きみが心に棲みついた|2話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月23日放送)

きみが心に棲みついた|2話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月23日放送)

2018年1月期にスタートしたドラマ「きみが心に棲みついた」。

吉岡里帆さん、向井理さん、桐谷健太さんのドロドロの三角関係を描いた大人の恋愛ドラマです!

 

1月23日に2話が放送されましたが、この記事ではそのネタバレや感想などをまとめて行きます!

他にも視聴率や次回予告なんかも記載しているのでぜひご覧ください!

「きみが心に棲みついた」のあらすじ・キャストまとめ!

「きみが心に棲みついた」のキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「きみが心に棲みついた」あらすじ・キャストまとめ!吉岡里帆が連ドラ初主演!

以前までのネタバレ・感想はこちら

「きみが心に棲みついた」各話のネタバレや感想はそれぞれこちらの記事にまとめてありますので、こちらもよろしければご覧ください!

「きみが心に棲みついた」1話のネタバレ・感想

※最新話が放送され次第更新していきます!

「きみが心に棲みついた」の撮影場所・ロケ地紹介!

「きみが心に棲みついた」の撮影場所・ロケ地はこちらで紹介しています!

また新しいロケ地もわかり次第更新していきます!

「きみが心に棲みついた」撮影場所・ロケ地はどこ?アクセス方法や周辺観光地も!

「きみが心に棲みついた」の衣装紹介!

「きみが心に棲みついた」で主演を務める吉岡里帆さん。劇中では“キョドコ”なんてあだ名がついていますが、衣装はかなりおしゃれですよね!

こちらの記事では吉岡里帆さんが身につけていた衣装のブランドや価格を紹介しています!

「きみが心に棲みついた」吉岡里帆の衣装のブランド・価格は?1話〜最新話まで

まずは前回・1話のダイジェスト!

挙動不審の“キョドコ”

下着メーカーに勤務する小川今日子(吉岡里帆)は極度の人見知りでいつも自分の思いを口にできない性格。

人前に出るとつい挙動不審な態度をとってしまうことから学生時代につけられたあだ名は“キョドコ”。

そして「落ち着くから」といつもストールをネジネジに巻く癖を持っていました。

 

また学生時代に付き合っていた元カレがトラウマになっていて、今もまともな恋愛ができないことが悩み。

その元カレからは今だに電話がかかってくるのですが、今日子はそれを取れずにいました。

吉崎との出会い

そんな今日子はある日、上司の堀田麻衣子(瀬戸朝香)に合コンに連れていかれます。

必死に場に馴染もうとする今日子ですが、逆に空回って「誰でもいいんですよ、ありのままの私を受け入れてくれるなら」などと口走ってしまいました。

周りにはドン引かれてしまった上、漫画編集者の吉崎幸次郎(桐谷健太)には「恋愛なんて無理じゃない?」と厳しい言葉を投げつけられてしまいますが、今日子は周りに流されない吉崎に憧れて勢いのまま告白。

しかし二人は初対面。当然吉崎には振られてしまいました。

会いたくて、会いたくなかった人との再会

その後、今日子と吉崎は偶然再会することになったのですが、吉崎に励まされ、今日子は前向きに生きる決心をします。

翌日。過去を断ち切るために携帯番号を変えようとする今日子でしたが、そこに今日子にトラウマを植えつけた張本人である星名漣(向井理)が現れます。

一番会いたくて、一番会いたくなかった人との再会。

今日子の心は大きく揺れ動きます。

吉崎と連絡を取り合うように

その後、吉崎に振り回されっぱなしの今日子。

なんとか意識しないよう心がけるも昔のトラウマが蘇り、星名の前ではどうしても平常心を保つことができません。

またほぼ確定していた新ブランドの立ち上げメンバーへの加入も、星名の根回しによってなくなってしまいました。

 

堀田はそんな今日子を慰めるため飲みに誘いますが、そこには吉崎の姿が。

周囲に励まされた今日子は前向きに仕事に打ち込もうと意気込み、吉崎ともメールのやりとりをする約束を取り付けるのでした。

新プロジェクトへの参加が決まるが…

翌日。今日子が出社すると、上司から別新プロジェクトへの参加が決まったからすぐ第二会議室に行くように、と命じられます。

今日子が急いで会議室に入ると、そこには一人の女性と星名の姿がありました。

2話のあらすじを紹介!

