トドメの接吻|2話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月14日放送)

トドメの接吻|2話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも(1月14日放送)

2018年1月7日にスタートした「トドメの接吻」。

山崎賢人さん演じるクズホストが謎の“キス女”に襲われ死のタイムリープに巻き込まれてしまうという邪道ラブストーリーです!

この記事では1月14日に放送された2話のネタバレや感想、視聴率などをまとめていきます!

「トドメの接吻」のあらすじ・キャストまとめ!

「トドメの接吻」のキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「トドメの接吻」あらすじ・キャストまとめ!山崎賢人がクズなイケメンホストに!

 

以前までのネタバレ・感想はこちら

「トドメの接吻」各話のネタバレや感想はそれぞれこちらの記事にまとめてありますので、こちらもよろしければご覧ください!

「トドメの接吻」1話のネタバレ・感想はこちら

※最新話が放送され次第更新していきます!

 

「トドメの接吻」の撮影場所・ロケ地紹介!

「トドメの接吻」の撮影場所・ロケ地はこちらで紹介しています!

また新しいロケ地もわかり次第更新していきます!

「トドメの接吻」撮影場所・ロケ地はどこ?アクセス方法や周辺観光地も!

 

まずは前回・1話のダイジェスト!

源氏名「エイト」を名乗る堂島旺太郎

歌舞伎町にあるホストクラブ「ナルキッソス」で「エイト」という源氏名を名乗るNo.1ホスト・堂島旺太郎(山崎賢人)。持ち前の整った外見と偽りの愛の言葉で裕福な女性を騙し、金を搾取する最低な性格の男です。

そんな旺太郎、表面上は贅沢な生活を送っているよう見せかけていますが、実は過去に父が負った多額の借金のため質素な暮らしを送っていました。

 

謎の女にキスされ、死んでしまう!

クリスマスイブの夜。

旺太郎は後輩ホストの和馬(志尊淳)からホテル王である並樹グループの社長令嬢・並樹美尊(新木優子)が来店していることを知らされます。

美尊を次の金づるにしようと意気込む旺太郎でしたが、男子トイレに現れたサンタクロースの格好をした謎の女(門脇麦)にいきなり唇を奪われ、命を落としてしまいました…。

死んだと思った旺太郎が目を覚ますと、そこには既に体験したはずの一週間前の景色が…。

 

再びクリスマスイブが訪れるが…

一週間前に戻ったことを夢だと勘違いする旺太郎ですが、会話や景色には確かに覚えがあります。

そして再び迎えたクリスマスイブ。

美尊を手にいれるためアプローチする旺太郎でしたが、常連客の機嫌をとっている間に美尊は店を去ってしまいました。

急いで美尊を探しに行く旺太郎でしたが、再び謎の女にキスをされて命を落とし、また一週間前に戻ってしまいました。

 

3度目のクリスマスイブ

そして3度目のクリスマスイブ。

時間が戻っていることを完全に把握した旺太郎は再び美尊に接近。美尊の父が主催する乗馬クラブのパーティーに招待してもらう約束を取り付けます。

そして三度襲ってくるキス女でしたが、なんとか逃げ切ることに成功しました。

 

エイトの元を興信所の男が

キス女から逃げ切った日の翌朝。

旺太郎の元を興信所の男・根津功一(岡田義徳)が訪れます。

根津の目的は12年前の事件で遭難した旺太郎の弟・光太の捜索のための費用を回収することでした。

しかしその事件の際に父親が負った借金を肩代わりしている旺太郎にそんな余裕はなく根津を追い返しますが、路上では母親が光太を探すためのチラシを必死になって配っていました。

 

大晦日の乗馬クラブのパーティー

和馬とともに乗馬クラブのパーティーに出向く旺太郎。

そこで並樹グループの社長は具合が悪く、次期社長は美尊かその婚約者であることが有力と聞きます。しかし美尊にはお見合い相手がいました。

美尊に近づこうとする旺太郎でしたが、そのパーティー会場でなんとキス女を発見。

思わず追いかける旺太郎ですが、歩道橋から突き落とされ重傷を負ってしまいます。

そしてその手当の最中、意識が朦朧としているところを再びキス女に唇を奪われ、一週間前、つまりクリスマスイブの日に戻ってしまいました。

 

キス女が逮捕される!?

