しています!

また新しいロケ地もわかり次第更新していきます!

「トドメの接吻」撮影場所・ロケ地はどこ?アクセス方法や周辺観光地も!

まずは5話のあらすじを紹介!

宰子さいこ(門脇麦)からのキスで想定外のタイムリープをしてしまった世界で、旺太郎おうたろう(山﨑賢人)は自分に惹かれていたはずの美尊みこと(新木優子)の態度が突然冷たくなったことに戸惑う。さらに、病床で目を覚ますはずだった美尊の父・たかし(山田明郷)が亡くなり、尊氏たかうじ(新田真剣佑)が美尊にプロポーズして会社を継ぐ宣言をするシナリオに変わっていて…。
尊氏が意図的に父親を助けなかったと疑う旺太郎は、挽回を狙って祖母との死別を繰り返したくない宰子にキスを迫り再びタイムリープをする。しかし、それでも尊が死に尊氏が美尊にプロポーズする運命を変えることはできず…。さらに、旺太郎の正体を知る尊氏が、12年前の沈没事故を引き起こした船長の息子であることを美尊の前で暴露!旺太郎はそこで初めてあの日クルーズ船に乗り合わせていた幸せそうなお金持ちが並樹家とその取り巻きだったことを知る。同情を買うために生い立ちを偽っていた旺太郎に失望した美尊は、父の死後結婚に向けて豹変した兄・尊氏に戸惑いつつも、会社のために自分の気持ちを割り切ろうとする。たった7日のタイムリープでは変えられない自分の運命を呪う旺太郎だったが、尊氏のプロポーズの本当の理由について何かを隠している様子の長谷部はせべ(佐野勇斗)に思い当たり…。

そんな中、旺太郎を心配した母・光代みつよ(奥貫薫)が家まで食事を作りにやって来る。しかし、弟・光太を沈没事故に巻き込んでしまった罪悪感のあまり、今でも光太が生きていると信じる母を疎ましく感じる旺太郎は、冷たい言葉をかけ追い返してしまう…。
美尊と尊氏の婚約の準備が進む中、旺太郎は長谷部の美尊への思いを利用し、郡次ぐんじ(小市慢太郎)が何かのビデオテープをネタに尊氏を脅していることを聞き出す。婚約披露パーティーの混乱の中、テープを盗み出そうとするが、あと少しという時に光代が転倒し意識不明の重体だという連絡が入り…!自分の運命を変えるチャンスと母親の命を天秤にかける旺太郎がとった行動とは…!?そして、旺太郎の孤独に触れ、宰子が考えた意外な行動とは!?

5話のネタバレ!

タイムリープするも…

並樹グループの社長が本来より早く亡くなってしまい、焦る旺太郎(山崎賢人)。

尊氏(新田真剣佑)は並樹グループを継ぐことになり、以前の優しい人物から豹変してしまっていました。

美尊(新木優子)はまだ気持ちの整理がつけていませんでたが、尊氏から旺太郎が嘘をついていたことを聞かされ、旺太郎はすっかり嫌われてしまいます。

 

「祖母との別れをもう体験したくない」という宰子(門脇麦)に無理矢理キスをする旺太郎。

タイムリープして並樹グループの社長の容体が急変することを連絡するも、結局間に合いませんでした。

 

尊氏は再び美尊にプロポーズ。

尊氏は美尊に旺太郎の過去を打ち明けるのですが、そこで初めて旺太郎は尊氏たちが12年前の船に乗っていたことを知ります。

母を追い返す旺太郎

タイムリープでは変えられない12年前の過去を恨む旺太郎。

そんな中、帰宅すると母の光代(奥貫薫)が食事を作りに家を訪れてきていました。

いまだに弟の光太が生きていると信じ込んでいると光代を疎ましく思った旺太郎は、「頼むから消えてくれ」と冷たい態度で追い返してしまいます。

長谷部を利用

尊氏の秘密を探るため、同じ乗馬クラブに所属する長谷部(佐野勇斗)を利用しようとする旺太郎。

当初は拒否しようとする長谷部でしたが、「美尊さんが不幸な結婚したら全部お前のせいだぞ」と言われ、社長秘書であり尊氏の叔父の郡次(小市慢太郎)が何かのテープで尊氏を脅していたところを目撃したと明かしてしまいます。

