昼ドラ「トットちゃん!」詳細まとめ!あらすじ・キャスト・主題歌・ロケ地など

昼ドラ「トットちゃん!」詳細まとめ!あらすじ・キャスト・主題歌・ロケ地など

2017年10月2日(月)に新しくスタートする新・昼ドラ「トットちゃん!」。

あの超大物タレント・黒柳徹子さんをモデルにし、その壮絶な人生を描くということで注目される作品ですね!

 

テレビ朝日系列「帯ドラマ劇場」枠(毎週月曜 – 金曜12:30 – 12:50)の第2弾となるドラマです。

なお「トットちゃん!」の直前には黒柳徹子本人が司会を務める「徹子の部屋」が放送されるため、その相乗効果でかなりの話題作になることが期待できます!

 

今回はそんな「トットちゃん!」のあらすじやキャストなどの詳細をまとめていきます!

 

目次

「トットちゃん!」の概要

黒柳徹子が生まれる4年前の1929年(昭和4年)の黒柳の母・朝と父・守綱の出会いから始まり、戦中・戦後の苦難の年月を経て、稀代のスターが誕生する過程とその個性が巻き起こす数々の逸話を昭和の芸能史、テレビ史を背景に笑いと涙で描く。

これまで映像化されることのなかった『窓ぎわのトットちゃん』時代の逸話も抜粋し、テレビ女優の第1期生として活動したNHK時代や、はじめて明かされる「国境を越えた恋」など、波乱万丈な黒柳の半生に迫る

ダブル主演の1人、黒柳徹子役を演じる清野菜名は本作が全国ネットの連続ドラマ初主演となり、帯ドラマ劇場枠の前作『やすらぎの郷』でのさわやかで透明感あふれる演技が制作陣の目に留まり本作への起用に至った

キャスト

清野菜名、豊嶋花、松下奈緒、山本耕史、竹中直人、高田純次、八木亜希子、佐藤B作、古村比呂、小澤征悦、高岡早紀、凰稀かなめ、黒坂真美ほか

脚本

大石静(ふたりっ子、Days、オードリー、ハンドク!!!、功名が辻、暴れん坊ママ、四つの嘘、セカンドバージンほか)

原作

オリジナル

放送開始日

10月2日(月)

放送時間

毎週月〜金曜昼12時30分

制作局

テレビ朝日

主題歌

未発表

「トットちゃん!」の公式HPはこちら

 

改めて黒柳徹子さんとは?

大変今更ではありますが、今作のモデルとなる黒柳徹子さんについて改めてまとめていきます!

プロフィール
生年月日:1933年8月9日

出身:東京都

血液型:A型

愛称:トットちゃん、チャック

職業:女優、タレント、声優、司会者、エッセイスト

黒柳徹子さんは日本でテレビが普及したのと同時に誕生したテレビタレントの先駆け的な人物です。

現在でも第一線で活躍し続けており、まさに日本のテレビ放送史を代表する芸能人の一人。

同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者としてギネス記録に認定され、今も記録を更新し続けています!

 

1953年にテレビ女優第一号の一人としてデビューし、日本放送協会に入局。

そして1976年にはいよいよ冠番組である「徹子の部屋」が放送開始!

他にも「世界・ふしぎ発見!」や「NHK紅白歌合戦」など数々の人気番組に出演・司会を務めています。

 

「トットちゃん!」のあらすじ

昭和4年、東洋音楽学校で声楽を学んでいた門山朝(松下奈緒)は、帝都交響楽団が主催する“第九演奏会”の合唱員募集のチラシを見て、友人たちと共に応募。

楽団のコンサートマスターを務めるバイオリニスト・黒柳守綱(山本耕史)と運命的な出会いを果たす。

ところが、第九演奏会の前夜、北海道で医院を開業する父・門山周通(佐藤B作)が突然、上京。

朝を連れ戻して見合いをさせるという。

叔父・井上宏(高田純次)、えつ(八木亜希子)夫妻のとりなしで、なんとか帰郷を1日延ばし、演奏会に参加することだけは許してもらう。

だが第九演奏会が終わった後、朝は家に戻らず、守綱に連れられるようにして、彼の住むアパート“乃木坂上倶楽部”へ。

守綱から一緒に暮らそうとプロポーズされるが…!?