クリスマスイブにまたしてもキス女に追いかけられる旺太郎。

なんとか逃げ切ることができましたが、逃走中に出会った謎のミュージシャン(菅田将暉)に旺太郎に起こっている現象はタイムリープだということを知らされます。

翌日。

死ぬ前にキス女・小暮いさ子の出現場所をニュースで知っていた旺太郎は、キス女を捕まえ警察に引き渡します。

一安心した旺太郎は今度こそ美尊を落とそうと意気込みます。

 

美尊に手応えを感じる旺太郎

乗馬クラブの会員だった常連客に頼み込み、再びパーティー会場を訪れる旺太郎。

そして美尊のお見合い相手も自分の客を利用したハニートラップにはめ、会場から追い出すことに成功します。

そうして2人きりに持ち込んだ旺太郎。

美尊に一本のバラの造花を手渡し、確かな手応えを感じるのでした。

 

美尊の兄・尊氏は養子だった

兄の尊氏(新田真剣佑)と2人きりで話をする美尊。

実は尊氏は養子のため、並樹グループを継ぐことは難しいとされていました。

しかし美尊はそんな尊氏のことを好きだと告白します。

 

捕まったキス女は別女だった!

一方、キス女が捕まったとういニュースを見る旺太郎でしたが、そこに写っていた顔写真は別人。

捕まった小暮いさ子は旺太郎を殺そうとするキス女ではありませんでした。

そして旺太郎は再び本物のキス女と遭遇してしまいます。

2話のあらすじを紹介!

旺太郎(山﨑賢人)は自分を襲う“キスで殺す女”(門脇麦)から「あなた、狙われてるか」という謎の言葉を残され混乱する。心配しボディガードを買って出た和馬かずま(志尊淳)から暫く出歩かない方がいいと言われる旺太郎だが、どうしてもモノにしたい100億円の女・美尊みこと(新木優子)の友人の菜緒なお(堀田茜)から指名を受け出勤する。しかし、美尊に会うための糸口を探っている最中、店のバックヤードで旺太郎の栄養ドリンクを飲んだ同僚ホスト・柿崎が倒れて騒ぎに。さらに旺太郎のロッカーから毒物が見つかり、容疑者にされてしまう!和馬の助けで警察署から逃げ出した旺太郎は、イブの夜ロッカーにあった赤いルージュの「デンジャラス」というメモが毒入りドリンクの警告だったのではと思い、店へと急ぐ。すると毒物騒ぎで閉店へと追いやられた店にキス女からの呼び出しの電話がかかってきて…。
警戒しながら待ち合わせ場所に向かった旺太郎だが、なんと突然背後から包丁で刺されてしまう!意識の遠のく中、現れたキス女が再び「あなた、狙われてるか」という言葉とともに死のキスをして…。

目を覚ますと、そこは7日前のナルキッソス。旺太郎は毒入りドリンクを飲もうとしている柿崎を危機一髪のところで止め、容疑者になる運命を回避する。そんな中、再び興信所の根津ねづ(岡田義徳)が現れ、旺太郎の弟・光太の捜索協力を仰ぐため、父・あきら(光石研)の居所を教えて欲しいと話す。しかし、旺は出所後、行方不明になっており…。過去と決別したい旺太郎は根津を追い返す。
そして、並樹乗馬倶楽部の初乗り会の日。長谷部はせべ(佐野勇斗)や布袋ほてい(宮沢氷魚)から煙たがられながらも美尊の気を引こうとする旺太郎は、真凛まりん(唐田えりか)や他の部員たちが美尊に遠慮して本音を言えない中、間違いを諌め叱ってくれる尊氏たかうじ(新田真剣佑)を美尊が慕っている様子を見る。しかし、二人で話すチャンスを得た矢先、立てかけられた鉄骨が突如旺太郎目がけて倒れてきて…!!血を流し身動きが取れない旺太郎と混乱する美尊の前に再びキス女が現れて…。
そんな中、ただ一人旺太郎がタイムリープをしていることを知る春海はるみ(菅田将暉)は、キス女について意外な考えを話すが…。さらに、並樹グループの社長秘書・郡次ぐんじ(小市慢太郎)は旺太郎の過去を嗅ぎ回っていて…。未だ謎に包まれたキス女の狙いとその言葉の意味とは!?

 

2話のネタバレ!

旺太郎に何かを伝えようとするキス女

旺太郎(山崎賢人)の目の前で交通事故に遭いそうだった少年を救った女性。お礼を言う旺太郎でしたが、その女性はキス女(門脇麦)でした。

旺太郎に向かって「あなたは狙われてる。かっ…かっ…」と何かを伝えようとするキス女でしたが、旺太郎は自分の身を守るために咄嗟にキス女の首を絞めます。

しかし通行人に止められ、キス女には逃げられてしまいました。

 

旺太郎が殺人容疑で起訴!?

