トドメの接吻|3話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月21日放送)

トドメの接吻|3話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月21日放送)

2018年1月7日にスタートした「トドメの接吻」。

山崎賢人さん演じるクズホストが謎の“キス女”に襲われ死のタイムリープに巻き込まれてしまうという邪道ラブストーリーです!

この記事では1月21日に放送された3話のネタバレや感想、視聴率などをまとめていきます!

「トドメの接吻」のあらすじ・キャストまとめ!

「トドメの接吻」のキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「トドメの接吻」あらすじ・キャストまとめ!山崎賢人がクズなイケメンホストに!

以前までのネタバレ・感想はこちら

「トドメの接吻」各話のネタバレや感想はそれぞれこちらの記事にまとめてありますので、こちらもよろしければご覧ください!

「トドメの接吻」1話のネタバレ・感想はこちら

「トドメの接吻」2話のネタバレ・感想はこちら

※最新話が放送され次第更新していきます!

「トドメの接吻」の撮影場所・ロケ地紹介!

「トドメの接吻」の撮影場所・ロケ地はこちらで紹介しています!

また新しいロケ地もわかり次第更新していきます!

「トドメの接吻」撮影場所・ロケ地はどこ?アクセス方法や周辺観光地も!

まずは前回・2話のダイジェスト!

旺太郎に何かを伝えようとするキス女

旺太郎(山崎賢人)の目の前で交通事故に遭いそうだった少年を救った女性。お礼を言う旺太郎でしたが、その女性はキス女(門脇麦)でした。

旺太郎に向かって「あなたは狙われてる。かっ…かっ…」と何かを伝えようとするキス女でしたが、旺太郎は自分の身を守るために咄嗟にキス女の首を絞めます。

しかし通行人に止められ、キス女には逃げられてしまいました。

旺太郎が殺人容疑で起訴!?

その後、キス女からの襲撃に備え極力外出を控える旺太郎。

後輩ホストの和馬(志尊淳)に身の回りの世話を頼むのですが、そんなとき美尊(新木優子)が来店することを知って迷わず出勤の準備をし始めます。

そんな旺太郎の姿を見て、和馬は「欲の塊だ…」と呆れるのでした。

 

そして出勤する旺太郎でしたが、そこに美尊の姿はありませんでした。

致し方なく美尊の友人たちに接客する旺太郎でしたが、その最中、ホストの1人が血を吐いて倒れてしまいます。

 

警察の調査によるとその原因は旺太郎のドリンクに仕込まれていた毒。

旺太郎のロッカーからはそれと同成分の薬物が見つかり、旺太郎は殺人容疑で起訴されてしまいます。

 

その後、助けにきた和馬のおかげで旺太郎は逃げ出すことに成功しますが、「全部話す」とキス女に呼び出され会いにいくことに。

キス対策としてフルフェイスのヘルメットを被っていく旺太郎でしたが、いきなり背後からキス女に刺され、結局唇を奪われてしまいました。

乗馬クラブの初乗り会

一週間前にタイムリープした旺太郎は間一髪ホストがドリンクを飲むのを阻止。

そして並樹グループが主催する並樹乗馬倶楽部の初乗り会に参加します。

なんとか美尊に接触しようと試みますが、ちょっとしたトラブル続きで、思うように会話をすることができません。

 

夜。美尊が乗馬から戻ってくるところを待ち伏せていた旺太郎。

やっとまともに話せると思った矢先、何者かが旺太郎に鉄パイプを落とし、旺太郎は瀕死の重傷を負ってしまいます。

助けを求める美尊でしたが、そこにキス女が現れ旺太郎にキス。

その光景を見て愕然とする美尊を傍らに、旺太郎は再びタイムリープしてしまいます。

謎のミュージシャンの助言

タイムリープした旺太郎は謎のストリートミュージシャン・春海一徳(菅田将暉)と再会。

キス女のことを相談する旺太郎に春海は「キス女は殺しにくるというより助けたことになる」と考察します。

そして「過去に戻れるなんて夢だよなあ」と助言するのでした。

2度目の初乗り会で

そして再び初乗り会。

旺太郎は興信所に依頼して美尊の友人の1人の弱みを握ったのですが、その友人をうまく利用し、美尊とクラブメンバーのいざこざを解決します。

当初は旺太郎の回りくどいやり方の意味に気づけず激怒した美尊でしたが、後々旺太郎に感謝することに。

 

