BG 身辺警護人|2話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月25日放送)

BG 身辺警護人|2話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月25日放送)

2018年1月にスタートした「BG〜身辺警護人〜」。

主演の木村拓哉さんがボディーガードになるという大注目ドラマです!

他のボディーガード役にも斉藤工さんや菜々緒さんなど豪華キャストが集まっていますね。

そんな「BG〜身辺警護人〜」、1月25日にその2話が放送されましたが、この記事では早速そのネタバレや感想、視聴率などをまとめていきます!

「BG〜身辺警護人〜」のあらすじ・キャストまとめ!

「BG〜身辺警護人〜」のキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「BG〜身辺警護人〜」あらすじ・キャストまとめ!キムタクが今度はボディーガード!

「BG〜身辺警護人〜」の動画を無料で視聴する方法はこちら

「BG〜身辺警護人〜」を楽しみにしていた方も多いと思いますが、中には「リアルタイムの放送を見逃してしまった」「もう一度見返したい!」という方もいると思います。

そんな人のために、こちら記事では「BG〜身辺警護人〜」の動画を無料で視聴する方法を紹介しているのでぜひご覧ください!

「BG〜身辺警護人〜」見逃した動画を無料で視聴する方法とは?

以前までのネタバレ・感想はこちら

「BG〜身辺警護人〜」各話のネタバレや感想はそれぞれこちらの記事にまとめてありますので、こちらもよろしければご覧ください!

「BG〜身辺警護人〜」1話のネタバレ・感想はこちら

※最新話が放送され次第更新していきます!

「BG〜身辺警護人〜」の撮影場所・ロケ地紹介!

「BG〜身辺警護人〜」の撮影場所・ロケ地はこちらで紹介しています!

また新しいロケ地もわかり次第更新していきます!

「BG〜身辺警護人〜」撮影場所・ロケ地はどこ?アクセス方法や周辺観光地も!

まずは前回・1話のダイジェスト!

通行止めの工事現場に一台の車が

警備員の島崎章(木村拓哉)は寒空の下、路面の補修工事現場で働いていました。

現場は通行止めとなっていましたが、そこに一台の車が。

助手席にはスーツ姿の男性、後部座席にはサングラスをかけた女性が乗っていました。

なんとか通してくれないかと頼まれた島崎は、後ろから別の車が追ってきているのを見て、思わずその車を通してしまいます。

そして追いかけてきた車には記者の犬飼悟(勝地涼)たちが乗っていました。

身辺警護課に着任

翌日、島崎は警備会社の社長・今関重信(永島敏行)に呼び出され、そこで新しく発足される身辺警護課に異動するよう命じられます。

2012年に起きたある事件をきっかけにボディーガードを引退していた島崎。

ボディーガードの世界では、一度失敗したものは二度と現場に戻れないという鉄則があります。

渋る島崎でしたが、今関の強い希望に押し負け、新人ボディーガードとして復帰することになりました。

 

ブランクを取り戻すため、トレーニングを開始する島崎。

それと同時に身辺警護課・課長の村田五郎(上川達也)のほか、高梨雅也(斉藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)らと共に訓練に励みます。

立原愛子に脅迫状が

厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)。島崎が警備をしていた現場を半ば無理矢理通っていった車に乗っていたのは彼女でした。

かつては人気キャスターとして活躍していましたが、8年前に衆議院議員に立候補・当選。

その後厚生労働大臣に抜擢されましたが、そんな立原に、“元ファン代表”を名乗る人物から「退陣なくば、死の号砲が鳴る」という文面の脅迫状が届きます。

 

隅田川マラソンのスターターに選ばれていた立原。

念のため辞退することも提案されますが、脅迫に屈したくないとスターターを務めることを改めて決意します。

身辺警護課に初任務

そんな時、身辺警護課に初任務が。

クライアントは隅田川マラソンのスポンサーである大久保佐助(伊武雅刀)。

マラソンのスターターを務める立原の元に脅迫状が届いているため、万が一の場合、巻き添えを食らわないようにと身辺警護課に依頼をしてきたのです。

 

