99.9-刑事専門弁護士-|3話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月28日放送)

99.9-刑事専門弁護士-|3話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月28日放送)

「たった0.1%だとしても残された事実を納得するまでとことん追求する!」

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」で主演の松本潤さんが演じるのはそんな型破りな刑事専門弁護士です!

1月28日に3話が放送されましたが、この記事では早速そのネタバレや感想をまとめていきます!視聴率はSNSでの反応も同様にまとめていくので、ぜひご覧ください!

「99.9-刑事専門弁護士-」のあらすじ・キャストまとめ!

「99.9-刑事専門弁護士-」のキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「99.9-刑事専門弁護士-」あらすじ・キャストまとめ!松本潤主演の人気ドラマが復活!

以前までのネタバレ・感想はこちら

「99.9-刑事専門弁護士-」各話のネタバレや感想はそれぞれこちらの記事にまとめてありますので、こちらもよろしければご覧ください!

「99.9-刑事専門弁護士-」各1話のネタバレ・感想はこちら

「99.9-刑事専門弁護士-」2話のネタバレ・感想はこちら

※最新話が放送され次第更新していきます!

「99.9-刑事専門弁護士-」の撮影場所・ロケ地紹介!

「99.9-刑事専門弁護士-」の撮影場所・ロケ地はこちらで紹介しています!

また新しいロケ地もわかり次第更新していきます!

「99.9-刑事専門弁護士-」撮影場所・ロケ地はどこ?アクセス方法や周辺観光地も!

まずは3話のあらすじを紹介!

人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)がジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の殺人未遂容疑で逮捕された。
茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田(香川照之)は、焦った様子で何かを隠している模様。
接見に向かおうとする深山(松本潤)を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の一員となった舞子(木村文乃)を担当に任命。
事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から、茅ヶ崎が揺すられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。
最終的にその事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していたとされてしまったのだ。
“依頼人の利益”を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、攻め立てる深山たち。

しかも、殺人事件では目撃証言、殺人未遂事件では、凶器に茅ヶ崎の指紋があるという絶体絶命の状況!
そして、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)。舞子の立場が変わり、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。
舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は『お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい』と激励するが…
崖っぷちに立たされた中で、深山と舞子は茅ヶ崎の無実を見つけ、佐田の窮地を救うことが出来るのか?

3話のネタバレ!

人気歌手に殺人容疑

ジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑をかけられた人気ロック歌手の茅ヶ崎(宇崎竜童)。

その弁護を佐田(香川照之)が務めていました。1年前、違法賭博に手を出していた茅ヶ崎でしたが、佐田の指示で警察の方から尋ねてくるまで黙っていることに。

 

佐田も同行した記者会見で茅ヶ崎の容疑は晴れたかと思われた矢先、その事件の目撃者である石川敦子(安達祐実)が就寝していたところを何者かに襲われてしまいます。

石川はちょうど死亡推定時刻頃、殺害現場である事務所から茅ヶ崎が出てくるところを向かいのカフェから目撃していました。

 

その後、賭博行為について黙っていたことが裏目に出て、茅ヶ崎は殺人容疑、及び殺人未遂容疑で逮捕されてしまいます。

尾関が担当することに

早速茅ヶ崎に事情を伺いに行こうとする深山(松本潤)でしたが、佐田はそんな深山を止め、今回の担当に尾関(木村文乃)を任命します。

しかし深山は尾関のサポートに回り、結局二人で茅ヶ崎の元へ向かうことに。

 

石川を襲った凶器は部屋に置いてあったモアイ像の写真立て。

凶器には茅ヶ崎の指紋が付着していたのですが、茅ヶ崎はその写真立てのことを触ったことはおろか見たこともないと言います。

意識を取り戻した石川

捜査に行き詰まりため息をつく尾関でしたが、そんな時、被害者の石川が意識を取り戻したという知らせを聞きます。

しかし石川はまだ身動きが取れないため、裁判官・検事・弁護士たちが揃って出張尋問に行くことに。

 

安田が殺害された当日の目撃情報を確認する深山。

石川は茅ヶ崎を見たと証言しますが、その証言には不可解な点があり、いまひとつ説得力にかけます。

 

事件当日は雨が降っていたのですが、その状況をより忠実に再現して調査するためにも、裁判の延期を要求する深山。

尾関の知り合いで今回の裁判官を担当する山内徹(松尾諭)は、裁判を延期するかどうか、持ち帰って検討すると言いました。

川上の助言

行きつけの食堂で山内と会う尾関。

「独り言だと思って聞いてください」と切り出すと、弁護士になったことで、裁判官の頃は検事側と弁護側を公平に判断できていると思い込んでいたことに気付いたと打ち明けます。

