FINAL CUT(ファイナルカット)|3話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月23日放送)

FINAL CUT(ファイナルカット)|3話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月23日放送)

2018年1月9日(火)の21:00にスタートした「FINAL CUT」。亀梨和也さん主演の復讐×禁断の恋!

SNS等で誰もが映像を発信できる現代に斬り込む、切なくも痛快な新たな復讐劇です!

1月23日にその3話が放送されましたが、この記事では早速その3話のあらすじ・ネタバレ・感想などをまとめていくので、興味がある人はぜひご覧ください!

「FINAL CUT」のあらすじ・キャストまとめ!

「FINAL CUT」のあらすじやキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「FINAL CUT(ファイナルカット)」あらすじ・キャストまとめ!亀梨和也の復讐劇×許されざる恋!

「FINAL CUT」の動画を無料で視聴する方法はこちら

「FINAL CUT」を楽しみにしていた方も多いと思いますが、中には「リアルタイムの放送を見逃してしまった」「もう一度見返したい!」という方もいると思います。

そんな人のために、こちら記事では「FINAL CUT」の動画を無料で視聴する方法を紹介しているのでぜひご覧ください!

「FINAL CUT」見逃した動画を無料で視聴する方法とは?

以前までのネタバレ・感想はこちら

「FINAL CUT」各話のネタバレや感想はそれぞれこちらの記事にまとめてありますので、こちらもよろしければご覧ください!

「FINAL CUT」1話のネタバレ・感想はこちら

「FINAL CUT」2話のネタバレ・感想はこちら

※最新話が放送され次第更新していきます!

「FINAL CUT」の撮影場所・ロケ地紹介!

「FINAL CUT」の撮影場所・ロケ地はこちらで紹介しています!

また新しいロケ地もわかり次第更新していきます!

「FINAL CUT」撮影場所・ロケ地はどこ?アクセス方法や周辺観光地も!

まずは前回・2話のダイジェスト!

朱保野大家殺人事件

ある日。慶介が運営するサイトに朱保野市で起きた大家殺人事件の報道について相談が。

相談してきたのは被害者である大家の夫。

既に容疑者の目星はついており逮捕目前というところまで迫っていましたが、「ザ・プレミアワイド」のディレクター・真崎久美子(水野美紀)が執拗な取材をしたことで、被害者が逃走してしまっていたのです。

12年前、母親に取材していた真崎

真崎は12年前に起きた事件の際も慶介の母・恭子に取材をしていた人物。

当時のインタビューの際、恭子は事件当日の夜、小河原翔太が怪しい行動をとっているところを目撃したと証言。

しかし実際の報道を見ると、視聴者を盛り上げるために恭子を犯人に仕立て上げようとする「ザ・プレミアワイド」はその証言をカットしていました。

容疑者から電話が

警察もまだ容疑者の行方を捜索している途中でしたが、そんな中容疑者から直接真崎に電話があり、なんとインタビューに応じるというのです。

カメラの前で自らの罪を認める容疑者。

しかし容疑者はインタビューを受けるかわりに真崎に金を要求していて、真崎もそれに応じていました。

真崎にファイナルカットを突きつける!

真崎の前に姿を現す慶介。

真崎を容疑者がインタビューを受けた部屋に連れていくと、そこである動画を見せます。

そしてその動画には、特ダネのためなら手段を選ばない真崎の姿が存分に映し出されており、また容疑者に金を渡しているところもしっかりと収録されていました。

慶介は計画通り真崎を手駒にすることに成功。

落胆する真崎に向かって「これがあなたのファイナルカットだ」と言い放ちました。

正体がバレてしまった慶介

また12年前の事件のことを調べていた慶介でしたが、そこに上司の高田清一郎(佐々木蔵之介)が。

高田は慶介に向かって「仕事が早くて助かるよ、中村慶介くん…。いや、早川慶介くん」と言います。

慶介は12年前に起きた事件の容疑者の息子だということがバレてしまいました。

 

3話のあらすじを紹介!