また乗馬クラブを去ろうとする旺太郎でしたが、美尊の兄・尊氏(新田真剣佑)に声をかけられます。

その後、並樹グループの秘書・新井郡次(小市慢太郎)から「旺太郎が12年前の沈没事故の真相を探っているのかもしれない」と忠告を受ける尊氏。

2人は事件について何か秘密を知っているようでした。

和馬に呼び出されるが…

その後、キス女の住所を特定したと和馬に呼び出される旺太郎。

しかし実はそれは和馬の罠で、まんまとおびき寄せられた旺太郎は和馬に刺されてしまいます。

実は旺太郎に思いを寄せていた和馬はその思いが届かないと知り、旺太郎を殺害し自分も死のうと企てていたのです。

 

旺太郎を刺した後、和馬はその場を去っていくのですが、そこに春海一徳が。

悶え苦しむ旺太郎に向かって「だから言ったろ、サイコはエイトを助けてるって」と笑い飛ばすのでした。

3話のあらすじを紹介!

キス女・宰子さいこ(門脇麦)から旺太郎おうたろう(山﨑賢人)を守るふりをしていつも側にいた和馬かずま(志尊淳)は、旺太郎への愛が報われなかった嫉妬と逆恨みから旺太郎と心中しようとする。間一髪のところでなんとか一命を取り留めるが、負傷を負った旺太郎。病院で今までの出来事を思い起こし、宰子のキスに7日前にタイムリープする能力があることに気づき、宰子を利用しない手はないと思い立つ…。
初乗り会の後に美尊みこと(新木優子)が旺太郎を訪ねていたことを知った尊氏たかうじ(新田真剣佑)は「旺太郎が12年前の沈没事故の真相を探っているのかもしれない」という社長秘書・郡次ぐんじ(小市慢太郎)の忠告が気になっていた。郡次と尊氏は沈没事故について何か秘密を隠しているようで…。

そんな中、旺太郎の冷たい態度に逆上した逃走中の和馬が、美尊を道連れに死ぬと言い出す。旺太郎が大学に駆けつけるも間に合わず、美尊は和馬に襲われ顔に大怪我を負ってしまう。尊氏と美尊の母・京子きょうこ(高橋ひとみ)から責められ、並樹家に近づく術を絶たれた旺太郎は、宰子のキスの能力を利用してタイムリープしようと思い付く。早速宰子の居場所を突き止め、戸惑う宰子に迫り自分からキスをして…。
和馬から美尊を守るため再び時を遡った旺太郎。しかし、今度はキャンパスで旺太郎に気づいた尊氏と長谷部はせべ(佐野勇斗)が駆けつけ、思い描いた通りには行かず…。だが一方で、旺太郎は郡次が尊氏の叔父であり、尊氏は並樹家の養子だということを知る。
美尊を振り向かせて成り上がるため、旺太郎は再び宰子のもとへ。追われる立場から一転、旺太郎は“キス女”宰子につきまといその力を利用しようと躍起になるが…。

3話のネタバレ!

旺太郎が救った少女はキス女だった!