 

それを聞いて「美尊も尊氏も救ってやる」と去ろうとする旺太郎。

「ホスト…」と呟く長谷部に「エイトだ」と返し、肩を叩くのでした。

テープを入手するが…

開催された尊氏と美尊の婚約パーティー。

旺太郎は美尊のバラアレルギーを利用し、会場スタッフにバラを巻くよう仕込んで時間稼ぎをします。

そして控え室にきた美尊を先回り。

「後でお兄さんの秘密を後で教えてあげる」と告げると、郡次からテープを奪取するための作戦を実行します。

 

再開されるパーティー。

そこで旺太郎に病院から「母親が階段から転落して重症」と電話がかかってきました。

チャンスを逃すわけにはいかない旺太郎は「今はいけない」と言い電話を切ると、偶然を装い、郡次のジャケットにワインを引っ掛けます。

旺太郎はそのまま逃走するのですが、その時郡次からジャケットを預かったウェイトレスは旺太郎が仕込んだ自分の客でした。

 

無事テープを手に入れた旺太郎。

しかし母親はそのまま亡くなってしまい、テープの映像を見ても意味がわかりません。

光太の好物

母が作り置きしていったグラタンを食べる旺太郎。

グラタンは弟・光太の好物でした。

 

そこに郡次から電話がかかってきます。「テープを200万円で買い取る」と。

旺太郎はテープの意味を知るため、郡次の要望に応じるのでした。

未来は変えられる

郡次に会いに行く途中、宰子が立ちはだかります。

タイムリープすれば母親を助けられると言うのですが、苦労して入手したテープを手放したくない旺太郎はそれを拒否。

宰子の横を通り過ぎて行くのですが、宰子はそんな旺太郎に向かって「過去はダメでも未来は変えられるかもしれない」と叫びます。

 

それを聞いた旺太郎は宰子の元に走り寄り、「俺の代わりに絶対にテープを手に入れろ」を指示。

宰子にキスをしてタイムリープすると、間一髪のところで母親を救います。

燃やされたテープ

旺太郎は母親に「光太より父を探すべき」と言うのですが、母親は事故が起きたのは父親の責任ではないと信じていました。

旺太郎は母親から「お父さんが機関室の映像だけ消えて無くなってたって言ってた」と聞くのですが、そこでやっとテープの意味を理解します。

 

パーティー会場に急いで戻った旺太郎。

しかし宰子は尊氏に捕まっていて、テープも燃やされてしまいました。

尊氏は「これでお互いお開きにしよう」と言い残し、宰子を連れていってしまいます。

正々堂々と乗り込む!

唯一の手がかりだったテープを失った旺太郎は、正面から堂々とパーティー会場に乗り込みます。

会場にいた人たちは突然のことにあっけに取られていたのですが、旺太郎は美尊が立つステージに。

 

「兄の秘密ってなんなの?」と尋ねる美尊に、「ごめん、手に入れられなかった」と返すと、突然唇を奪います。

唇を離し「前に進めば未来は変えられる、君なら変えられる」と言葉をかけると、それを聞いた美尊は今度は自ら旺太郎に唇を合わせるのでした。

 

一斉にシャッターを切るマスコミ。

尊氏は二人を恨めしそうに睨みつけるのでした。

5話の感想!

「トドメの接吻」の5話!