 

登場人物/キャスト

【黒柳家】

黒柳徹子(くろやなぎ・てつこ)/清野菜名

この物語のヒロイン、“トットちゃん”。

自由奔放で好奇心旺盛な女の子。戦争に翻弄された子ども時代、戦後の激動を乗り越え、音楽学校へ進み、テレビジョンの世界に飛び込んでいく。

 

静野菜名プロフィール

生年月日:1994年10月14日

出身:愛知県

デビュー作品:ピチレモン(2007年)

代表作:まかない荘、東京無国籍少女、TOKYO TRIBEほか

 

黒柳徹子(くろやなぎ・てつこ)/豊嶋 花(子役)

この物語のヒロイン、“トットちゃん”。

幼い頃、まだ自分の名前がうまく言えなかったときに、“トット”と言い続けていたことから、このあだ名がついた。

自由奔放で好奇心旺盛な女の子。

 

豊嶋花プロフィール

生年月日:2007年3月27日

出身:東京都

デビュー作品:いないいないばあっ!(2008年)

代表作:ごちそうさん、梅ちゃん先生、あまちゃんほか

 

黒柳 朝(くろやなぎ・ちょう)/松下奈緒

徹子の母。旧姓・門山。

女優にスカウトされるほどの美女。

ゆくゆくは婿を取り、北海道の無医村にある父・周通の医院を継ぐという約束で、東京の音楽学校に通い、声楽を学んでいた。

だがある日、守綱と出会い、電撃的に同居生活をはじめてしまう。

繊細で経済観念のまるでない夫・守綱を支える、気丈な妻。

 

松下奈緒プロフィール

生年月日:1985年2月8日

出身:兵庫県

デビュー作品:仔犬のワルツ(2004年)

代表作:ゲゲゲの女房、CONTROL〜犯罪心理捜査〜、早海さんと呼ばれる日ほか

 

黒柳守綱(くろやなぎ・もりつな)/山本耕史

徹子の父。

日本を代表するバイオリニスト。

第九の演奏会で、朝にひと目惚れし、プロポーズする。

ただひたすらに妻・朝とバイオリンを愛する自由人で、真の芸術家。

第二次世界大戦末期、招集を受け、満州に送られる。

 

山本耕史プロフィール

生年月日:1976年10月31日

出身:東京都

デビュー作品:レ・ミゼラブル(1987年)

代表作:ひとつ屋根の下、新撰組!、華麗なる一族ほか

 

【井上家】

井上 宏(いのうえ・ひろむ)/高田純次

朝の母・三好の弟で、朝の母方の叔父。
音楽学校に通っていた朝を、麹町の自宅に下宿させていた。新聞社の経理部に勤めている。

 

高田純次プロフィール

生年月日:1947年1月21日

出身:東京都

デビュー作品:Mr.ジレンマン 色情狂い(1979年)

代表作:トクチョウの女〜国税局特別調査部〜、重版出来!、ようこそ、わが家へほか

 

井上えつ(いのうえ・えつ)/八木亜希子

宏の妻、朝の叔母。

女は男に仕えるべきという封建的な家制度を嫌い、朝と守綱の駆け落ちを応援する。

 

八木亜希子プロフィール

生年月日:1965年6月24日

出身:神奈川県

デビュー作品:RAMPO(1994年)

代表作:みんなのいえ、カルテット、真田丸ほか

 

【門山家】

門山周通(かどやま・しゅうつう)/佐藤B作

朝の父。大学での立身出世を捨て、北海道の無医村に医院を開いた志高き医師。

村に医療の道を開いた功績から、周囲の尊敬を集めている。

村のためにも、娘の朝は婿をもらって医院を継ぐのが定めだと信じて疑わない。

 

