オーファンブラック|6話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも!(1月13日放送)

オーファンブラック|6話のネタバレと感想!次回予告・あらすじも!(1月13日放送)

2017年12月2日(土)にスタートした「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」。

現在シーズン4まで放送された人気海外ドラマの日本版リメイクになります!

 

超人気海外ドラマが原作となっているだけに、スピーディで予測不可能なストーリーに期待できますね。

また日本版の主演を務めるのはKARAの元メンバー知英(ジヨン)ですが、なんとその知英が1人で7役演じるということにも注目されています!

 

1月13日に「オーファンブラック」6話が放送されましたが、この記事ではそのネタバレや感想などをまとめていきます!

「オーファンブラック」のあらすじ・キャストまとめ!

「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」のあらすじやキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「オーファンブラック」あらすじ・キャストまとめ!主演知英が1人7役!

 

「オーファンブラック」の動画を無料で視聴する方法はこちら

「オーファンブラック」を楽しみにしていた方も多いと思いますが、中には「リアルタイムの放送を見逃してしまった」「もう一度見返したい!」という方もいると思います。

そんな人のために、こちら記事では「オーファンブラック」の動画を無料で視聴する方法を紹介しているのでぜひご覧ください!

「オーファンブラック」見逃した動画を無料で視聴する方法とは?

 

以前までのネタバレ・感想はこちら

「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」各話のネタバレや感想はそれぞれこちらの記事にまとめてありますので、こちらもよろしければご覧ください!

「オーファンブラック」1話のネタバレ・感想はこちら

「オーファンブラック」2話のネタバレ・感想はこちら

「オーファンブラック」3話のネタバレ・感想はこちら

「オーファンブラック」4話のネタバレ・感想はこちら

「オーファンブラック」5話のネタバレ・感想はこちら

※最新話が放送され次第更新していきます!

 

「オーファンブラック」の撮影場所・ロケ地紹介!

「オーファンブラック」の撮影場所・ロケ地はこちらで紹介しています!

また新しいロケ地もわかり次第更新していきます!

「オーファンブラック」撮影場所・ロケ地はどこ?アクセス方法や周辺観光地も!

 

まずは前回・5話のダイジェスト!

刑事を辞める沙羅

エレナ(知英)の元を訪れた沙羅(知英)でしたが、そこに金城(岡田浩暉)が駆けつけます。

金城に叱責される沙羅でしたが、その部屋はなんと真緒子(知英)が撃ち殺してしまった高畑智子の家でした。

「散歩中、気がついたらあそこにいた」と誤魔化そうとする沙羅でしたが、鬼気迫った表情で詰め寄る金城におされ、思わず「刑事を辞める」と言ってその場を去ってしまいます。

 

理華が萌絵に会いにいくが…

沙羅になり替わり萌絵に会いにいく理華(知英)。

養親である冴子(麻生祐未)にはなんとか正体を隠し通しきり、翌日も萌絵と公園に遊びにいく許可を得ます。

一安心して冴子の家を後にする理華と薫(西銘駿)でしたが、実の娘である萌絵には沙羅でないことがバレていました。

 

槙雄は真緒子の監視役?

家に帰ってきた槙雄(山崎育三郎)とベッドに入る沙羅でしたが、その夜奇妙な夢を見ます。

夢の中で沙羅は身体を拘束された状態で様々な機械を取り付けられたり注射を打たれたりしていました。

翌朝、洗面所で口内からおかしなチップを発見した沙羅。さらに腕部分には注射跡が。夢で起きたことは現実でした。

 

そのことを理華と泉(知英)に相談すると、槙雄は真緒子を監視するモニターではないかという憶測が。

にわかには信じがたい事実でしたが、理華は夫の勇(岩尾望)を、泉は同じ研究所の研究生を疑うようになります。

 

真緒子は槙雄の監視に気づいていた

槙雄がモニターだという証拠を見つけ出そうと家の中を捜索する沙羅。

すると一緒に探していた薫が盗聴器と真緒子の日記を発見します。

日記によると真緒子は槙雄の正体に勘付いていて、盗聴器も真緒子の所有物であることが発覚。

 

槙雄の会社を訪れた沙羅は槙雄のオフィスに盗聴器を仕掛けますが、その際に槙雄は沙羅に真緒子がトライアスロンでつけた傷跡がないことを怪しみます。

慌てて部屋を去った沙羅でしたが、その後仕掛けた盗聴器に気づかれてしまいました。

 

