「監獄のお姫さま」視聴率一覧!第一話〜最新話まで毎週更新!

「監獄のお姫さま」視聴率一覧!第一話〜最新話まで毎週更新!

10月17日にいよいよスタートした火曜ドラマ「監獄のお姫さま」。

主演の小泉今日子さんをはじめとした豪華女優陣が夢の共演をする「おばさん犯罪エンターテインメント」です!!!

 

罪人と刑務官という絶対に相容れない関係の両者がなんと協力して復習を計画!

しかもターゲット役であるイケメン社長を務めるのは伊勢谷友介さん、そして脚本を担当するのは宮藤官九郎さんです。

 

この記事ではそんな「監獄のお姫さま」の第一話〜最新話までの視聴率をまとめていきます。

他にも様々な情報を掲載しますので、興味がある方はぜひご覧ください!

「監獄のお姫さま」あらすじ・キャストまとめ!

「監獄のお姫さま」のキャストなど、番組の基本情報はこちらの記事で詳しく紹介しているので、よろしければご覧ください!

「監獄のお姫さま」あらすじ・キャストまとめ!宮藤官九郎脚本の犯罪エンタメドラマ!

 

第一話のあらすじは?

年の瀬も押し迫ったクリスマスイブ、カリスマ経済アナリストとして有名な 勝田千夏 (菅野美穂) とイケメン社長として人気を集める 板橋吾郎 (伊勢谷友介) は、テレビ番組にゲスト出演していた。久しぶりに再会した千夏と吾郎は、何やら親密な様子。そんな中、収録中に AD が出したカンペに “息子が誘拐された” と書いてあり驚く吾郎。実は、スタジオに入り込んだ 馬場カヨ (小泉今日子) がすり替えたものだった。
一体何が起こったのか !?

その後、朝から吾郎とその家族の動向を見張っていたカヨは、大門洋子 (坂井真紀)、足立明美 (森下愛子) と連絡を取り合って郊外のアウトレットへ向かった。
あることがきっかけで、吾郎の息子を誘拐しようとするカヨたちだが、洋子が違う子を連れてきてしまい大混乱。皆で計画を立てた復讐ノートを見て、どうにか立て直そうとするカヨたち。どうすればいいかわからず 若井ふたば (満島ひかり) に泣き付くが…。

 

「監獄のお姫さま」の視聴率一覧!

小泉今日子さんをはじめとした豪華女優陣が夢の共演をする注目のドラマ「監獄のお姫さま」。

現在までに放送された回の視聴率をまとめていきます!

No 放送日 視聴率
第一話 10月17日 9.6%
第二話 10月24日 9.6%
第三話 10月31日 6.5%
第四話 11月7日 7.8%
第五話 11月14日 8.0%
第六話 11月21日 7.9%
第七話 11月28日 5.5%
第八話 12月5日 6.6%
第九話 12月12日 8.2%
最終話 12月19日 7.1%

「監獄のお姫さま」の視聴率はこのようになりました!

前クールドラマの視聴率と比較!

「監獄のお姫さま」の視聴率を他のドラマと比較するために、ここからはこれまでに同じ時間帯で放送されていたドラマの視聴率を紹介します!

カンナさーん!

放送期間:2017年夏

主演:渡辺直美

初回視聴率:12.1%

最終回視聴率:10.1%

平均視聴率:10.1%

あなたのことはそれほど

放送期間:2017年春

主演:波留

初回視聴率:11.1%

最終回視聴率:14.8%

平均視聴率:11.1%

カルテット

放送期間:2017年冬

主演:松たか子

初回視聴率:9.8%

最終回視聴率:9.8%

平均視聴率:8.9%

逃げるは恥だが役に立つ

放送期間:2016年秋

主演:新垣結衣

初回視聴率:10.2%

最終回視聴率:20.8%

平均視聴率:14.58%

せいせいするほど、愛してる

放送期間:2016年夏

主演:滝沢秀明

初回視聴率:9.3%

最終回視聴率:9.1%

平均視聴率:7.92%

重版出来!

放送期間:2016年春

主演:黒木華

初回視聴率:9.2%

最終回視聴率:8.9%

平均視聴率:8.02%

 

ここ最近、「監獄のお姫さま」と同じ時間帯に放送されたドラマの初回視聴率・最終回視聴率・平均視聴率をまとめてみましたが、いかがでしょうか?

この時間枠に放送されたドラマの中で印象深いものはやはり「逃げ恥」こと「逃げるは恥だが役に立つ」ですよね!

主演を務めたのは国民的人気女優である新垣結衣さんで、放送されたのはちょうど一年前の2016年秋です。

 

そして「逃げ恥」ほどではありませんが、その放送以降、この時間帯のドラマの視聴率が徐々に上がってきているのもわかります!

前期に放送された「カンナさーん!」なんかは主演が渡辺直美さんなど話題性が高いものが多いですね。

 

今回の「監獄のお姫さま」も人気ベテラン女優が多く出演しますし、話題性も十分!

ますますこの時間帯が盛り上げっていくことが期待できます。