慶介(亀梨和也)は、高校生の頃、あるテレビ番組をきっかけに母・恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされ、無実の罪で亡くした男。12年後、警察官になった慶介は、母を死に追いやった番組関係者に次々と“ファイナルカット”という致命的弱点を捉えた映像を突きつけて制裁し、“ある目的”のために言いなりにしていく。人気司会者・百々瀬塁(藤木直人)率いる番組「ザ・プレミアワイド」は当時、なぜ警察よりも早く恭子への犯人扱いを始めたのか?慶介はプロデューサーの井出(杉本哲太)、ディレクター真崎(水野美紀)を問い詰めるも、「番組の方針で」という曖昧な答えしか得られないでいた。

ある日、慶介は、12年前に番組ADだった現ディレクターの小池(林遣都)が、ネットの中で“神”扱いされていることを知る。昔は報道志望だったものの、今や小さなネタばかり追いかける“暇ネタ”担当になっている小池が、職場とは全く別の顔を持つことを知った慶介は、大地(髙木雄也)と共に、今回のターゲットとして小池の動向を追い始める。 そんな中、小池は、ある中学校で生徒に暴言を吐いた女性教師・沢渡(関めぐみ)を取材し、話題を呼ぶ。しかし、その結果、沢渡は世間から厳しい目を向けられることに。そして、第2弾放送の前に、予想外の展開が起きた小池は、良心と誤報のはざまで岐路に立たされることに…。

一方、慶介は、12年前の真犯人と疑う男の妹、雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)にも接触を続けていたが、雪子から「兄が死んだ」と衝撃の告白を受けて…。

3話のネタバレ!

高田にバレてしまった慶介

12年前に起きた女児殺人事件の資料を調べていた慶介(亀梨和也)。

そこに現れた上司の高田清一郎(佐々木蔵之介)に、自分がその事件の犯人と疑われ自殺した恭子の息子だということがバレてしまいました。

事件が起きた日に小川原祥太が怪しい行動をとっていたことを訴えますが、当時事件の遺族への聞き込みを担当していた高田は、辛い思いをしたのは君だけじゃない、とまともに取り合おうとしませんでした。

ミスターひまネタと称される小池

ミスターひまネタと称される「ザ・プレミアワイド」のディレクター・小池悠人(林遣都)。

かつては報道志望だった小池ですが、現在番組ではあまり重要度の高くないニュースを担当していました。

 

しかし慶介はそんな小池がネットでは全く異なる一面を持っていことを知ります。

小池は“ゴッドアイ”というハンドルネームで掲示板に評判の悪い人物の個人情報を晒し、“神”とまで呼ばれていたのです。

暴力女教師を取材

ある日、ネットで情報収集していた小池は女教師が生徒に暴言を放っている音声を発見します。

カメラマンの皆川義和(やついいちろう)とすぐさま学校に取材に行く小池。

 

問題の女教師・沢渡(関めぐみ)は強豪合唱部の顧問を務めるのですが、ハードな練習で生徒が体調を崩すこともありました。

学校が終わった後、小池は沢渡に直接インタビューしに行くのですが、佐渡は音声が自分の声だということは認めたものの、その他の質問には一切答えようとしませんでした。

沢渡に会う慶介

小池が取材した内容が「ザ・プレミアワイド」で流れ、沢渡はすっかり暴力教師の烙印を押されてしまいます。

そんな沢渡がマスコミを避けるため学校の裏口からでると、そこには慶介が待ち構えていました。

「力になります」と近寄り、沢渡から事情を聞くことに。

 

沢渡によると、合唱部の選抜メンバーから漏れてしまった生徒が、ソロパートに抜擢された生徒にいじめをしていました。行為はだんだんエスカレートし、見かねた沢渡はいじめていた生徒を叱りつけます。

しかし叱られた生徒は反省するどころか、沢渡のことを教育委員会に告げると脅します。

沢渡はカッとなってつい暴言を吐いてしまったのですが、実はそれらの流れは全て生徒たちの計画。

その時の会話は全て録音されており、沢渡の暴言の部分だけを都合よく切り取って流出させていたのです。

 

しかし沢渡は慶介に向かって「このままでいいんです」と主張。

そして「守るなら私ではなく、どうか生徒たちを」と庇うのでした。

生徒の一人から真実を告げられた小池

一方、いじめに加担していた生徒の一人が、罪悪感に耐えきれず小池の元を訪れます。

今回の騒動が全て生徒の計画的なものだったと聞かされた小池。

その日放送するはずだった沢渡の金銭授受問題も、生徒が流したガセネタだといいうことが判明しました。

しかし既に時間は「ザ・プレミアワイド」の本番直前。結局小池は本当のことを言い出せないまま、ついに放送がスタートしてしまいました。

 

CMで一旦間が空いたスタジオ。

小池の様子がおかしいことに気がついた「ザ・プレミアワイド」の司会者・百々瀬塁(藤木直人)は本当に情報が間違いないのか問い詰めます。

言葉を返すことができない小池でしたが、「CM明けます!」という他スタッフの声を聞いて、思わず「大丈夫です」と言ってしまいます。

 