その後、キス女からの襲撃に備え極力外出を控える旺太郎。

後輩ホストの和馬(志尊淳)に身の回りの世話を頼むのですが、そんなとき美尊(新木優子)が来店することを知って迷わず出勤の準備をし始めます。

そんな旺太郎の姿を見て、和馬は「欲の塊だ…」と呆れるのでした。

 

そして出勤する旺太郎でしたが、そこに美尊の姿はありませんでした。

致し方なく美尊の友人たちに接客する旺太郎でしたが、その最中、ホストの1人が血を吐いて倒れてしまいます。

 

警察の調査によるとその原因は旺太郎のドリンクに仕込まれていた毒。

旺太郎のロッカーからはそれと同成分の薬物が見つかり、旺太郎は殺人容疑で起訴されてしまいます。

 

その後、助けにきた和馬のおかげで旺太郎は逃げ出すことに成功しますが、「全部話す」とキス女に呼び出され会いにいくことに。

キス対策としてフルフェイスのヘルメットを被っていく旺太郎でしたが、いきなり背後からキス女に刺され、結局唇を奪われてしまいました。

 

乗馬クラブの初乗り会

一週間前にタイムリープした旺太郎は間一髪ホストがドリンクを飲むのを阻止。

そして並樹グループが主催する並樹乗馬倶楽部の初乗り会に参加します。

なんとか美尊に接触しようと試みますが、ちょっとしたトラブル続きで、思うように会話をすることができません。

 

夜。美尊が乗馬から戻ってくるところを待ち伏せていた旺太郎。

やっとまともに話せると思った矢先、何者かが旺太郎に鉄パイプを落とし、旺太郎は瀕死の重傷を負ってしまいます。

助けを求める美尊でしたが、そこにキス女が現れ旺太郎にキス。

その光景を見て愕然とする美尊を傍らに、旺太郎は再びタイムリープしてしまいます。

 

謎のミュージシャンの助言

タイムリープした旺太郎は謎のストリートミュージシャン・春海一徳(菅田将暉)と再会。

キス女のことを相談する旺太郎に春海は「キス女は殺しにくるというより助けたことになる」と考察します。

そして「過去に戻れるなんて夢だよなあ」と助言するのでした。

 

2度目の初乗り会で

そして再び初乗り会。

旺太郎は興信所に依頼して美尊の友人の1人の弱みを握ったのですが、その友人をうまく利用し、美尊とクラブメンバーのいざこざを解決します。

当初は旺太郎の回りくどいやり方の意味に気づけず激怒した美尊でしたが、後々旺太郎に感謝することに。

 

また乗馬クラブを去ろうとする旺太郎でしたが、美尊の兄・尊氏(新田真剣佑)に声をかけられます。

その後、並樹グループの秘書・新井郡次(小市慢太郎)から「旺太郎が12年前の沈没事故の真相を探っているのかもしれない」と忠告を受ける尊氏。

2人は事件について何か秘密を知っているようでした。

 

和馬に呼び出されるが…

その後、キス女の住所を特定したと和馬に呼び出される旺太郎。

しかし実はそれは和馬の罠で、まんまとおびき寄せられた旺太郎は和馬に刺されてしまいます。

実は旺太郎に思いを寄せていた和馬はその思いが届かないと知り、旺太郎を殺害し自分も死のうと企てていたのです。

 

旺太郎を刺した後、和馬はその場を去っていくのですが、そこに春海一徳が。

悶え苦しむ旺太郎に向かって「だから言ったろ、サイコはエイトを助けてるって」と笑い飛ばすのでした。

2話の感想!

「トドメの接吻」の2話、いかがでしたでしょうか?

今回はまだ第2話なのにも関わらず波乱の展開でしたね。

 

唯一信頼できると思っていた和馬のまさかの裏切り!

正直あまりにも協力的過ぎて怪しいとは思っていたのですが、「実は旺太郎のことが好きだった」なんて本当にまさかの展開でした(笑)

現在NHKで放送されている「女子的生活」ではトランスジェンダーの役を演じている志尊淳さんですが、今期は変わった役ばかりですね。

 

またキス女の住所を探ろうとしていた旺太郎でしたが、その際利用しようとした女性に発した「今夜空いてる?」というセリフが反則的でした(笑)

あの顔であんなセリフを言われたらひとたまりもないかもしれません。

事後の女性の態度の変わり様も笑えましたね(笑)

 

しかし今回でキス女と謎のミュージシャンがますますわからなくなってしまいました。

キス女が実は旺太郎を助けようとしていたことが発覚しましたが、それならば目的はなんなのでしょう…。

また12年前の事件のことを知っている尊氏にも注目していきたいですね。

視聴者の間ではその「菅田将暉さんか新田真剣佑さんが弟なのではないか?」という憶測が飛び交っていますが…。

 

視聴者の反応!

ここからはSNSでの視聴者の反応を紹介します!