佐藤B作プロフィール

生年月日:1949年2月13日

出身:福島県

デビュー作品:銀河テレビ小説 ふるさとシリーズ 2 (1978年)

代表作:暴れん坊将軍III、毎度おさわがせします、お水の花道ほか

 

門山三好(かどやま・みよし)/古村比呂

朝の母、周通の妻。

夫・周通にひたすらに尽くす。

 

古村比呂プロフィール

生年月日:1965年11月24日

出身:北海道

デビュー作品:童貞物語(1985年)

代表作:チョッちゃん、サチのお寺ごはん、オー!ファーザーほか

 

【乃木坂上倶楽部】

シイナさん/小澤征悦

本名、椎名昭造(しいな・しょうぞう)。

朝と守綱が結婚生活をスタートするアパート、“乃木坂上倶楽部”1階で喫茶店を営んでいる。

インド人の父、日本人の母の間に生まれたが、父親に認知されず、母の姓を名乗る。

立派な口ひげがトレードマーク。

 

小澤征悦プロフィール

生年月日:1974年6月6日

出身:アメリカ合衆国

デビュー作品:徳川慶喜(1998年)

代表作:さくら、義経、篤姫ほか

 

伊藤華子(いとう・はなこ)/高岡早紀

日本初の国際的建築家の未亡人。

若き日に夫と出会い、共にパリに渡ったが、夫が病に倒れたため帰国。

現在は“乃木坂上倶楽部”で、ひとりで暮らし。

よき時代の思い出を胸に秘めながら、画家として生きている。ヨーロッパの自由な考え方を身に着けており、俯瞰で世の中を見つめる大人。

 

高岡早紀プロフィール

生年月日:1972年12月3日

出身:神奈川県

デビュー作品:マドラスのテレビCM(1988年)

代表作:バタアシ金魚、忠臣蔵外伝 四谷怪談、ドクターX〜外科医・大門未知子〜ほか

 

ダニー市川(ダニー・いちかわ)/新納慎也

“乃木坂上倶楽部”の住人で社交ダンスのダンサー。

伯爵令嬢の恵美子(エミー)と駆け落ちして渡米。

本場のダンスを極めて帰国し、貴族院議員の子息令嬢にダンスを教えている。

 

新納慎也プロフィール

生年月日:1975年4月21日

出身:兵庫県

デビュー作品:アラジン(1996年)

代表作:真田丸、TALK LIKE SINGING、LILIESほか

 

エミー市川(えみー・いちかわ)/凰稀かなめ

社交ダンスのダンサーである夫・ダニー市川と2人で“乃木坂上倶楽部”で暮らしている。

元は伯爵令嬢、有澤恵美子。親の反対を押し切ってダニーと駆け落ちし、アメリカへ。

2人で本場のダンスを極めて帰国し、自らもダンサーとなった。

 

凰稀かなめプロフィール

生年月日:1982年9月4日

出身:神奈川県

デビュー作品:源氏物語 あさきゆめみし(2000年)

代表作:太王四神記 Ver.II、ロミオとジュリエット、銀河英雄伝説@TAKARAZUKAほか

 

上原かなえ(うえはら・かなえ)/黒坂真美

“乃木坂上倶楽部”の住人。

“浅草とんぼ座”の女優。

夫・富夫は座付き作家。

 

黒坂真美プロフィール

生年月日:1979年2月10日

出身:兵庫県

デビュー作品:美少女H(1998年)

代表作:下剋上受験、仰げば尊し、リスクの神様ほか

 

【トモエ学園】

小林宗作(こばやし・そうさく)/竹中直人

トモエ学園校長。徹子の人生に多大な影響を与えた人物。

「きみは、本当はいい子なんだよ!」と、トットちゃんにいつも語りかけていた。

戦前には珍しい個性を伸ばすユニークな教育法を実践。

 