そしてCMが明けていよいよ沢渡の話題になろうとした時、百々瀬はとっさに別のニュースのことを話し始めます。

突然のアドリブにスタッフたちは困惑しますが、なんとか放送は終了。

放送後、必死に頭を下げる小池でしたが、百々瀬は呆れてスタジオを出ていってしまいました。

小池を呼び出した慶介

その後、小池がネットの掲示板に今回の生徒たちのことを書き込もうとすると、いきなりパソコンがハッキングされ、画面上に「お前が何をしたか知ってる」という文字が。

驚く小池でしたが、次に自分がリアルタイムで盗撮されている映像が流れ、「ここで待ってる」という文字と、ある場所を示した地図が表示されました。

 

小池が指定された場所に到着するとそこには慶介が。

そしてある映像を見せると、そこには小池が地面に落ちていた百々瀬のカフスを捨てているシーン、経費を横領しキャバクラで遊んでいるシーン、そして小池が今まで他人にしてきたように、小池の個人情報が表示されました。

恭子の葬儀で小池は…

動画が終了すると、慶介は小池に向かって「お前だけは違うと思っていた」と呟きます。

12年前に母・恭子の葬儀に出席していた小池。その際、上司に命令されて恭子の遺体をカメラに収めようとしていました。

当時の慶介はそれに気づいて止めるのですが、その時の小池の目には涙が浮かび、「僕にはできない」と何度も謝罪していたのでした。

小川原祥太は真犯人候補に挙がっていた

そして小川原祥太について尋ねる慶介。

なぜ彼のことを報道しなかったのか理由を問い詰めるのですが、小池にはわからないようでした。

しかし当時小川原祥太のことを調査していた小池。

小池のパソコンには当時の真犯人候補のリストがまとめられており、その中には小川原祥太も含まれていました。

 

そこまで調べたにも関わらず上の指示で却下されてしまったというのですが、慶介はその理由を調べるよう命令します。

そして最後に「これがあなたのファイナルカットです」と言い放つのでした。

小川原祥太は失踪していた

その後、小川原祥太の妹・雪子(栗山千明)から突然呼び出された慶介。

その時の雪子はひどく元気がない様子だったのですが、そんな雪子の口から突然「兄が死んだの…」という衝撃の言葉が飛び出します。

驚く慶介でしたが、雪子によると正しくは両親が死んだことにしようと提案してきたというのです。

 

というのも、海外にいると思っていた小川原祥太は実は7年前から行方不明。

ついに失踪宣告の手続きを開始するとのことでした。

 

そして不意に「吉沢(慶介が使う偽名)さんは?」と尋ねてくる雪子。

「時々辛そうな顔するからきっと何かあるんだろうなって」という雪子に何も言葉を返さなかったのですが、慶介はそっと唇を合わせるのでした。

3話の感想!

「FINAL CUT」の3話、いかがでしたでしょうか?

今回は今までと少しテイストが違いましたね。

 

被害者の女教師に接触した慶介ですが、よくよく考えれば今回は報道内容に関して結局何も関与していません。

まあどんな事情があったとしても、あそこまでの暴言を生徒に放つのは教師としてあるまじきことだと思いますが…。

 

またファイナルカットを突きつけられてしまった小池も少しかわいそうな人物でした。

確かにネットに個人情報を流出させるのは許されることではありませんが、そのターゲットは全員何かしら人に迷惑をかけていた人物でしたよね。

12年前の事件の時も真面目に調査していたようですし、本来は優しい人なんだなと思いました。

 

そして次のターゲットはカメラマンの皆川のようですね。

しかしそうなると百々瀬以外の「ザ・プレミアワイド」のメンバーには全員復讐し終えるということになりますが、その先はどうなって行くのでしょうか?

 

次回がまだ4話なので、最終回はまだまだ先。

百々瀬に復讐するストーリーが1,2回分ほどあると仮定して、残りは慶介の上司である高田のことだったり、また本命である小川原祥太についてのことですかね?

ともかく来週で第1章終幕といったところでしょうか?その後の展開が楽しみです!

視聴者の感想!

それでは次にTwitterでの視聴者の感想を紹介します!