今回は色々な登場人物の色々な様子が描かれていましたね。

 

これまでとは打って変わって本性を見せ出した尊氏。

欲望を叶えたいと願う一方でなんだかんだ母親のことを大切に思っていた旺太郎。

そんな旺太郎に母親を救うきっかけを与えた宰子。

そして美尊も最後にはついに自分の気持ちに正直になった様子でした。

 

旺太郎がグラタン?を食べた時に「光太の好物…」と呟いた時はかなり感動しました!

何気ない一言でしたが、そこに家族を思う旺太郎の気持ちが全て詰め込まれていたように思います。

旺太郎は結局テープを手放すことになってしまいましたが、これまでとは違い、かなり正々堂々と美尊にアプローチ。あんな大胆なことをされたら、美尊がそれに応えるのも納得です。

 

次回からはいよいよ後半!

旺太郎VS尊氏はかなり佳境に入ってきたように思えますが、そろそろ菅田将暉さん演じるミュージシャンの謎も明かされてくるのではないでしょうか?

視聴者の感想!

次にTwitterでの視聴者の感想を紹介します!

ドラマのストーリーがさよならエレジーをなぞってる気がして
歌詞の意味を考えながら聴くとすごく切ない
手を振る代わりに抱きしめてみたよ。
一体最後に誰を抱きしめるのだろうね
お母さんもっと壊れてた方がある意味旺太郎には救いがあったのでは…
この微妙な塩梅では憎む事も出来ない
「思い出したくなかったんだよ、辛いから」
文字数たったこれだけの事を12年間!言うことが出来なかったし、言わないと分かって貰えなかったなんて(T_T)
驚いたのは旺太郎はやっぱり尊氏や美尊さんが船に乗っていたことを知らなくて、純粋に「100億の女」に近づいてたんだなってことで。事故の真相に気付いたから命を狙われるのかもだけど、幸せを掴むためには、家族をめちゃくちゃにした並樹一族にこれからも取り入るのかな…
今日はコメディ要素少なめでしんみりしたり切なかったり、お母さんを助けることができて泣いてる旺太郎の姿見てたら涙が止まらなかった。賢人くんの演技は本当に素晴らしい。旺太郎が「宰子ー!」って叫んで必死に走って行ってキスするのすごく素敵だったなぁ。きゅん。
トドメのパラレル見てきたー!
今回小市慢太郎さん劇場すごいですが、3話に続き尊氏劇場も凄いので、真剣佑くんのファンの方には特に強くHulu入会をお薦めします!!
今回色々ありすぎたけど、一番インパクトあったのは
「光太の好物」
て台詞だった。震え上がった。
勢い重視だし、細けぇ事はいいんだよ!な部分もあるドラマだけど、でも決して若者向けだと思って手を抜いてる脚本じゃない。人間を描く気がある。
最後の美尊奪い合いシーン良かったなぁ旺太郎の執念と美尊の兄への疑心暗鬼と前進、尊氏の鬼気迫る表情と宰子の乙女心揺らぐ表情。四人の思いが交錯する大事な場面だったね来週が気になる…!毎週やってくるこの後を引く感じクゥゥ…!!
なんだろうなあ、お若い皆様ほんとに全員芝居が達者だし、キャラクターが「人間として」おろそかにされていない脚本演出なので安心するし、役者の魅力を引き出そうという意図も感じられてすごく気持ちがいいんだよなあこのドラマ

尊氏がどんどん悪い人に💭面白い!!😹

それにしても安定のかっこよさ

トドメのパラレル、本編以上にブラックオブザブラックな尊氏くんがたいへん色っぽくてさいこうです…こんなに黒くなってしまってかわいそうに…忠犬布袋くんもとてもよい…。そして新井おじさんこと小市慢太郎さんがめちゃくちゃたのしそう
濃厚なキスシーン。“そこ”だけでキャーっと話題をさらうだろうが、本質も忘れたくない。 ドラマの前半を費やし何度も観せてきた宰子との“キス”は死をもたらすため短かった。禁忌されてきた《長さ》の解放が興奮を生んでいる。そして死と無縁ゆえの生々しさ。

作り置きされたグラタン?が光太くんの好物な事にも…

それを食べながら違うんだよって頭かかげてるのも…

亡くなったお母さんを見つめてる表情も…切なすぎて😭

もうさ、キスもしんどいけどさいこの表情もぐっと来るよね、、、長めのキスシーンよりもキツかった
ハムハムしてたねきついわ

5話の視聴率は?