竹中直人プロフィール

生年月日:1956年3月20日

出身:神奈川県

デビュー作品:ぎんざNOW!(1977年)

代表作:無能の人、シコふんじゃった。、EAST MEETS WESTほか

 

三輪康子(みわ・やすこ)/宮﨑香蓮

徹子が通う“トモエ学園”の新任教師。

 

宮崎香蓮プロフィール

生年月日:1993年11月20日

出身:長崎県

デビュー作品:バッテリー(2008年)

代表作:GTO、育子からの手紙、忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜ほか

 

【青森の疎開先】

佐々木トメ(ささき・とめ)/中村メイコ

戦争中、徹子と朝が疎開した青森県の農家の祖母。

 

中村メイコプロフィール

生年月日:1934年5月13日

出身:東京都

デビュー作品:江戸っ子健ちゃん(1937年)

代表作:ノンちゃんの夢、『おやじのヒゲ』シリーズ、八代将軍吉宗

 

佐々木伸夫(ささき・のぶお)/宮川一朗太

疎開した朝と徹子が身を寄せた農家の主人。

トメの息子。

トメに頭が上がらない。

 

宮川一郎太プロフィール

生年月日:1966年3月25日

出身:東京都

デビュー作品:家族ゲーム(1983年)

代表作:半沢直樹、家族ゲーム、ゴジラVSメカゴジラほか

 

佐々木八重(ささき・やえ)/いしのようこ

伸夫の妻。

疎開してきた徹子たちを歓迎するも、複雑な思いを抱えている。

 

いしのようこプロフィール

生年月日:1968年2月20日

出身:兵庫県

デビュー作品:テディーボーイ・ブルース(1985年)

代表作:セーラー服通り、おかみさんドスコイ!!、てるてる家族ほか

 

【その後、徹子と出会う人たち】

咲子(さきこ)/趣里

徹子の音楽学校時代の同級生で、学年一の優等生。

何の因果か、徹子とその後の人生も共にすることとなっていく。

 

趣里プロフィール

生年月日:1990年9月21日

出身:東京都

デビュー作品:3年B組金八先生ファイナル(2011年)

代表作:リバース、秋の理由、メトロポリスほか

 

向田邦子(むこうだ・くにこ)/山田真歩

人気脚本家であり、直木賞作家。

ラジオドラマを執筆したことを機に、徹子と友情を育む。

 

山田真歩プロフィール

生年月日:1981年9月29日

出身:東京都

デビュー作品:人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女(2009年)

代表作:SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム、花子とアン、あしたの窓ほか

 

渥美 清(あつみ・きよし)/山崎樹範

寅さんでお馴染みの国民的俳優。

テレビ草創期、『夢であいましょう』『若い季節』などで共演。

徹子のことを“お嬢さん”とよぶ。

 

山崎樹範プロフィール

生年月日:1974年2月26日

出身:東京都

デビュー作品:スペシャル白線流し 19の春(1997年)

代表作:天体観測、Dr.コトー診療所、ラスト・フレンズほか

 

祐介・カールケルナー(ゆうすけ・かーるけるなー)/城田 優

国際的なピアニストで、徹子の国境を越えた恋の相手。

 

城田優プロフィール

生年月日:1985年12月26日

出身:東京都

デビュー作品:美少女戦士セーラームーン(2003年)

代表作:花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜、ROOKIES、天地人ほか

 

大岡龍男(おおおか・たつお)/里見浩太朗

NHK局員でNHK放送劇団五期生の担任。

徹子の無色透明な魅力に、いち早く気づき、トット様と呼んで、成長を見守っていく。

 

里見浩太朗プロフィール

生年月日:1936年11月28日

出身:静岡県

デビュー作品:天狗街道(1957年)

代表作:特別機動捜査隊、大江戸捜査網、長七郎天下ご免!ほか

 

野際陽子(のぎわ・ようこ)/真瀬樹里

NHKアナウンサーを経て、女優に転身。

徹子とはNHK新人アナウンサー時代から親友となり、その仲は生涯続いていった。

 