絶対に自分の身を守るよう念を押す大久保に自信満々に応じる高梨。

しかし島崎はそんな高梨と考えが食い違い、言い争いになってしまいます。

クライアントのためなら自身の命すら惜しもうとしない高梨に対して島崎は「俺は怖くない人と組むのは怖いな」と本心を漏らすのでした。

会場の下見をする島崎

立原の警護を担当するSPの落合義明(江口洋介)と偶然出会った島崎。

落合は武装することができない民間の警備会社のことをよく思っておらず、島崎は「民間の警備は用心棒と同じレベル」と馬鹿にされてしまいます。

 

その後、マラソン大会の会場の下見をする島崎。

立原の席と大久保の席を想定し、そこから襲撃パターンや脱出ルートの確保などを考慮するのでした。

しかしそんな時、課長の村田から高梨が身辺警護課を辞めるという旨を聞かされます。

スタート直後に爆発

結局高梨は任務には不参加。

島崎が代わりにリーダーを務めることになり、マラソン大会本番を迎えます。

 

会場入り口では厳重に荷物検査がされ、立原の宣言から無事マラソンはスタート。

一安心かと思われましたが、その直後に会場の一部から煙が上がり、それを爆弾かと思った観客たちは一斉に逃げ出します。

島崎たちも大久保の安全を第一に避難させようとしますが、その最中、立原が出口とは反対の方向に走っていくのを見かけた島崎は、大久保を村田たちに預け、立原を追いかけます。

 

会場に設置されているトレーニングルームで立原を発見した島崎。

するとそこに記者の犬飼が現れます。立原は犬飼に呼び出されていました。

脅迫状は立原の自作自演?

今回の騒動を引き起こした犬飼。

しかしその犬飼曰く、脅迫状は立原の自作自演だと言うのです。

過激な発言から辞任を要求する声も多く上がっていた立原は、脅迫状が届いてる中、業務を全うする姿を世間に見せつけることで自らの好感度を上げようと目論んでいました。

 

立原を逃がそうと犬飼と取っ組み合いになる島崎。

自身も負傷し手こずりますが、そこに落合たちSPが駆けつけます。

 

落合は犬飼に銃を向け牽制しますが、犬飼も立原にナイフを突きつけ、こう着状態に。

しかし島崎は落合に合図を出し、隙をついて犬飼を拘束することに成功するのでした。

島崎の過去を知る高梨

無事任務を達成した身辺警護課。

高梨からヒントをもらっていた島崎は、感謝を言うために電話をかけます。

そこで「辞めたのはあなたと組みたくなかったからです」と言う高梨の目の前にはパソコンが。

その画面には2012年にボディーガードとして働く島崎の画像が写し出されていました。

2話のあらすじを紹介!

 人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅で自転車に放火される事件が発生。一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は捜査を開始する。
裁判官の行永には警視庁のSPが付くが、妻・亜佐美(大塚寧々)にはSPがつかないため、彼女の警護は章(木村拓哉)ら、日ノ出警備保障の身辺警護課が担うことに。しかし相変わらずSPの落合(江口洋介)は章たちを邪魔者扱いし、亜佐美は「武器も持たない一般人に護ってもらうなんて…」とボディーガードが付くことに難色を示すのだった。
夫の行永がSPたちに護られながら外出すると一転、亜佐美は章とまゆ(菜々緒)を小間使いのように扱い、食器洗いや玄関の掃除を命じ始める。さらに、外出したいという亜佐美のワガママに振り回されながら買い物を続ける中、章は亜佐美を監視する何者かの視線に気付き…?

やがて、亜佐美が夫に隠していた秘密の生活が見えてくる…。判決まで残り24時間!狙われているのは、夫か、それとも…!?

2話のネタバレ!

