西郷どん|見逃した5話の動画を視聴!あらすじ・感想も(2月4日放送)

西郷どん|見逃した5話の動画を視聴!あらすじ・感想も(2月4日放送)

2018年1月7日にスタートした「西郷どん」。

やがて明治維新を成し遂げる薩摩藩の革命家、西郷隆盛の成長を描いたヒューマンドラマです!

 

2月4日にその5話が放送されましたが、リアルタイムでの放送を見逃してしまったという人も少なくないと思います。

そんな人のために、この記事では「西郷どん」の5話の動画を視聴する方法を紹介します!

「西郷どん」のあらすじ・キャストまとめ!

「西郷どん」のキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「西郷どん」あらすじ・キャストまとめ!鈴木亮平が明治維新の革命家を熱演!

以前までのあらすじ・感想はこちら

「西郷どん」各話のあらすじや感想はそれぞれこちらの記事にまとめてありますので、こちらもよろしければご覧ください!

「西郷どん」1話のあらすじ・感想

「西郷どん」2話のあらすじ・感想

「西郷どん」3話のあらすじ・感想

「西郷どん」4話のあらすじ・感想

※最新話が放送され次第更新していきます!

「西郷どん」の撮影場所・ロケ地紹介!

「西郷どん」の撮影場所・ロケ地はこちらで紹介しています!

また新しいロケ地もわかり次第更新していきます!

「西郷どん」撮影場所・ロケ地はどこ?アクセス方法や周辺観光地も!

まずは5話のあらすじを紹介!

藩主に就任した斉彬(渡辺謙)は、父・斉興(鹿賀丈史)派の重鎮たちを罰せず重用すると宣言。父が流罪で未だ謹慎中の大久保正助(瑛太)は、斉彬のやり方に憤る。正助のため西郷吉之助(鈴木亮平)は、藩主と会える御前相撲で勝ち上がり殿の真意を問いただすと息巻く。 さらに、岩山糸(黒木華)に縁談話があり、相手は相撲大会にも出場する上級藩士・海老原重勝(蕨野友也)だと言う。糸に恋焦がれる正助の無念を晴らすため、吉之助は絶対負けられない試合に臨む。島津家の姫・於一(北川景子)が見守る中で、相撲大会に大波乱が巻き起こる。

見逃した「西郷どん」の動画を視聴するには?

「西郷どん」の他にも注目のドラマが数多く放送されていますが、「楽しみしていたドラマを見逃してしまった!」「面白かったもう一度見直したい!」という人もいると思います。

そこでそんな人にオススメの視聴方法が「動画配信サービス」を利用すること!定額を支払うことで、そこで配信されているドラマや映画を視聴することが可能になるというサービスですね。

※本ページの情報は2018年年1月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ビデオマーケット

配信されている動画のラインナップはそれぞれのサービスによって異なりますが、既に放送された「西郷どん」の動画を視聴するなら「ビデオマーケット」がオススメです!

提供コンテンツ量が約20万本と、様々な動画配信サービスの中でも最大級の数を誇るビデオマーケット。ドラマや映画だけでなく、アニメやバラエティ番組なんかも豊富に配信されています。

 

またサービス自体が業界の中でもかなり安い価格で利用できるのもビデオマーケットの魅力の一つ。

「プレミアムコース」が月額500円で利用できるのですが、そちらは毎月540ポイントがプレゼントされるので、そのポイントを利用することで好きな作品を視聴することができます!

 

一方、月額980円の「プレミアム&見放題コース」もあるのですが、そちらは「プレミアムコース」と同じように毎月540ポイント付与に加え、25,000本以上の見放題作品を視聴することもできるようになります。

見放題作品はポイントが関係ないので、文字通り好きな動画を好きなだけ視聴することができるコースですね。

 

どちらのコースもコスパが高く自分に合った方を選べばいいと思いますが、今ならどちらもはじめの31日間は無料体験期間となっているので、登録費用は必要ありません。

もちろんもし無料体験を申し込んで気に入らなかった場合、期間内に解約することで登録費用を払う必要もないです!

 

筆者はよくレンタルショップでドラマや映画のDVDをレンタルしていましたが、一つ一つのレンタル料は安いものの、やはりトータルで言えば動画配信サービスを利用した方がかなりお得です。

DVDを借りに行ったり返しに行ったりする手間も省けますし、当然延長を気にする必要もないですしね。

他にも様々なドラマ・映画・アニメを視聴することができるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT

「西郷どん」の動画を視聴するのにもう一つオススメの動画配信サービスが「U-NEXT」です!

数ある動画配信サービスの中でも「U-NEXT」は配信している作品数も12万本以上とトップクラス!そして「U-NEXT」のもう一つの特徴は最新のドラマや映画が配信されるのがとても早いということ!その点に関してはダントツですね。

 

料金は月額1990円ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので実質は790円とかなり割安。

またそのポイントは「U-NEXT」内のコンテンツだけでなく、映画館で映画を観る時なんかにも使用することができます!動画以外にも雑誌が読み放題というところも魅力的ですね。

現在は31日間の無料体験期間も設けられているので「とりあえずちょっと試してみたい」という人にもオススメです。

 

ただ注意して欲しいのですが「西郷どん」などNHKの作品は見放題ではなく、NHKオンデマンド見放題パックに登録する必要があります。

なので通常の月額料金以外にもNHKオンデマンド見放題パックの月額900円がかかってしまいます。

「ビデオマーケット」で視聴可能な人気ドラマ一覧

ここからはビデオマーケットで配信されている作品の一部を紹介します!