真瀬樹里プロフィール

生年月日:1975年1月1日

出身:東京都

デビュー作品:シュート!(1994年)

代表作:女刑事みずき〜京都洛西署物語〜、寺子屋ゆめ指南、キル・ビルVOL.1ほか

 

沢村貞子(さわむら・さだこ)/浅野ゆう子

350本以上の映画に出演し、名脇役として活躍した昭和を代表する名女優。

徹子が“かあさん”と呼び、生涯慕った。

 

浅野ゆう子プロフィール

生年月日:1960年7月9日

出身:兵庫県

デビュー作品:とびだせ初恋(1974年)

代表作:君の瞳をタイホする!、抱きしめたい!、ハートに火をつけて!ほか

 

故・野際陽子さん役をその娘・真瀬樹里さんが演じます!

今年6月13日に肺せんがんのため亡くなってしまった野際陽子さん。

実は今作でも登場する黒柳徹子さんの大親友でした。

しかしなんとその役を野際陽子さんの実の娘である真瀬樹里さんが演じることになります!

 

ちなみに真瀬樹里さんに出演のオファーをしたのは黒柳徹子さん本人のようです。

「野際陽子役」ということを聞いた真瀬さんはかなり悩んだらしいのですが、出演を決心した理由として

「実は、“ママの役を演じてほしいと言われているけど、どうしよう”と、仏壇の前で母に話しかけたんです。すると、“やって!”と天国から声が聞こえたような気が、確かにしたんです。」

と語っています。

 

実はヒロイン役の清野菜名さんは現在(9月11日)も放送されている「やすらぎの郷」で、1シーンながら実際に野際陽子さんと共演した経験もあり、顔も雰囲気もとても似ているとコメントしたそうです。

またその「やすらぎの郷」が放送されているのはテレビ朝日系列の毎週月〜金曜の12:30〜12:50、つまり今回の「トットちゃん!」は「やすらぎの郷」が終了した後、同じ時間帯に放送される予定となっています!

 

どこまで意図的に制作されているのかはわかりませんが、かなり運命的な共演ですよね!?

清野菜名さんと真瀬樹里さんが演じる二人の大女優の友情に注目です!!!

 

脚本を担当したのは?

今回「トットちゃん!」の脚本を担当したのは大石静さん!

1986年に「水曜日の恋人たち 見合いの傾向と対策」でデビューして以降、多くのテレビドラマを手がけてきたことで有名です。

また舞台出身の無名な若手俳優の抜擢に定評があり、大石静さんの作品によって有名になった俳優も数多いですね。

 

代表作:ふたりっ子、Days、オードリー、ハンドク!!!、功名が辻、暴れん坊ママ、四つの嘘、セカンドバージンほか

 

「トットちゃん!」の主題歌は?

今回「トットちゃん!」の主題歌に採用されたのは福山雅治さんの「トモエ学園」!

黒柳徹子さんの熱望により、黒柳徹子さんと交流のある福山雅治さんが楽曲を提供することに。

黒柳徹子さんの父親・守綱さんがヴァイオリニストだったことに敬意を込めて、弦楽四重奏を基調とした曲になっています。

 

「トットちゃん!」ロケ地まとめ

現在は「トットちゃん!」のロケ地の情報がまだないので、わかり次第更新します!

 

最後に

10月2日にスタートする昼ドラ「トットちゃん!」についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

黒柳徹子さんの人生がモデルになっているということで、黒柳さんや出演者のファンだけでなく、単純にテレビ好きの人ならぜひ観てみたい作品だと思います!

出演陣も豪華ですし、個人的には先ほど述べた通り、野際陽子さん役を演じる娘の真瀬樹里さんに注目ですね。

かなりドラマ性に富んだ作品になると期待できます!

 

長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

もしよろしければ、下のボタンからSNSなどでシェアしていただけると幸いです。