クライアントは裁判官

身辺警護課に新しい依頼が。課長の村田(上川隆也)によると、依頼人は裁判官の行永辰夫(田中哲司)。

行永は老人ホーム殺人事件の判決を控えていたのですが、先日自宅の前で自転車が放火される事件が発生。

判決に対する脅迫なのではないかと行永にはSPがつくのですが、行永の妻・亜佐美(大塚寧々)にはつきません。

そこで行永は民間のボディーガードに依頼することにしたのです。

振り回される島崎と菅沼

亜佐美のBGを菅沼(菜々緒)、そのサポートを島崎(木村拓哉)が担当することになったのですが、亜佐美は武器を持たない島崎たちに対して不満を漏らします。

行永が家を出ると、途端に島崎と菅沼に食器洗いや掃除などの家事を命じる亜佐美。

一方で自分は外出すると言い出したのですが、不満を感じながらも指示に従っていた島崎と菅沼もさすがにそれに同行することに。

 

外出先で高級な靴を購入したり、美容院に行く亜佐美でしたが、島崎はそんな亜佐美に何か他の目的があるのではないかと違和感を覚えます。

その後、人に会うため1時間だけ一人にするよう申し出る亜佐美。

その人物とは若い男らしいのですが、妻子持ちで決して不倫などのやましい関係ではないと主張します。

 

結局島崎たちは少し離れたところから見守ることにしたのですが、亜佐美の元を訪れたのは横鉄不動産の三上勇作。

楽しそうに会話する二人、しかしよく見ると亜佐美が先ほど購入した靴が入っている紙袋がありません。

不自然に思う島崎でしたが、急に三上が席をたち、その場を去ってしまいます。

島崎がクビに

残された亜佐美はひどく落ち込んでいる様子でした。

島崎は理由を尋ねるのですが、亜佐美はそれに答えず、「狙われてるのは夫だから自分は関係ない」と言い放ちます。

しかし島崎は放火された自転車が亜佐美のものだということから狙われているのは亜佐美なのではないかと推測。

それを聞いて機嫌を損ねた亜佐美は島崎にクビを言い渡し、代わりに沢口(間宮祥太朗)が警護につくことになりました。

 

クビを宣告された島崎は、事情を行永に報告しにいきます。実は妻が男性と会っていることに感づいていた行永。

しかし裁判官としてのブランドを守るため、妻が不倫をしているなどとは表沙汰にできず、今回身辺警護課に依頼した本当の目的は妻のことを探ることでした。

 

亜佐美が会っていた人物の名前が三上勇作だということを報告した島崎。

行永は“三上”という苗字にどこか聞き覚えがあるようでした。

亜佐美が勝手に逃走

一方、菅沼たちの方は、一瞬の隙を突かれ亜佐美に逃げられてしまいます。

そこに島崎も合流するのですが、万が一失敗したら責任は取れない、と全員で必死になって捜索します。

三上のことを調べるよう村田にお願いしておいた島崎は、捜索している最中、衝撃の調査結果を知らされます。

三上の正体が明らかに

その後、なんとか亜佐美の居場所を突き止めた島崎。

亜佐美は夫に秘密で借りていたレンタルトランクルームの中にいたのですが、そこには今まで亜佐美が買い集めた高級ブランドの靴などがところぜましと並んでいました。

裁判官という窮屈な立場にいる夫を持つ亜佐美にとっては、そこが唯一の憩いの場だったのです。

 

そしてそこで亜佐美に真実を告げる島崎。

三上が妻子持ちだということは嘘。しかし全てが偽りというわけでもありません。

 

というのも、三上は行永が以前判決を下したストーカー事件の被害者の夫。

行永は容疑者に執行猶予を与えていたのですが、容疑者が自由な状態にあるプレッシャーに耐えかねた被害者は自殺。そのお腹には子供を宿していました。

 