FINAL CUT、これからどんどん面白くなりそう。

てか1時間で復讐に燃える亀梨、警察官の亀梨、冴えない系の亀梨、気さくな彼氏面の亀梨
、母のこと思い出して泣く亀梨とこんだけ変化する亀梨が観られるって最高の贅沢だと思う

TVドラマ「ファイナルカット」がすごく良い!
亀梨和也さんがこれほどの俳優さんとは思わなかった。上手すぎ…🌟
毎回 今日はどんなFINAL CUTになるのかドキドキしながら観ている
「FINAL CUT」第3話も面白かったー❗️
リアルな現代問題も絡められてて考えさせられる。
吉沢さんがとうとう…💕揺れ動く慶介くん❗️
第4話は恋愛関係がやばいことになってそう〜💦
いくつもの顔を持つ慶介くんだけど、やっぱりオリジナル慶介くんが一番好き
百々瀬と副署長の関係性が先週よりもダイレクトに描かれ、かつ今回の標的となった小池が新事実を慶介に話したことで、過去と現在が一気に繋がった感じがする。
それにしても・・・亀梨の演技うまっ!!!!雪子や若葉の彼氏と復讐に燃える人物が同一人物だと思えーんっっ!
毎回続きが気になりすぎるーーー
そして亀梨和也イケメンすぎるー
結局、暴言教師の件はメディア側の謝罪もなく自然消滅狙いか。なんかモヤるけど、今の世の中、真相を明らかにすることより、話題から消すことで忘れてもらうのが、一番いいのかもしれないな。
今週も面白かった! 依頼は受けなかったし、ターゲットへのアプローチも違ったし、パターン化しそうなところうまくズラしてる感じだー。展開も早くて先が予想できないー。
亀梨君のドラマ「FINAL CUT」
第三回視聴中。今日も面白いな。
報道被害を描いたドラマをテレビでやるのは画期的かも。

 

3話の視聴率は?

「FINL CUT」の3話、気になる視聴率は6.5%でした!

前回の2話の視聴率も同じく6.5%でしたね。

 

今回で真犯人と怪しんでいた小川原祥太が失踪しているいたことが発覚。

高田と百々瀬の関係も相変わらずよくわかりませんし、今後どのようなストーリーになっていくか気になる回になりました。

 

「FINAL CUT」の現在までに放送されている回の視聴率や、同じ時間帯の前クールに放送されたドラマとの比較はこちらの記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

「FINAL CUT」視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新!

次回・4話のあらすじ

慶介(亀梨和也)は、高校生の頃、あるテレビ番組をきっかけに母・恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされ、無実の罪で亡くした男。12年後、警察官になった慶介は、母を死に追いやった番組関係者に次々と“ファイナルカット”という致命的弱点を捉えた映像を突きつけて制裁し、“ある目的”のため言いなりにしていく。
当時、人気司会者・百々瀬塁(藤木直人)率いる番組『ザ・プレミアワイド』が、「若い男を見た」という恭子(裕木奈江)の目撃証言は放送せず、小池(林遣都)が作った犯人候補者リストも追及せずに終わっていたことを突き止めた慶介。なぜ番組は当時、警察よりも早く、恭子を犯人扱いし始めたのか?

ある日、慶介が運営するメディア被害の通報サイトに、今度は「ザ・プレミアワイド」のカメラマン・皆川義和(やついいちろう)に関する相談が寄せられる。慶介は、かつて自宅に押しかけ、執拗(しつよう)にレンズを向けて母を追いつめた皆川をターゲットにし、動向を追い始める。

一方、慶介は、『ザ・プレミアワイド』が母を犯人扱いし始めた背景に警察が絡んでいるのではないかと考え、12年前、事件を捜査していた上司の高田(佐々木蔵之介)に疑惑をぶつける。

その頃、慶介が扮(ふん)した“マモル”との恋に夢中な若葉は、マモルとの食事にサプライズで雪子を同席させることを思いつく。雪子が思いを寄せる“吉澤”がマモルと同一人物だとは知らず、マモルを待つ2人。そうとは知らない慶介は、姉妹が待つ店へと向かい……。

「FINAL CUT」の動画は「FODプレミアム」で視聴可能!

「FINAL CUT」の動画は「FODプレミアム」で配信中!

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、やはり放送を見逃してしまったということも少なくないと思います。また「面白かったからもう一回見たい!」という人もいるでしょう。

今なら「FODプレミアム」は31日間の無料体験期間も実施しているので、「FINAL CUT」はもちろん、他のドラマや映画の動画もお金をかけずに楽しむことができます!

詳しくはこちらで解説しています!