2018年冬に放送されているドラマ

「わろてんか」主演:葵わかな

「FINAL CUT」主演:亀梨和也

「きみが心に棲みついた」主演:吉岡里帆

「anone」主演:広瀬すず

「科捜研の女season17」主演:沢口靖子

「BG~身辺警護人~」主演:木村拓哉

「リピート~運命を変える10か月~」主演:貫地谷しほり

「アンナチュラル」主演:石原さとみ

「ホリデイラブ」主演:仲里依紗

「明日の君がもっと好き」主演:市原隼人

「西郷どん」主演:鈴木亮平

「99.9-刑事専門弁護士-season2」主演:松本潤

「トドメの接吻」主演:山崎賢人

「御茶ノ水ロック」

過去に放送された人気ドラマ

「コウノドリ2015」主演:綾野剛(2015年放送)

「ドクターXシリーズ」主演:米倉涼子

「逃げるは恥だが役に立つ」主演:新垣結衣

「陸王」主演:役所広司

「コウノドリ」主演:綾野剛

「僕たちがやりました」主演:窪田正孝

「カルテット」主演:松たか子

「代償」主演:小栗旬

もちろんここで紹介したもの以外にもたくさんの作品が配信されています!

見たかったドラマや映画が必ずあると思いますし、一度無料体験を試してみてはいかがでしょうか?

その他の動画配信サービスも紹介!

動画配信サービスの種類は様々ですが、月額料金や配信している作品のラインナップはサービスによって異なります。

国内作品に強いサービスもあれば、海外作品に強いサービスもあり、またそこでしか観れないオリジナル作品を配信しているサービスも多いですね。

 

基本的にどこも無料体験期間を実施しているのでお金をかけず気軽にお試しすることはできますが、料金を支払い、継続して利用するならそれぞれの特徴を知って自分に合った動画配信サービスを見つけたいですよね。

こちらの記事ではオススメの動画配信サービスの詳細を解説、比較しているので興味がある方はぜひご覧ください!

【徹底比較!】オススメ動画配信サービス一覧!無料体験もあり!

違法アップロードされている動画はオススメしません!

紹介した通り、見逃したドラマの動画は動画配信サービスで視聴することができますが、注意して欲しい点としてインターネット上に違法アップロードされている動画を見ることはオススメしません!

ドラマに限らず映画やアニメなども同様ですが、例えば「(ドラマ名) 動画」のように検索すると

  • Pandora.TV
  • Dailymotion
  • miomio
  • B9

などのサイトがよく出てきます。

 

しかしこれらのサイトに投稿されているのは違法アップロードの動画であり、

  • ユーザーも刑事罰の対象になる場合がある
  • ウイルス感染・情報漏洩の危険性がある
  • 著作権違反で動画が視聴できない場合がある
  • 低画質・低音質

といったデメリットがあります。

 

違法アップロードに関する検挙は年々厳しくなってきており、実際の検挙数も増加傾向にあります。

ニュースでもたまに見かけますね。

なので好きな動画を気兼ねなく楽しむためにも、動画配信サービスを利用することをオススメします。

視聴者の感想!

ここからはSNSでの視聴者の感想を紹介します!

ラスボス倒したと思ったらまさかの真ラスボスが渡辺謙www そして鈴木亮平の身体の仕上げ方にある種の狂気を感じる。敢えて大胸筋を鍛えず全体に脂肪を纏わせるなど、ボディービルダー的でなく「昔の日本人の大力大兵」に見えるよう計算尽くでやってるんじゃなかろうか。
青木崇高さん。龍馬伝の後期の貫禄のついた後藤象二郎よりも、今の西郷どんの島津久光のほうがヒヨッコに見えるのがすごいなぁ。役者さんて本当にすごい。
今回の西郷どんを真面目に語ると、今後の伏線のように感じた
というのも、あの相撲大会の時点で、徳川家から島津家に婚姻の打診が来ているはず。
おそらく斉彬は、篤姫の輿入れを考えており、その先の一橋慶喜の将軍擁立を見据えていた。
吉之助さぁが入牢ってことは、殿がスタコラ行っちゃったあの後、現場の役人皆さんで、えーと相撲は殿御自ら申し付けた事だし、殿を投げ飛ばしたのは事実だし、でも「大儀であった」と仰ってたし、しかしこいつを直接褒めたわけでなし…とめっちゃ考えたのかな…と思うと、苦労が忍ばれる。
なんというか、この、「なんの理由も根拠も文脈もなく主人公を面白がり気に入る権力者」という主人公補正が一切ないだけでほんとうに去年と一昨年はストレスフリーだったんだなと思い知りました

これ仮に手を抜いて藩主に勝たせたとしても、島津の血を引く者なら「なぜ勝負事に手を抜いた!?許せん!!」って逆にブチ切れそうだよな。

少なくとも儂の知ってる島津はそんな感じ

 

次回・6話のあらすじは?

藩主・斉彬(渡辺謙)を相撲で投げ飛ばした、西郷吉之助(鈴木亮平)は牢屋(ろうや)に入れられるが、そこには衰弱した謎の漂流者(劇団ひとり)がいた。男は吉之助を警戒し何を聞いても口を閉ざすが、男を襲う刺客が現れ、吉之助は間一髪で男を助け牢から逃亡し、西郷家にかくまうことになる。一方、吉之助への思いを抱いたまま嫁入りの日が迫る糸(黒木華)は、厳格な父に外出を禁じられていた。そんな糸を連れ出した正助(瑛太)は、漂流者から聞いたメリケンの話を聞かせ、好きな人に愛を伝えること、それがラブだと語る。