それにより三上は行永を恨むようになるのですが、その矛先は亜佐美に。

妻を失った悲しみを行永にも味わわせようとしていました。

三上と取っ組み合いになる島崎

帰ろうとエレベーターに乗り込む島崎と亜佐美。

しかし三上が管理室からエレベーターを操作し、緊急停止させます。

そして自身の動機を話し終えると、今度はエレベーターを強制的に地下一階に下ろします。

 

エレベーターの扉が開くも、そこには誰もいません。

島崎はボタンを押し閉めようとしますが、そこにハンマーを持った三上が無理矢理入り込んできます。

 

なんとか亜佐美を逃し、三上と取っ組み合いになる島崎。

ハンマーを振り回す三上の攻撃を冷静に避けると、関節を決め、動けなくします。

そしてそこに警察が駆けつけ、三上の身柄を確保。

島崎は無理矢理連れていかれる三上の姿を見ながら「その人も被害者なんだよ…」と呟きました。

依頼は無事達成

その後、行永に報告をしにいく身辺警護課。

島崎は民間警護のことをよく思っていないSPの落合(江口洋介)に皮肉を言われてしまうのですが、島崎は車に乗り去っていく落合に向かって「武器なんかないほうが強くなれるって、そう言いたいだけです!」と叫ぶのでした。

 

島崎たちが去った後、二人きりになる行永夫妻。

お互いのことを認め、強く抱きしめ合いました。

立原愛子からに警護を頼まれる

依頼を終えた身辺警護課。

そこで村田は高梨(斎藤工)が復帰すると知らせます。

 

そしてその帰り道。

一人で歩いていた島崎ですが、一台の車が島崎のことを追い回します。

耐えかねた島崎は車に近づくのですが、中から厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)が出てきます。

「SPには知られず会わなければいけない相手がいる」とプライベートの警護をお願いしたいと言い放ちました。

2話の感想!

「BG〜身辺警護課〜」の2話、いかがでしたでしょうか?

今回も各出演者がよく活かされていた回でしたね。

 

お堅い裁判官とそんな夫が窮屈だと感じる妻。

お互いに不満を持っていましたが、最後に和解していたことからわかる通り、もともと愛し合っていたからこそ不満を持っていたんでしょうね。

 

菜々緒さんの演技も良かったですね。

警護対象である亜佐美にいいように振り回されていましたが、その時の不満そうな顔が普段の菜々緒さんらしくもあり、今回のキャラ設定としてもぴったりでした。

 

そして今回の最大の見どころシーンの一つだったエレベーターの中でもアクションシーン!

武器を持った相手を圧倒する木村拓哉さんがめちゃくちゃかっこ良かったですね!

個人的にすごいと思ったのは、取っ組み合いの中でもエレベーターのボタンを押していたこと。そのおかげでよりスムーズに警察が駆けつけることができました。

 

正直前回のアクションシーンではボコボコにされていましたよね(笑)

なので「もしかして実戦では頼りないキャラクターなのかな?」と思っていましたが、そんな心配全くの杞憂でした。

来週以降も今回のようなアクションが見たいですね!

視聴者の感想!

ここからはSNSでの視聴者の感想を紹介します!

すごいなぁBG
中身濃くて1つの回が映画並みに楽しめる 脚本がいいよね 妙なおふざけが無いのに要所要所で面白いシーンあってストーリー展開も早いから飽きずに見入ってしまう 2話も本当に良かった
再放送とBGのおかげで1日3回は
「キムタク、かっけー、旦那にしたい」
って1人で叫ぶ毎日
特に今年のさんタクはかっこよすぎて
永久保存版です。
BG見た!
今回も最高😎
島﨑さん安定のかっこよさ💟
島﨑さんにテスト疲れ癒やしてもらえた
田中奏生、反抗期を演じるまでに大きくなったなぁとしみじみ。BG。キムタクと石黒英雄のエレベーター内Wとんかちアクション、見入った。ウルトラマン仕込み。でもお姫様抱っこは不要かと。斎藤工復帰にわくわく。堅物裁判官の田中哲司、出前も取らせないとは!夫婦関係改善までしてくれるボディガード
BG始まる前にアンチがキムタクってアクションできるのか?と言ってた。
なんも見てないんだなーと溜め息。
キムタクはいつも~なんて言ってるような人達って結局なんも見てないで貶してるだけなのよ
あーそうだ!
BGは皆さん声が良い。
端正な声の江口さん。柔らかく深い声の上川さん。
耳が喜ぶ😊
アクションと人間ドラマのバランスが良くて(*´`)♡
回を重ねる度にカッコ良さ増し増しになっていく♡目線、身のこなし、会話のテンポ、呟く暇を与えてくれない。