 

そこにエリート裁判官である川上(笑福亭鶴瓶)が。

裁判を延期しようか悩む山内に向かって「お前が選んだ道をワシは尊重する」と励ますのでした。

目撃したシーンを再現

雨が降り、石川が茅ヶ崎を目撃した時の様子を再現する深山たち。

石川がいたカフェから事務所の出入り口の様子を見れるか確認するのですが、石川は「見えませんでした」と即答。

ここまで雨が酷くなかったと主張します。

 

それを聞いて早々に帰ってしまった検事。

しかし深山は引き続き石川に、窓から見える幼稚園の名前を尋ねます。そして「大泉幼稚園」という返答を聞いて、何かに気づいた様子でした。

石川の婚約者の元を訪れる深山

その後、石川の婚約者である村野正義(永岡卓也)に話を聞きにいく深山と尾関。

村野は凶器の写真立てと同じものをお揃いで持っていたのですが、深山は村野の隙をついてその写真立てを調べます。

そしてその裏面を見て、またしても何に気付いたようでした。

石川は証言を撤回

裁判が始まり、早速雨の中検証した時の映像を流す尾関。

実験はすぐ終了するのですが、映像にはその後の石川と深山とのやりとりも収録されていました。

映像で幼稚園の名前を「大泉幼稚園」と答えている石川。しかし実際に映っていた幼稚園の看板には「菜ッ楠幼稚園」と書かれていました。

検証の前、深山たちは一時的に幼稚園の看板を入れ替えておいたのです。

石川は目に異変を抱えていて、茅ヶ崎のことを見えているはずがありませんでした。

 

また石川に凶器の写真立てを見せる尾関。

その裏にはモアイ像とかけて「相思相も愛」と書かれていたのですが、それは村野の写真立てにのみ書かれているはずの文字でした。

自分を殴打した犯人が村野だと気付いた石川は証言を撤回。

「茅ヶ崎さんは犯人ではありません」と主張します。

茅ヶ崎を犯人に仕立てようとしていた村野

村野はインサイダー取引の情報を安田に握られていました。

それをネタに脅されてしまっていたため、安田を殺害。

その時ちょうど事務所に居合わせた茅ヶ崎に罪をかぶせようとしていました。

 

村野は茅ヶ崎から写真立てにサインをしてもらったのですが、それにより茅ヶ崎の指紋を付着させることに成功。

その写真立てで石川を殴打し、すり替えておいたのです。

無事無罪を勝ち取るものの…

無罪判決を出した山内は、川上の差し金によって異動させられることになってしまいます。

私たちのせいでは、と責任を感じる尾関でしたが、山内は後悔していない様子でした。

 

事務所に戻るも、落ち込んだ様子の尾関。

佐田はそんな尾関を励まし、無理矢理握手を交わします。

その後深山とも握手を交わすのですが、深山は部屋を去る際「貸しですよ」と言い残していくのでした。

3話の感想!

「99.9-刑事専門弁護士-」の3話、いかがでしたでしょうか?

今回はより木村文乃さんがピックアップされた回になりましたね。

 

正直深山一人でも無罪を勝ち取ることはできるかもしれません。しかしそんな深山に劣等感を抱きながらも、必死についていこうとする尾関は本当に見ていて応援したくなります。

第3話にして既に弁護士になって裁判官時代に思い込みをしていたことを認めましたし、ちゃんと成長できる人は彼女のように悔しさを覚えながらも、腐らずに反省できる人なんだなと思いました。

 

また川上を筆頭に裁判官を悪に描いている99.9ですが、今回の裁判官のようなまともな正義感を持った人物がいることで、より現実味が出ましたね。

主人公たちが弁護側なので見ているこっちはどうしても弁護側に偏ってしまいますが、視聴者にしても裁判官や検事に感情移入してみることで、また違った視点で楽しみるのかなと思います。

 

また今回も小ネタやオヤジギャグが光っていましたね(笑)「大泉幼稚園」が「菜ッ楠幼稚園」なんてかなり強引にネタを入れてきました。

こういったファンをクスッとさせてくれるところも99.9の魅力だと思います。

視聴者の感想!

ここからはSNSでの視聴者の感想を紹介します!