麦ちゃんは、賢人を守ってるんだよね。たぶん。だって『あなたの殺す』じゃなくて『あなた死ぬ』って言ってるから、誰かが賢人殺そうとしてて、それを麦ちゃんが守ってる、さぁ誰が殺すんだろう。

みんな結構志尊淳って名前上がってるが、

少しずつ謎が解け始めるものの、菅田将暉がまだまだミステリアスで気になる。真剣佑のキラキラ王子様感が新たな若手スター俳優の台頭を感じる。毎週時間が行ったり来たりするので集中して見ないと置いてかれるんだけど、終わる頃に「賢人くん今日もお疲れ💦」って労いたくなる😅

山崎賢人になら遊ばれてもいい。

「今夜、空いてる?」

リピートどうぞー♡

いや~…クズい山崎賢人良いわ~。今まで山崎賢人の演じる役余り観た事ないけど勝手なイメージとして「ほらほら女子はこういうのがええんやろ?キュンキュンするんやろ?」って役を演じてるイメージだったけど(どんなイメージ)何か新境地を見た感じだわ

ねぇ。山崎賢人の
「今夜、空いてる?」に殺られたんですけど。

糞ホスト似合いすぎる
思わず心臓貫かれた。笑
女がキャッてもぐった後の最後の顔もヤバい

今夜空いてるで検索したら540tweet🤣
同じこと思ってる人いすぎ。笑

春海の歌に注目ですよね。

「オラは死んじまっただ〜」
「天国へ行っただ〜」

そしてエイトと別れて

「オラは生き返っただ〜」

なんてったって彼は謎のストリートミュージシャン。歌で想いを伝える人 ♫

賢人くんの今夜空いてる?
の破壊力は測定不可😱😱😱

1話の視聴率は?

「トドメの接吻」の2話、気になる視聴率は6.5%でした。

ちなみに前回の1話の視聴率が7.4だったので0.9ポイント下がってしまいました。

 

確かにこの時間帯はあまり視聴率の良い時間帯ではないのですが、もう少し上がってほしいところですね。

正直キャストはイケメン俳優が多く出演していて申し分ないと思うので、あとは放送局の宣伝次第といったところでしょうか?

 

「トドメの接吻」の現在までの視聴率や、同じ時間帯のドラマとの比較はこちらの記事でまとめてありますので、よろしければご覧ください!

「トドメの接吻」視聴率一覧!1話〜最新話まで毎週更新!

 

次回・3話のあらすじは?

キス女・宰子さいこ(門脇麦)から旺太郎おうたろう(山﨑賢人)を守るふりをしていつも側にいた和馬かずま(志尊淳)は、旺太郎への愛が報われなかった嫉妬と逆恨みから旺太郎と心中しようとする。間一髪のところでなんとか一命を取り留めるが、負傷を負った旺太郎。病院で今までの出来事を思い起こし、宰子のキスに7日前にタイムリープする能力があることに気づき、宰子を利用しない手はないと思い立つ…。
初乗り会の後に美尊みこと(新木優子)が旺太郎を訪ねていたことを知った尊氏たかうじ(新田真剣佑)は「旺太郎が12年前の沈没事故の真相を探っているのかもしれない」という社長秘書・郡次ぐんじ(小市慢太郎)の忠告が気になっていた。郡次と尊氏は沈没事故について何か秘密を隠しているようで…。

そんな中、旺太郎の冷たい態度に逆上した逃走中の和馬が、美尊を道連れに死ぬと言い出す。旺太郎が大学に駆けつけるも間に合わず、美尊は和馬に襲われ顔に大怪我を負ってしまう。尊氏と美尊の母・京子きょうこ(高橋ひとみ)から責められ、並樹家に近づく術を絶たれた旺太郎は、宰子のキスの能力を利用してタイムリープしようと思い付く。早速宰子の居場所を突き止め、戸惑う宰子に迫り自分からキスをして…。
和馬から美尊を守るため再び時を遡った旺太郎。しかし、今度はキャンパスで旺太郎に気づいた尊氏と長谷部はせべ(佐野勇斗)が駆けつけ、思い描いた通りには行かず…。だが一方で、旺太郎は郡次が尊氏の叔父であり、尊氏は並樹家の養子だということを知る。
美尊を振り向かせて成り上がるため、旺太郎は再び宰子のもとへ。追われる立場から一転、旺太郎は“キス女”宰子につきまといその力を利用しようと躍起になるが…。

 

「トドメの接吻」の動画は「Hulu」で視聴可能!

「トドメの接吻」の動画は「Hulu」で配信中!

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、やはり放送を見逃してしまったということも少なくないと思います。また「面白かったからもう一回見たい!」という人もいるでしょう。

今なら「Hulu」は14日間の無料体験期間も実施しているので、「トドメの接吻」のはもちろん、他のドラマや映画の動画もお金をかけずに楽しむことができます!

詳しくはこちらで解説しています!