もうどこもかしこも良くて私の文章力では表現しきれない😅

エレベーターのアクション綺麗だったなー、何度見ても飽きない!
石黒君もカッコ良かった、さすがウルトラマン(笑)
哀しい怒りを湛えてて、彼も被害者ってセリフが生きてた。

はぁ、何度も見過ぎて寝不足が辛い😆

BGってクライアントを守る人の事を全員そう呼ぶのかと思っていたら一つの任務の主任だけがBGと呼ばれるのね。昨日だと菜々緒さんがBGで彼女の判断で現場は動くのだと知りました。
今日も本当にめちゃ面白かった❗ハラハラするトコと心にじんわりくるトコとクスッと笑えるトコとどこもかしこも面白い‼️来週…橋からダイブ⁉️楽しみ過ぎる❗もうすぐにでも観たいよ
今週も面白かった!若さ故の無鉄砲さではなく、過去の傷諸々を背負い込んで出来上がった今の性格・スタンスという役どころが良いなぁ。あと隠してるつもりで隠しきれてない昔取った杵柄からの優秀さがカッコ良い!

2話の視聴率は?

注目ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の2話、気になる視聴率は15.1%でした!

前回の1話の視聴率が15.7%だったので0.6ポイント下がってしまったものの、この数字なら十分好調と言える結果ですね。

 

斉藤工さん演じる高梨が復帰し、何か一波乱ありそうな次回。

また高視聴率が期待できると思います!

 

「BG〜身辺警護人〜」の現在までに放送されている回の視聴率や、同じ時間帯の前クールに放送されたドラマとの比較はこちらの記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

「BG〜身辺警護人〜」視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新!

次回・3話のあらすじは?

 深夜に緊急の警護依頼が舞い込み、招集をかけられた島崎章(木村拓哉)ら日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーたち。一度は身辺警護課を辞めた高梨雅也(斎藤工)も復職する中、彼らに命じられた任務は『人気タレント・かのん(三吉彩花)に支給する現金一億円の警護』というものだった。
急に「引退したい」と言い出し、姿を消したかのんを連れ戻すための金だ、と説明する芸能事務所社長の坂東光英(西村まさ彦)。現金輸送の経験もある高梨を責任者とし、かのんに会うため車で出発するが、行き先もはっきりしない任務に高梨は不信感を募らせ…?

ようやく現金一億円の運び先を明かし始めた坂東。なんと、かのんは「引退する」と言い出し姿を消したのではなく、誘拐されていたのだ! 警察には知らせないで欲しい、と懇願する坂東の意思を尊重し、誘拐犯の要求した場所に金を運ぶことに。しかし、犯人との通話に成功した章は、ある違和感を覚え…?

その頃、警視庁SPの落合義明(江口洋介)は、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)から“民間の警備会社の章に警護を依頼するつもりだ”と言われ、驚がく。落合は、章を探して日ノ出警備保障に現れ…!?

「BG〜身辺警護人〜」の動画は「VOD」で視聴可能!

「BG〜身辺警護人〜」の動画はビデオオンデマンドで視聴することができます!

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、やはり放送を見逃してしまったということも少なくないと思います。また「面白かったからもう一回見たい!」という人もいるでしょう。

今なら各動画配信サービスで無料体験期間も実施していますし、「BG〜身辺警護人〜」はもちろん、他のドラマや映画の動画も楽しむことができます!

詳しくはこちらで解説しています!