2人の握手のシーン好きです
心が通いあっている瞬間。
「貸しですよ」と囁きながら通り過ぎる深山先生のスマートさが憎たらしいくらいカッコイイ!!
佐田先生をさんざん煽って尾崎先生をいじり倒しても、あの抑えた「貸しですよ」を言った深山先生を信じられるような表情を挟み込んできてるの、すごいなぁと思う
鶴瓶さんの存在がひたひたと怖い…!裁判官サイドが絡んでいっそう複雑性が増したのが感じられて今後の攻防戦を思うとほんとにゾクゾクする
潤くん目的で見始めたの忘れるほどのめり込んでた
あとちょくちょくある小ネタ最高笑
奈ッ楠幼稚って、チームナックスのことだよね?
なんで?なんで?録画みなおして、納得(#^.^#)
王泉幼稚園だから奈ッ楠幼稚園。大泉洋=チームナックス。洋さん、喜んでるだろうね。来月、舞台観に行きます!!!!
今日は延長が無かったせいかものすごくテンポ良く進んであっという間だった。
呟いてる暇がない!
深山先生の駄洒落4連発に「助けて~」って嘆く尾崎先生の構図が面白すぎた!良いコンビだよね~。
99.9面白すぎる〜
今のドラマで1番おもろいしょ。
深山くんまじくそ可愛かった💕
怒涛のダジャレ畳み掛けるとこ爆笑🤣

99 .9の良さは、締まるところと緩むところがジェットコースターのようにやって来て、視聴者がそれに乗っかって楽しめるところ💞

そして最後に事実がわかって冤罪が阻止され、心がすっきり晴れて日曜の夜が越せるところ✨

早くも4話観たすぎる!ついこの前まで夏だったのにもうみんなコート着てるし!てかまだ3話なのが信じられない。まだ半分もいってない。1話1話の密度が濃くて、制作に関わってる人がどれだけこの作品に込めているか、毎回22時になる度にじーんと感じてる
面白すぎて1時間があっという間だよ😆
そしてここから録画した第3話を何回見ることやら…( ´艸`)
小ネタの数々、しっかり再チェックしなきゃね🎵
見落としたらもったいない(^^)
スピード感が凄かった❗️
そして謎解きの核心が法廷で明かされて、そうだったのかぁ😳ってビックリ!
面白かったー💕😊
さあこれから小ネタ探しも楽しみだ!😎

3話の視聴率は?

「99.9-刑事専門弁護士-」の3話、気になる視聴率は16.2%でした!

前回の2話の視聴率が18.0%だったので、1.8ポイント下がってしまいましたね。

 

しかしこれでも十分好調の数字と言えるでしょう!

最近多くのドラマが10%に届くか届かないかという中、これだけの高視聴率を維持できるドラマはなかなかないでしょう。

今期のドラマの中でも99.9はトップクラスの視聴率を集めていますね。

 

「99.9-刑事専門弁護士-」の現在までに放送されている回の視聴率や、同じ時間帯の前クールに放送されたドラマとの比較はこちらの記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

「99.9-刑事専門弁護士-」視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新!

次回・4話のあらすじは?

斑目法律事務所に岩村梢(有森也実)が刑事事件の弁護で相談にやってきた。被疑者は、梢の夫で工場の社長・岩村直樹。直樹が、取引先のタナハシ機械製作所専務・棚橋幸次郎を殺害後、自殺したのだ。
その後、事件は被疑者死亡のまま書類送検されて、不起訴処分になっていた。さらに、梢は幸次郎の兄でタナハシ機械製作所の社長・政一郎(迫田孝也)から3億円の損害賠償請求をされていた。
しかし梢はその日に届いたメールから直樹は絶対に殺人を犯してないと確信していて、何としても無実を立証してほしいと依頼してきた。

佐田(香川照之)は、被疑者死亡の場合、裁判が開かれないからこれ以上の弁護は無理だと説明して、依頼を断る。しかし、深山(松本潤)は、すでに事件現場に向かっていた。

舞子(木村文乃)は連れ戻すよう佐田に指示されたが、結局深山のペースに巻き込まれる。しかし、細かく調べていく中で、警察と検察の刑事記録に矛盾があることが判明する…。

一方、佐田は直樹がエンジンに関する特許を個人で持っていて、莫大な価値があったことに気付く。政一郎は、梢に相続を放棄させることで莫大な価値があるこの特許を手に入れようとしていたのだ。
佐田は、梢の依頼を正式に引き受けて、さっそく政一郎の弁護士・森本貴(近藤芳正)に会いに行く。森本は、民事でやり手の弁護士で、佐田とは面識はないが、お互い名前を知っている、ライバル関係だった。
深山たちは状況証拠を揃えて、検察に再調査を依頼するが、跳ね除けられる。
すると佐田がある奇策を思いつく。
斑目法律事務所のメンバーは、この絶体絶命の状況をひっくり返し、無実を証明することはできるのか!?