「トドメの接吻」の5話、今回の視聴率は7.3%でした!

前回の4話の視聴率が6.7%だったので、0.6ポイント上がりましたね。

 

今のところずっと7%前後をうろうろしていますが、なんとか二桁台に届いてほしいところです。

もともと視聴率が集まりやすい時間帯ではないのですが、それでもイケメン俳優が揃っているので、今後の展開次第では十分届く範囲だと思います!

 

「トドメの接吻」の現在までの視聴率や、同じ時間帯のドラマとの比較はこちらの記事でまとめてありますので、よろしければご覧ください!

「トドメの接吻」視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新!

次回・6話のあらすじは?

母親の命を救うためにタイムリープしたことで、12年前の沈没事故の証拠のビデオテープを真犯人の尊氏たかうじ(新田真剣佑)に燃やされてしまった旺太郎おうたろう(山﨑賢人)。しかし、逆に美尊みこと(新木優子)の気持ちを手に入れ、尊氏と美尊の婚約披露パーティーの壇上で派手にキスを交わし現場を騒然とさせる。
さらに旺太郎は興信所の根津ねづ(岡田義徳)を使い、並樹グループの前社長・たかし(山田明郷)が息子の尊氏の罪を揉み消すために関係者に手を回していたことを突き止める。そして、冤罪の罪を背負って服役後行方不明になっていた父・あきら(光石研)の居場所も明らかに。
一方、美尊は尊氏への不信感と旺太郎への思いが募り、変えることのできない自分の運命を悲観していた。そんな美尊を長谷部はせべ(佐野勇斗)は複雑な思いで見つめていて…。

その頃、旺太郎は旺の消息を追ってなんと香港へ。旺は見つからないものの、父が自分の冤罪を証明するビデオテープのコピーを探していたこと、そしてクルーズ船の運営会社を営む長谷部の父が尊氏の罪のもみ消しに協力していたという情報を掴む。旺太郎は早速長谷部を脅迫し、ビデオテープのコピーを探させる…。
しかし、1週間後帰国した旺太郎を待っていたのは長谷部が海で亡くなったというニュースで…!自分の脅迫のせいで気の弱い長谷部が自殺してしまったと責任を感じる旺太郎は、美尊から長谷部が亡くなる前にビデオテープを持っていたと聞き、宰子さいこ(門脇麦)のキスでタイムリープをする。しかし、何度時間を遡ってもなぜか長谷部の自殺を食い止めることはできず…。旺太郎は長谷部の死にある疑惑を抱く。

一方、過去と縁を切りたいと言いながら母を助け、父の罪を晴らそうとする旺太郎を見て、宰子の旺太郎に対する感情は少しずつ変化していて…。道で春海はるみ(菅田将暉)に遭遇した宰子は、「同じ時間を繰り返すと元の出来事が抵抗して自分に降りかかってくる」と不気味なことを言われ、その言葉に嫌な予感がした宰子は、旺太郎のキスを拒み、タイムリープを止めようとするが…。

「トドメの接吻」の動画は「Hulu」で視聴可能!

「トドメの接吻」の動画は「Hulu」で配信中!

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、やはり放送を見逃してしまったということも少なくないと思います。また「面白かったからもう一回見たい!」という人もいるでしょう。

今なら「Hulu」は14日間の無料体験期間も実施しているので、「トドメの接吻」のはもちろん、他のドラマや映画の動画もお金をかけずに楽しむことができます!

詳しくはこちらで解説しています!