12年前の海難事件。

そこでまだ幼かった旺太郎(山崎賢人)が救った少女はキス女・佐藤宰子(門脇麦)でした。

そんな宰子は学生時代、恋人とキスをしたときに自分にタイムリープの能力が備わっていることに気がつきます。

 

そしてクリスマス。

バイトの配達でたまたまホストクラブを訪れた際に、和馬(志尊淳)が旺太郎のドリンクに毒を盛っているところを目撃。キスによるタイプリープで旺太郎を救おうとします。

 

そしてその後も何度も旺太郎を殺害しようとしてきた和馬。

しかし宰子はその度に旺太郎にキスをして助けてきたのでした。

和馬の矛先は美尊に

和馬にナイフで刺されたものの、なんとか一命をとりとめた旺太郎。

宰子にキスをされることで7日前にタイムリープすることを確信しますが、病室に和馬が。

病室の外にいた警察を呼び寄せなんとかその襲撃から逃れるものの、その直後に和馬から電話がかかってきます。

 

「勝手に一人で死んでくれ」と和馬を拒む旺太郎でしたが、和馬は「そこまで言うならエイトさんの一番欲しがっているものを一緒に連れて行きます」と告げ電話を切ります。

和馬の矛先は美尊の方を向くのでした。

顔面を負傷した美尊

美尊の大学に向かった和馬。

旺太郎も駆けつけるものの間に合わず、和馬は美尊にナイフで切り掛かりました。

命に別状はないものの顔面に切り傷を負い、深く落ち込む美尊。

美尊の兄・尊氏(新田真剣佑)はそんな美尊を慰めますが、旺太郎は美尊の母親に追い返されてしまいました。

 

その後、旺太郎は過去に戻って美尊を救うために宰子を探します。

そして住所を調べ宰子を発見すると、無理矢理その唇を奪ったのでした。

美尊を救ったのは尊氏

再びタイムリープすることに成功した旺太郎。

大学に先回りし和馬より早く美尊の元にたどり着きましたが、和馬がナイフで襲いかかってくることには変わりありません。

しかしそこで美尊を救ったのは尊氏。和馬に本を投げつけてナイフを落とさせ、周囲の人が和馬を拘束します。

 

尊氏に深く感謝する美尊とその母親。

そして旺太郎は尊氏に「もう美尊に近づかないで欲しい」と告げられてしまいます。

宰子を追い回す旺太郎

手柄を自分のものにするため、もう一度宰子にキスを迫る旺太郎。

宰子はそれを頑なに拒否しますが、旺太郎はあの手この手でしつこく付きまといます。

 

そして宰子がデリバリーのバイトをしていることを利用してプールに呼び出すのですが、そこで「あの時は死ぬのがわかってたからしただけです」と言う宰子。

それを聞いた旺太郎はプールに飛び込み、溺れるフリをします。

駆け寄る宰子を水中に引き込み、キスをすることで再びタイムリープするのでした。

美尊に恩を着せることに成功

そして三度目の和馬の襲撃。旺太郎は美尊を庇って和馬に刺されてしまいます。

尊氏たちが和馬を捉え、美尊は旺太郎を介抱します。

苦しみながらも「君のおかげで僕は本当の愛を知ることができたんだ」と語りかける旺太郎。

 

そして和馬は駆けつけた警察に連れられていくのですが、その後旺太郎は何事もなかったかのように立ち上がります。

腹部には分厚い本が挟み込まれており、旺太郎はただ刺されたフリをしていたのでした。

しかし「さっき言ったことは嘘じゃない」と告げると、その後病院で美尊とその母親から感謝の言葉を述べられるのでした。

宰子と契約を結ぼうとする旺太郎

その後、再度宰子の元を訪れる旺太郎。ディナーに連れ出すのですが、宰子は料理に手をつけようとしません。

そこで店員にデザートを持ってくるよう指示する旺太郎。宰子は出てきたチョコレートフォンデュタワーに目を輝かせるのでした。

 

旺太郎はタイプリープのことを尋ねるのですが、宰子はそれに答えようとしません。

しかし旺太郎はそこである提案を持ちかけます。

旺太郎が好きな時にキスをしてもいい代わりに、その度に宰子の願いを一つ叶えるという契約を結ぼうと交渉するのでした。

尊氏が美尊にプロポーズ

そんな時、並樹グループの社長がついに危篤に。

しかしそこで社長秘書であり尊氏の叔父でもある新井郡次(小市慢太郎)は、尊氏に美尊と結婚して並樹グループを継ぎ、自分を副社長にするよう脅します。

郡次は12年前の海難事故の証拠となる防犯カメラの映像を所持していました。

 

病院に向かう車中。郡次にプレッシャーをかけられた尊氏は、社長が亡くなれば自分は養子を抜けると言い出します。

そしてその場で美尊にプロポーズするのでした。

3話の感想!