脇田の元を訪れる槙雄

沙羅の正体を怪しんだ槙雄はある場所を訪れますが、そこには脇田(竹中直人)が。

槙雄は脇田に監視している真緒子(沙羅)のことを報告しにきていました。

 

一方、謎の男・宇賀神(大杉漣)に介抱されたエレナ(知英)。

エレナは「オリジナルはお前だけ。コピーは全員削除しなければいけない」と沙羅たちを殺すよう再び洗脳されてしまいます。

 

沙羅が生きていることを知ったナガセ

勇を怪しんだ理華は小型監視カメラを購入しにいきますが、その際に沙羅の元恋人であるナガセ(高橋努)に遭遇してしまいます。

理華は理華のことを沙羅だと勘違いし迫り寄るナガセに催涙スプレーを吹きかけ撃退しますが、その後ナガセは沙羅と薫の元を訪れます。

しかし沙羅は理華から預かった200万円をナガセに渡し、「もう来ないで」と追い返すのでした。

 

沙羅の正体がバレてしまった!

完全に槙雄に正体がバレてしまった沙羅。

「決着をつける」と言い、槙雄が待つ家に帰るとすぐに「真緒子はどこだ」と問い詰められます。

誤魔化そうとする沙羅ですが、槙雄に銃を突きつけられ、咄嗟に「自分は真緒子の腹違いの妹」と嘘をつき、自分が真緒子になる替わるまでの経緯を明かしました。

そして真緒子の日記を突きつけ、「槙雄がモニターだということを知って真緒子は自殺した」と言い放ちました。

6話のあらすじを紹介!

 槙雄(山崎育三郎)に真緒子(知英)を監視させていたのは、ダイアード社という巨大医療機関だった。沙羅(知英)は槙雄の語る言葉に、彼もまた操られていただけなのだと知る。槙雄がモニターになったのは、医療ミスをした弟を救うために取引をしたからだったのだ。沙羅に銃を突きつける槙雄。「お前を引き渡して全部終わりにする」そんな槙雄に、沙羅は撃つなら撃てと言うが…。

そんな中、エレナ(知英)は沙羅に興味を持ち始めていた。沙羅の前に唐突に現れるエレナ。話をしようと入ったレストランで、むさぼるように料理を平らげる。エレナにとって、そんな「普通」の生活は初めてだったのだ。沙羅はエレナの育ってきた環境に思いをはせる。宇賀神(大杉漣)の「教育」について淡々と語るエレナに、沙羅は同情し、殺人をやめるよう説得しようとするが、エレナは夜中までに他のクローンの居場所を教えなければ沙羅を殺すと通告する。

理華(知英)と泉(知英)に、一部始終を報告する沙羅。泉は、自分たちが先手を取るためにもそれぞれのモニターを把握することが必要だと告げる。理華は夫の勇(岩尾望)こそ、自分のモニターだと疑っていた。白黒はっきりしたい理華は夫を拷問してでも、真実を聞こうと決意する。一方、泉の前にも、新たな人物が現れる。同郷の研究生の愛子(佐津川愛美)だ。明らかに怪しい愛子を泉は利用しようとする。そんな中、理華から呼び出された沙羅が彼女の家に駆け付けると、なぜか勇が椅子に縛り付けられていて…。

成り行きで理華の振りをすることになる沙羅。何故か、理華の親友・綾乃(滝沢沙織)や仲間たちとのパーティーに参加することに。何とかごまかそうとする沙羅だったが、そんな中、綾乃にも不審な行動が見え隠れしてくる。
泉は愛子を疑いつつ、素朴な彼女に親しみを感じ始めていた。泉は愛子に誘われ、ある科学者の講演会に出かけることに。そこにいたのは……ダイアード社の脇田(竹中直人)だった。泉は脇田がいかなる人物が気づかぬまま心酔してしまい…。

6話のネタバレ!

真緒子の自殺を悔いる槙雄

沙羅(知英)は自分が真緒子(知英)になり替わっていたいたことが槙雄(山崎育三郎)にバレてしまいました。

咄嗟に自分が真緒子の妹だと嘘をついた沙羅でしたが、槙雄も自分には弟がいたことを明かします。実は槙雄の弟は巨大医療機関・ダイアード社の外科医。

 

一方、その弟はダイアード社の科学者・脇田(竹中直人)に呼び出されていました。

脇田は槙雄のことを心配する弟に向かって「勝手な真似は許さないよ」と警告。

また槙雄は真緒子が自殺した理由が自分なのではないかと悔やみます。

 

