電影少女|あらすじ・キャストまとめ!ジャンプで連載されていた人気コミックがドラマ化!

電影少女|あらすじ・キャストまとめ!ジャンプで連載されていた人気コミックがドラマ化!

2018年1月13日にスタートする「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」。

かつて桂正和さんが週刊少年ジャンプで連載していた人気コミックがテレビドラマ化!

 

普通の高校生・弄内翔と謎のビデオガール・アイの奇妙な共同生活を描いた注目ドラマです。

この記事ではそんな「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」のあらすじやキャストなど、番組の詳細をまとめていきます!

「電影少女」の概要

  • キャスト 西野七瀬(乃木坂46)、野村周平、飯豊まりえ、清水尋也、大友花恋、戸次重幸、村上淳ほか
  • 脚本 喜安浩平『徳山大五郎を誰が殺したか?』、『サヨナラ、えなりくん』、『桐島、部活やめるってよ』、『幕が上がる』など
  • 原作 桂正和「電影少女」<集英社文庫(コミック版)>
  • 放送開始日 2018年1月13日
  • 放送時間 毎週土曜24:20〜
  • 放送局 テレビ東京
  • 主題歌 tofubeats

 

「電影少女」のあらすじ

親が離婚し、叔父・弄内洋太の家に居候することになった、普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いていた。しかし、彼女は翔の親友・智章に好意を抱いており、翔の恋の行方は雨模様。家庭も学校もうまくいかない日々…。そんな彼はある日叔父の家の納戸で壊れた古いビデオデッキを発見する。何かに惹かれるかのように必死でデッキを直す翔。するといきなり映像が流れ始め、そこには“ビデオガール・アイ”と称する謎の女の子の姿が。そしてビデオからアイが飛び出してきて…。翔とビデオガール・アイの3か月間の奇妙な共同生活が始まる。

登場人物/キャスト

ビデオガール・天野アイ/西野七瀬(乃木坂46)

コメント

ドラマ出演について
嬉しいです。乃木坂46を離れて一人でドラマに出るのは久しぶりです。
今回私が演じるアイは元気な子。自分とは性格がだいぶ違くて少し不安です。
まず自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。他にも、一人だけ90年代のままの女の子って設定だったりします。
大丈夫かなって気持ちはありますけど、監督もプロデユーサーさんも一緒に頑張っていきましょうと仰ってくださっています。
一所懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。がんばります。
原作漫画「電影少女」について
はじめは知らなかったです。それで読んでみたら、面白かったです。でも女の子がかわいすぎて、読むのが止まっちゃう。画の破壊力がすごすぎて、止まったり、もう一回戻ったりしちゃってじーって見ちゃうんですよ。
電影少女をドラマでやるんですよって言うと、周りで知っている人が多くて「何役?」ってすごい食いつかれます。
ジャンプの黄金期の作品ですし、知ってる人が多いみたいです。それがすごいプレッシャーになっています(笑)。
ショートカットについて
元々、いつかは切りたいなと思っていました。乃木坂卒業したらきろうかなって感じで。
乃木坂にいる間は、切りたいけど、長い方がアレンジできるし制服とかも着るので似合いやすいから切らないかなと思っていたんですけど、この役に挑戦するために20cmくらい切りました。良い機会でした。
切ってよかったなって。学生時代もずっと長かったから、人生初のショートカットです。
ここまで、首が出てるのは初めてなのでスースーするから皆に風邪ひかないでねって言われました。ひく人いるみたいです。ここが冷えて(首を押さえながら)。

 

弄内翔/野村周平

コメント

今回は若い役者さんが多く出演するドラマなのでみんなで楽しくやっていけたらと思います。 僕が演じる弄内翔は、両親が離婚していることもあり何か心に抱えているような、殻に閉じこもっている高校生です。 ですが、ビデオガール・アイと出会い一緒に過ごしていくうちに、彼は段々と変わっていきます。 原作ファンの皆さんの期待を裏切らないように精一杯演じたいと思います。 楽しみに待っていてください。

 

柴原奈々美/飯豊まりえ

 

古矢智章/清水尋也

 

大宮リカ/大友花恋

 

弄内洋太/戸次重幸

 

清水浩司/村上淳

 

脚本を担当したのは?

「喜安浩平」の画像検索結果

今回「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」の脚本を担当することになったのは喜安浩平さん!

2013年に映画『桐島、部活やめるってよ』で、第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した人気脚本家ですね。

また脚本家として以外にも俳優、声優、演出家など幅広い活躍をして、様々なヒットドラマ・映画に携わってきました。

 

代表作:『徳山大五郎を誰が殺したか?』、『サヨナラ、えなりくん』、『桐島、部活やめるってよ』、『幕が上がる』など

 

「電影少女」の原作は?

「電影少女」の画像検索結果

「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」の原作は、1989年から1992年まで週刊少年ジャンプで連載されていた桂正和さんの「電影少女」。

単行本は全15巻まで発刊されていて、他にもラジオドラマ、実写映画、OVA、小説、ゲームと様々な形でのメディアミックス展開も行われています。

 

ちなみに映画化されたのは1991年。

監督を務めたのは以前から桂正和さんの知り合いだった金田龍さんで、主人公の天野アイは坂上香織さんが演じました。

 

「電影少女」の主題歌は?

野村周平

主題歌はtofubeatsの書き下ろし楽曲に決定!

主題歌はtofubeatsの書き下ろし楽曲に決定!さらに、ドラマの本編で流れる音楽もtofubeatsが音楽監修することになりました。

tofubeatsは、現在27歳の音楽プロデューサー、トラックメーカーで、2013年に自主制作したアルバム『lost decade』がiTunes Storeで総合1位を獲得し、同年秋にはメジャー・デビュー。
音楽の知識や経験から生み出される楽曲が感度の高いリスナーを魅了してやまない、若手最注目アーティストです。今の音楽トレンドや時代の空気をすくいながら、原作が連載されていた90年代の懐かしさや切なさを体現できる稀有なミュージシャンであるtofubeatsが生み出す『電影少女2018』の音楽世界をどうぞお楽しみに!

 

tofubeatsプロフィール

1990年生まれ、神戸在住。音楽プロデューサー/DJ。2013年4月にスマッシュヒットした「水星 feat.オノマトペ大臣」を収録したアルバム「lost decade」を自主制作にて発売。同年秋には「Don’t Stop The Music」でメジャー・デビュー。以降、「First Album」「POSITIVE」「FANTSY CLUB」と3枚のアルバムやリミックス・アルバム、EP各種をリリース。

 

tofubeatsコメント

このたびまさか名作、電影少女のドラマ化に際して音楽を監修させていただけるとは夢にも思っていませんでした。主題歌はこのドラマのために書き下ろしさせていただき、劇伴は自分の他に多くの若手ミュージシャンに声を掛けて共同作業で作っていきました。ドラマの中の主人公たちのように我々もチームで登場人物たちを盛り上げたいと思います。ストーリーやビジュアルはもちろん、音楽にもみなさんぜひ注目してみてください。