 今日子(吉岡里帆)は慕っていた先輩の堀田(瀬戸朝香)ではなく、星名(向井理)が率いるプロジェクトチームに参加することになった。同じチームの八木(鈴木紗理奈)は、威圧的な態度で今日子の企画を一蹴する。加えて星名が何か仕掛けてくるのではないかと今日子は不安でいっぱいになる。

 そんな時、堀田から吉崎(桐谷健太)が取材のため会社を訪れると聞き、喜び勇んだ今日子はハイヒールにミニスカートという自分らしくない格好で出社する。そしてその勢いのまま、仕事以外で関わるつもりはないと星名の誘いを断ることに成功した。しかし、吉崎とはすれ違い続けてしまう。一方、その吉崎は星名を紹介されていた。吉崎と共に取材に訪れたスズキ(ムロツヨシ)は星名の爽やかさの裏に何かあると違和感を覚える。

 星名の歓迎会に参加した今日子は、同期の飯田(石橋杏奈)と星名が親しげに話す様子にショックを受ける。必死にもう星名は関係ないと自分に言い聞かせるが、二人が手をつないでいることに気付いてしまい・・・。

2話のネタバレ!

新プロジェクトに参加することになったが

新プロジェクトに参加することになった今日子(吉岡里帆)。

急いで会議室に行くとそこには星名(向井理)の姿があり、今日子は動揺を隠しきれません。

しかももう一人のメンバーであるデザイナーの八木泉(鈴木紗理奈)はかなり口が悪くきつい性格。

挙動不審の今日子に強く当たるのですが、星名はそんな二人に「会社を立て直す新ブランドを生み出して欲しい」と言います。

吉崎が取材で来ることに

その夜、先輩の堀田(瀬戸朝香)と飲みにいっていた今日子は、明日吉崎(桐谷健太)が漫画の取材で会社を訪れることを聞きます。

 

そして翌日。

今日子は普段より服装にも気を使い上機嫌で出勤するのですが、その日に限って仕事が立て込み、同じ建物にいるはずの吉崎となかなか会うことができません。

やっとのことで仕事を片付けたのですが、堀田によると吉崎は少し前に会社を去っていったとのことでした。

 

急いで外に出る今日子。もういないかと諦めかけた時、歩いている吉崎を発見します。

嬉しさのあまり駆け寄る今日子でしたが、慣れないヒールで転んでしまい、足を挫いてしまいます。

吉崎は仕方なく今日子をおぶっていくのですが、その様子を少し離れたところから星名が睨みつけていたのでした。

ダメ出しをくらう今日子

後日、八木の元に企画書を持ち込む今日子でしたが、すぐさまダメ出しをされてしまいます。

怒鳴りつけられ、「目の前からさっさと消えてよ!」とまで言われてしまう今日子。

吉崎にメールしようとするのですが、ネガティブなことばかり言っていたら嫌われてしまうとスマホを操作する手を止めます。

 

八木に怒鳴られたことで、昔いじめられていた頃のことを思い出す今日子。

思わず「星名さん…」と口からこぼれてしまうのですが、その背後には星名が。

 

「慰めてやろうか?昔みたいに」と言うと今日子を抱き寄せます。

「離して!」と拒否する今日子でしたが、星名の顔を見ると、再び体を預けてしまいます。

飯田を口説きにかかる星名

抱き合っていた星名と今日子でしたが、そこを同僚に見られてしまい、今日子の同期であり材料課のリーダーでもある飯田(石橋杏奈)もそのことを耳にします。

星名は退社後、たまたま見かけた飯田に話しかけるのですが、その際に「小川さん(今日子)と付き合ってるんですか?」と聞かれてしまいます。

しかし星名はそれを否定。

先ほど飯田が家族と方言で通話しているところを目撃していたのですが、「今は方言を可愛く話す娘に興味があるんですけどね」と意味ありげに言います。

 

その後、一人でバーを訪れた星名。

会話の途中、マスターが「俺もいじろうかな」と自身の鼻をこするのですが、それを聞いた星名はグラスに入っていた酒を彼にひっかけます。

星名には何か秘密があるようでした。

吉崎と水族館に行くことに

何度も何度も八木に企画書を持ち込むも、ダメ出しをくらってばかりの今日子。

そのことを相談しようと堀田と二人でカフェを訪れていたのですが、そこになんと吉崎が。

吉崎は資料を受け取るため、堀田に呼び出されていたのです。

 