突然エレナが接触

話がしたい、と突然沙羅の前に現れたエレナ(知英)。

エレナの怪我を心配する沙羅でしたが、エレナは宇賀神(大杉漣)に治してもらったと返答。

そして宇賀神のことを羊飼い、自分は羊だと意味ありげな言葉を発します。

 

エレナは自分はオリジナルだと主張し、沙羅から他のクローンのことを聞き出そうとします。

沙羅は情報こそ与えなかったものの、またしてもエレナを見逃してしまいました。

 

理華が夫を拷問

その後、理華(知英)に呼び出された沙羅。

理華の家に行ってみると、そこには手足を縛られ目隠しをされた理華の夫・勇(岩尾望)の姿がありました。

勇のことを自分のモニターではないかと怪しんだ理華は勇を拷問しようとするのですが、そこに親友である綾乃(滝沢沙織)が現れます。

綾乃に姿を見られた沙羅は理華と間違われ、ホームパーティーに連れていかれてしまいます。

 

槙雄に警告する脇田

そんな時、槙雄の元には脇田が。

槙雄が何かを隠しているのではないかと疑う脇田ですが、槙雄は誤魔化し、沙羅の正体を隠そうとします。

そしてダイアード社の目的を尋ねるのですが、脇田は「見ざる言わざる聞かざる」とだけ言い残し、その場を去っていきました。

 

冴子に沙羅の変化を訴える薫

沙羅の娘・萌絵の遊び相手をするために養親の冴子(麻生祐未)の家を訪れていた薫(西銘駿)。

萌絵が遊び疲れて寝てしまった後、薫は冴子が昔よく作ってくれていた“日曜チャーハン”を喜びながら口に運びます。

そして姉の沙羅が最近変わってきていること、また萌絵も沙羅と暮らしたがっていることを冴子に訴えかけます。

 

愛子と脇田の講演会に行く泉

発生進化学を専攻する泉(知英)は同じ研究所に務める愛子(佐津川愛美)と共に脇田の講演会を訪れます。

脇田の正体を知らない泉は素直に脇田の講演に感動。

講演後、脇田に挨拶をした際には「優秀そうだ」と褒められ、名刺を渡されます。

 

ナガセを追い返す槙雄

ホームパーティーから理華の家に戻ろうとする沙羅。すると理華の家では元恋人であるナガセ(高橋努)が待ち伏せていました。

仕方なく理華の家に上げ話をする2人でしたが、そこに沙羅のことをつけてきていた槙雄が。

 

しつこく沙羅に執着しようとするナガセに向かって「沙羅は俺の女だ」と主張。

それを聞いて激昂するナガセをその場にねじ伏せ、「二度と沙羅の前に現れるな」と追い返しました。

ナガセは家を出ていきましたが、そこに理華が鉢合わせます。

 

行き詰まった泉に愛子が…

オク・ヨンエ(知英)の遺伝子を調査する泉でしたが、なかなか思うように進展しません。

そんな落ち込んでいた泉の元に愛子が。

愛子に慰められ泉は気を楽にするのですが、そんな泉に愛子は「ご褒美もらっていい?」と突然キスをしたのでした。

 

その後脇田の元を訪れる愛子。

やはり愛子はダイアード社の手先として、泉の監視をしていました。

 

お互いの秘密を打ち明け合う

自分と同じ顔をした理華を槙雄に見られ、真実を話さざるを得なくなった沙羅。

真緒子とは姉妹でもなんでもなく、自分たちはクローンだということを明かします。

そして槙雄もそんな沙羅にダイアード社の存在を明かし、自殺した真緒子への償いとして、モニターを続けダイアード社の秘密を探ることを決意しました。

 

理華は勇に謝罪

一方、理華が拷問したにも関わらず何も話さなかった勇。

勇のことを信じることにした理華は謝罪。勇も「ここ最近父親をサボってた」と理華に日頃の感謝を述べ、今回の件を水に流すことに。

 

萌絵に接近するエレナ

夜。冴子から萌絵が寝る前に電話することを許可された沙羅は、最愛の娘との会話に思わず顔をほころばせます。

その後、沙羅と通話する冴子の傍らで萌絵は布団を敷いて寝ようとするのですが、そんな萌絵の寝室にはエレナが忍び込んでいました。

 

先日沙羅と接触した際に家の鍵を盗み取っていたエレナ。

家に潜入し、そこで発見した手紙から萌絵の存在を確認していたのでした。

6話の感想!

「オーファンブラック」の6話が放送されましたが、いかがでしたでしょうか?