「トドメの接吻」の3話、いかがでしたでしょうか?

今回の冒頭でいきなりキス女・宰子の正体が明かされましたね!

 

まあそうだろうなという予想はついてはいたのですが、やはり12年前に旺太郎が助けた少女は宰子でした。

今回その宰子につきまとっていた旺太郎。そのおかげで宰子について色々わかりましたが、これまでのミステリアスな雰囲気とは違い、かなりかわいい一面が見られましたね(笑)

ただなぜタイムリープの能力が身についたのかは宰子自身にもわからないようでしたが、それについてはこの先明らかになるのでしょうか?

 

また今回は尊氏役の新田真剣佑さんがかなりかっこいい回でもありました!

病室で美尊を慰めるシーン、和馬から美尊を助けたシーン、美尊にプロポーズしたシーンとピックアップされる場面がかなり多かったですね。

 

そして並樹グループの社長が危篤ということもあり、美尊を巡る争いがいよいよ激化しそうです。

今のところはまだ尊氏優勢かな?という印象ですが、個人的には少しくらい佐野勇斗さん演じる長谷部も加わってきてほしいところですね!

視聴者の感想!

ここからはSNSでの視聴者の反応を紹介します!

エイトのリープが周囲の人間にとって前向きに作用している部分も多少あったりする? 真凛は美尊に萎縮せずに本音が言えたし、カズマは逮捕されたけど憑き物落ちたし、今後エイトが尊氏と美尊の結婚を妨害しに動くとしたらそれはある意味「尊氏の闇落ちを阻止する」ことに繋がるかもだし

すごいな、このドラマ、山崎賢人に言わせたい・言ってもらいたいセリフだらけのドラマじゃないか、、、

山崎賢人『どんな男がタイプなんだよ?もしかして、俺?』

世の中の女性「はいっっ!!!!!!!!」

壁ドン王子再び!!!🔥
ヒョウ柄のロングジャケットだったり、黒いスーツだったり、袴だったり、バスローブだったり、、、
山﨑賢人のビジュアルの良さを最大限に引き出すエイト様だな😏💕
彼に「結婚しよう」言われたい。
尊氏は本気で美尊が好きだけど
この背景にあるものが…
次回ついに第4話です。
ドキドキ止まらない。
大好きなエイトに「もし生まれ変わったとしても俺はお前じゃなくて美尊さんを選ぶだろう。だから俺のことは諦めろ」って言われた時の和馬きゅんの顔見て………めっわんこ………エイトも一回くらい抱いてやれよ………可哀想だよ和馬きゅん(泣)

トドメの接吻第3話。

結構きゅんきゅんしまくりだったのと、お話がどんどん面白くなってきて前より増して日曜日が早くきて欲しいと思うようになった(/ _ ; )

本を投げてからのナイフ踏んで
そして,妹にかけよる
まっけんだから,ますますかっこよく感じられるよ♥
今日も最高でした
旺太郎がサイコちゃんに「似た者同士」とか言い出して、あいつったら適当なこと言いやがってるけど、本質をちゃんと本能で感じてるんじゃないかと思ったら、あーもー好きー!!
凸凹コンビの契約、意外とお似合いじゃない?
サイコちゃんってなんだか人魚姫思い出すんだよね…。
大切なものをひきかえに他の人の命を助けていたり、どこか誤解されたままだったり、王子様(?)が頭抱えるくらい鈍感な上、別のおなごに夢中だったり…。
志尊淳が山﨑賢人を好きすぎて一緒に死ぬために殺そうとしているという設定とキャスティング考えた人に金一封を送りたい。でもツインズのツーショットをもっと見たかった…

3話の視聴率は?