その後、気を使った堀田が帰宅し二人きりになるのですが、ネガティブ思考をしてばかりの今日子は上手く会話することができません。

そして咄嗟に水族館に行くことを提案。急遽二人で向かうことになりました。

 

水槽を眺めながら仕事の話をする二人。今日子の話を聞いた吉崎は「本当に好きな仕事してるんだな」と感心します。

すると近くにいた女性2人組が見せブラについて会話していました。

それを聞いてアイデアが浮かんだ今日子はすぐさまメモを取り出すのですが、吉崎のことを放ったらかしにしていることを思い出し思わず謝罪します。

それでも「続けて」と許してくれる吉崎。そんな吉崎を見て、今日子は「私やっぱり好きです、吉崎さんが」と自分の気持ちを改めて伝えるのでした。

なんとか企画を認めてもらえた?

翌日。思いついたアイデアを企画書にまとめて提出する今日子。

それに対する八木の反応は、以前よりマシになったもののやはりボツ。

 

しかし星名は今日子の企画書と八木の企画書を見比べ、「八木さんの企画と似てますね。大筋のコンセプトは一緒」と評します。

「絶対にあんたのこと認めへんから」と言う八木でしたが、今日子も「私だった八木さんに認めてもらうまで諦めません」と言い返します。

 

今日子の企画書を預かった八木は、分が悪そうに部屋を出て行きました。

母親から邪魔者扱いされ…

堀田・飯田の二人とランチをとる今日子。

そこに妹から電話がかかってきます。妹によると従姉妹が結婚することになり、その結婚式の日程を伝えに電話したとのことでした。

しかし妹の後ろでその会話を聞いていた母親。

「言わないでって言ったでしょ。親族の恥だからいないことにする」と完全に今日子を邪魔者扱いします。

 

昔から母に邪険にされてきた今日子。

しかし大学時代は、何か辛いことがある度に星名に慰めてもらっていました。

星名の歓迎会

その夜開かれた星名の歓迎会。

当初は乗り気でなかった今日子も仕事の一環として参加。その後、ファミレスで吉崎とその担当漫画家であるスズキ次郎(ムロツヨシ)から取材を受けることになっていました。

 

しかし今日子は歓迎会で星名にべったりと張り付く飯田の姿を見て複雑な心境に。

うっかり落としてしまったスマホを拾おうとかがむのですが、その時星名と飯田がテーブルの下で手を繋いでいるのが目に入ります。

 

歓迎会はそのまま二次会に進み、今日子はそろそろ吉崎の元へ向かおうとするのですが、酔いつぶれた飯田を星名が送っていこうと退出します。

思わず後を追いかける今日子。外に出ると星名は飯田をタクシーに乗せ、自分も乗り込もうとしていました。

星名と飯田が二人きりにするのをなんとか阻止しようとする今日子は「飯田さんが心配だから」と言い訳するのですが、それが嘘だと言うことを星名に簡単に見抜かれてしまいます。

飯田と二人にならないよう何度も懇願する今日子でしたが、その時吉崎から電話が。今日子は電話に出ると「私やっぱり今日行けません」とだけ伝え、電話を切ってしまいました。

 

「お前本当に醜い」と今日子に構わずタクシーを発進させる星名。

今日子は雨の中ずぶ濡れになりながら追いかけますが、結局一人取り残されてしまいました。

ずぶ濡れの姿で吉崎の前に現れた今日子

今日子に電話で「行けない」と言われ、ファミレスを去ろうとする吉崎。その時スズキが窓の外を見て驚いた表情します。

スズキが指差した方を吉崎が見ると、そこには傘もささず、ずぶ濡れになった今日子の姿がありました。

 

今日子は窓の外から吉崎に向かって「私やっぱり変われません。私醜いんです」とだけ言うと、その場を走り去ってしまいました。

急いで外に出る吉崎でしたが、既に今日子は遠くの方に行ってしまい、そこには脱ぎ捨てられた靴が残されていました。

2話の感想!

「きみが心に棲みついた」の2話、いかがでしたでしょうか?