毎回かなりのスピードでストーリーが展開されていきますが、今回は特に中身が濃かったですね。

 

そしてそれ相応に見どころもたくさんあったのですが、個人的に今回の一番の見どころは沙羅の元カレをねじ伏せた山崎育三郎さんのアクションだと思いました!

沙羅のことをしつこく付け回すナガセに視聴者もイライラしていたと思いますが、それだけにあのシーンにはスカッとしましたね!

 

また突然泉にキスをした愛子には驚きました!

登場した当初は怪しいながらもかなりドジなキャラクターだったのに、今回で一気にミステリアスさを醸し出してきましたね。

そしてそんな愛子はやはり泉のモニター。

ストーリー的には終盤に近づきつつあるので、そろそろダイアード社も動き出すと思いますが、その目的は何なのでしょうね。

 

そして最後にはついに萌絵の前に現れたエレナ!

相変わらず毎回ハラハラさせてくれますが、沙羅の娘である萌絵に接触して一体どうするつもりなのか、次回注目ですね!

 

視聴者の感想!

ここからはSNSでの視聴者の反応を紹介します!

昨日(今日)のオーファンブラック良かった〜!まさか女の子同士のキスシーンが見られるとは👩‍❤️‍💋‍👩
しかも大好きな知英ちゃん!めっちゃドキドキした💓
片思いスパイラル見れなかったからこれが初かな!
オーファンブラック怖いけど面白い
昨日知英が出てる「オーファンブラック」っていうドラマをたまたま見たんだけどあんなに日本語ペラペラになってるとは…😲すごいです😂👏✨
オーファンブラックは今日も面白かったです……!
駿くんのあの自然体に見えるお芝居の魅力はわたしの足りない脳みそでは筆舌にし難いです……
確実にかっこいいへの道をひた走ってて本当に凄いって思う
駿くん本当にオソロシイコ……!
次週が楽しみすぎましたなんですか恋が芽生えるとかあの状況でどーやって芽生えさせるんですかね楽しみです
まきおさんに気持ちが動いてるサラが切ない
沙羅の元カレ追い返す時の育三郎やばー

次回・7話のあらすじは?

 沙羅(知英)の娘・萌絵(庄野凜)が、エレナ(知英)に連れ去られる。エレナに殺意はなく、ただ萌絵と話したかったのだ。そんな萌絵は、エレナをまじまじと見つめ「ママもエレナも本物」と言う。混乱するエレナ……その直後、萌絵は交通事故に遭ってしまう。
冴子(麻生祐未)から連絡を受け、病院に駆け付けた沙羅は、萌絵が身に着けていたマフラーから、エレナが連れ出したことを知る。理華(知英)を呼び出し、拳銃を借り受ける沙羅。「どうするつもり?」「エレナを殺す」

その頃、エレナは震えていた。そこに沙羅から電話が入る。沙羅の呼び出しに応じるエレナ。だが、そんな様子を宇賀神(大杉漣)が見ていて……
一方、病院では、理華と冴子が鉢合わせしてしまう。クローンの存在を知ってしまう冴子……だが、冴子自身、抱えていた秘密があった。なぜ冴子が沙羅を引き取ったのか?そこには、驚きの事実が隠されていて…

金城(岡田浩暉)は真緒子(知英)の違和感に気付き始めていた。少しずつ身元不明の被害者の正体に迫りつつある捜査。ついに金城は沙羅の存在に気付く。
その頃、ダイアード社の脇田(竹中直人)はとある人物の指示で計画を推し進めようとしていた。すべてのクローンを管理下に……泉(知英)の元に愛子(佐津川愛美)を。理華には弁護士を差し向け、取引に応じさせようとする。
そんな中、ダイアード社のことを調べていた槙雄(山崎育三郎)は、ダイアード社に忍び込んでいた。ダイアードの本当の目的にあと一歩まで近付く槙雄。そんな中、社長室である女性と遭遇。その顔を見た槙雄の表情が驚愕に変わり…。

 

「オーファンブラック」の動画は「FODプレミアム」で視聴可能!

「オーファンブラック」の動画は「FODプレミアム」で配信中!

毎週放送を楽しみにしている人も多いと思いますが、やはり放送を見逃してしまったということも少なくないと思います。また「面白かったからもう一回見たい!」という人もいるでしょう。

今なら「FODプレミアム」は31日間の無料体験期間も実施しているので、「オーファンブラック」はもちろん、他のドラマや映画の動画もお金をかけずに楽しむことができます!

詳しくはこちらで解説しています!