早くもキス女の謎が明らかになった「トドメの接吻」の3話、視聴率は7.1%でした!

前回の2話の視聴率が6.5%だったので0.6ポイント回復しましたね。

 

しかし欲を言えばもう少し上がって欲しいところですね。

数字が取りにくい時間帯とは言え、せっかくこんなにイケメン俳優が揃っているドラマなのですから、二桁台に届くことも決して夢ではないと思います!

 

「トドメの接吻」の現在までの視聴率や、同じ時間帯のドラマとの比較はこちらの記事でまとめてありますので、よろしければご覧ください!

「トドメの接吻」視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新!

次回・4話のあらすじは?

並樹家の養子である尊氏たかうじ(新田真剣佑)は、血の繋がりに関係なく本当の家族だと思っていた父・たかし(山田明郷)が、会社の跡継ぎを妹の美尊みこと(新木優子)に決めていることに長年複雑な思いを抱いていた。一方、そんな尊氏に、叔父で社長秘書の郡次ぐんじ(小市慢太郎)は、養子を解消して血の繋がっていない美尊と結婚し、会社の後継者となるようプレッシャーをかける。副社長の椅子を狙う郡次が尊氏の前にちらつかせるビデオテープには12年前の沈没事故のある秘密が残されているのだが…。
並樹家の金と権力を手に入れるために宰子さいこ(門脇麦)のキスによるタイムリープを利用したい旺太郎おうたろう(山﨑賢人)は、自分が望む時にキスすればその度に願いを一つ叶えるという“キスの契約”を結ぼうと持ちかけるが、旺太郎のクズぶりを嫌う宰子に逃げられてしまう。尊氏が美尊にプロポーズし婚約話が進もうとする中、旺太郎が宰子にキスされるために考えたのは自分の命をかけたとんでもない作戦だった!

無事に尊氏がプロポーズする前の過去に戻った旺太郎は、尊氏に先手を打ち美尊にプロポーズをする。さらに、尊氏が美尊に近づこうとするチャンスを潰しながら、少しずつ美尊の心に取り入っていき…。そんな中、美尊は旺太郎が落としたある結婚式の招待状を拾う。それは旺太郎の幼なじみの結婚式のもの。幼少期にいい思い出が無いので出席したくないと白状する旺太郎に、美尊は自分も一緒に行ってあげるので出席したほうがいいと提案する。そして結婚式の日、旺太郎の幼なじみの新婦から、旺太郎が不幸な境遇の中で一人生きてきた苦労人だと聞いた美尊は、ただのチャラいホストだと思っていた旺太郎の孤独な一面を知り、強く惹かれるのだが…。
その頃、宰子は育ての親である祖母が介護施設で亡くなったという連絡を受ける。美尊との関係が軌道に乗り浮かれる旺太郎の前に現れた宰子は、路上で突然キスを奪う!!倒れる二人に周囲が驚く中、その様子を見ていた春海はるみ(菅田将暉)だけはなぜか冷静で…。
想定外のタイムリープに宰子を責めつつも、祖母の死を受け入れられない宰子の力になる旺太郎。この機に乗じて宰子の信頼を得ようと軌道修正しようとするものの、一方でなぜか並樹家のことは前回のようにうまくは進まず…。

「トドメの接吻」の動画は「Hulu」で視聴可能!

「トドメの接吻」の動画は「Hulu」で配信中!

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、やはり放送を見逃してしまったということも少なくないと思います。また「面白かったからもう一回見たい!」という人もいるでしょう。

今なら「Hulu」は14日間の無料体験期間も実施しているので、「トドメの接吻」のはもちろん、他のドラマや映画の動画もお金をかけずに楽しむことができます!

詳しくはこちらで解説しています!