前回にも増して衝撃的な内容でしたね。

 

吉崎の登場で今日子は徐々に変わりつつあるかと思いきや、結局は全て星名の手の平の上でしたね。

今回のラストの方での今日子の依存っぷりには驚かされっぱなしでした。

 

それにしても肝心の星名は今日子のことをどう思っているのでしょうか?

正直ただいじめたいだけならあそこまでする必要はありませんし、吉崎におぶられているところを怖いくらいに睨みつけていましたよね。

そうなるとなんだかんだ星名も今日子のことが好きなんでしょうか?飯田を口説いていたのも単純に今日子を煽るためでしょうし…。

 

あとはバーテンダーから「俺も整形しようかな」という冗談を聞いたときに激怒していましたね。

ひょっとして星名は整形していたということなんでしょうか?

少なくとも星名も何やら暗い過去を持っていそうですよね。

 

そうなると次回以降の展開がかなり気になります。

中村アンさん演じる吉崎の元カノもまだ登場していませんし、またさらにぐちゃぐちゃの恋愛模様が描かれそうです。

視聴者の感想!

ここからはSNSでの視聴者の感想を紹介します!

きみが心に棲みついた
めっちゃはまった😇✨
久しぶりに楽しみなドラマきた
「きみが心に棲みついた」の病みドSな向井理さんいい…。向井さんのファンでも無いのに、この役には魅力を感じざるを得ない。さわやかイケメンには興味無いけど、病みドSイケメンには魅力を感じてしまう方だったのか…。物語の役としてならの意味であって、リアルならドSとか絶対嫌ですが。。
きみが心に棲みついたってドラマの感想を検索したら向井理嫌いになったって言ってる人結構いるけど、向井理はそういう恐怖を与える役を演じてるのであって、そう受け取る人が多ければ多いほど彼の演技が凄いってことなんだよな。向井理すげぇな。役者ってすげぇ。かっこいい。
きみ棲みワールドに完全にはまってしまった感。ムロが心に棲みついたって気持ちわかるわぁ。ムロちゃん出た瞬間のあのほっこり安心感たるや。
キョド子が吉崎さんとの約束を破って星名さんを追いかけてしまった時、テレビに向かって「なんでー💦」と叫んでしまった。
水族館ガールしかりきみが心に棲みついたしかり桐谷健太って別にそんなにかっこよくないのになんでこんなにかっこいいんだろう、役かな、めっちゃかっこいいな、役かな
きみが心に棲みついた、ムロの絶対的安心感。ムロだいすきありがとう。

2話の視聴率は?

「きみが心に棲みついた」の2話、視聴率は8.5%でした。

前回の1話の視聴率が9.4%だったので0.9ポイント下がってしまいましたね。

 

1話からなかなかハードな内容だったので、正直視聴者によっては好き嫌いがはっきり別れる作品になりそうですね。

なのである程度ストーリーが進んでいくと視聴者が固定されて、横ばいの数字になると思われます。

 

「きみが心に棲みついた」の現在までに放送されている回の視聴率や、同じ時間帯の前クールに放送されたドラマとの比較はこちらの記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

「きみが心に棲みついた」視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新!

次回・3話のあらすじは?

 約束をすっぽかしただけではなくボロボロの状態で目の前から逃げ出した今日子(吉岡里帆)を吉崎(桐谷健太)はメールで問い質すが、今日子は上手く答えることができない。なぜなら、過去の非道な仕打ちがあっても、どうしても星名(向井理)と繋がっていたいと願う自分の気持ちに気付いてしまったのだ。

 会社では相変わらず八木(鈴木紗理奈)とは衝突してばかりで、一緒に組んでいる新プロジェクトの企画が全く進まない。しかも、星名からは実際に企画が通るのは今日子のチームと堀田(瀬戸朝香)のチームのどちらか1つだけだと告げられてしまい不安が募っていく…

 そんな時、新作下着の発表会が開催された。取材で吉崎も担当作家のスズキ(ムロツヨシ)と共に会場を訪れている。今日子も忙しく動き回っていたが、星名に呼ばれ紙袋を手渡される。中に入っていた意外な物を見て戸惑う今日子に、「俺のために生きるって、言ったよな?」という星名の言葉が突き刺さる。星名はとんでもない試練を仕組んでいたのだ…