さくらの親子丼2|3話の見逃し動画の無料視聴はこちら!

2018年12月1日(土)にスタートした「さくらの親子丼2」

食事を通じ子どもたちと向き合うさくらさんを描くオリジナルドラマが復活します!

 

シリーズ1では子供達に希望の手を差し伸べるさくらさんに心満たされるファンも多かったですよね。

そこでこの記事ではそんなさくらの親子丼2の動画を無料で視聴する方法を紹介します!

放送を楽しみにしていたけど見逃してしまったという人はぜひご覧ください!

 

まずは「さくらの親子丼2」3話のあらすじを紹介!

 さくら(真矢ミキ)が通うようになってから、「ハチドリの家」の雰囲気に変化が訪れる。香(塩野瑛久)はチンピラたちを手玉に取って追い返したさくらを見て、すっかり心酔したようだった。女子たちも全員で食卓を囲むことが増えて以来、“女子会”で盛り上がることがあった。茜(柴田杏花)は心配してくれる川端(柄本時生)の優しさを自分への愛情と勘違いしていた。シェルターの子どもたちは、人に優しくされたことが殆どなく、その優しさが仇にならなければいいがと鍋島(相島一之)から聞かされるさくらだった。

ある日、由夏(岡本夏美)は東大の医学部を目指すほど優秀な詩(祷キララ)から「通っている図書館で気になる男子がいるのだが、どうやって打ち解ければいいのかわからない」と相談を受ける。これまで勉強しかしてこなかったため、人とのコミュニケーションの取り方が思いつかない詩に由夏は驚きつつ、ありのままの素直な自分を見せるようアドバイスする。

図書館で彼から話しかけられた詩は由夏に言われた通り、ありのままの自分を話し始めるが、それが徐々にエスカレートし始め……。

青森県の弘前で病院を営む一家に生まれた詩は、ある理由から病院の跡を継ぐよう、父親から強いプレッシャーを受けていた。いくら勉強しても、結果が出ないと父に暴力を振るわれていた詩は生きることに疲れ、家を飛び出して自ら死のうとしたのだ。その際、親切な男に助けられたものの、男は詩にとんでもないことを強要して…。

父親への復讐のために人生を勉強にのみ費やし、感情を表に出すこともない詩をさくらも心配する。そんな折、いつもの夕食の投票が行われ、その中の一票に「鍋焼きうどん」があった。ピンときたさくらは、詩の受験勉強の夜食にと、熱々の鍋焼きうどんを持って行く。うどんを食べる詩の目からは、かすかに一筋の涙が…。そして詩は、さくらにある頼み事をする。

 

見逃した「さくらの親子丼2」の動画を無料で視聴するには?

毎週さくらの親子丼2の放送を楽しみにしている人はたくさんいると思いますが、中には見逃してしまったという人もいますよね。

  • 放送を忘れていた
  • 録画が上手くできていなかった
  • 忙しくて見る時間がなかった
  • 面白かったからもう一度見たい!

などなど理由は様々ですが、インターネット上でさくらの親子丼2の動画を探している人も多いと思います。

 

しかしそんな人にぜひおすすめしたいのが動画配信サービス!

VOD(ビデオオンデマンド)とも呼ばれています。

 

まだ利用していない人もいると思いますが、動画配信サービスとは「月額料金を支払うことで、そこで配信されている様々な動画が視聴可能になるサービス」のこと。

最近ではテレビやYouTube、電車の中など、いたるところで広告を目にすると思います。

 

映画・アニメ・バラエティなど、配信されている作品数は各動画配信サービスによって差がありますが、その数およそ数千〜数万。

もちろん放送を見逃してしまった最新ドラマも視聴できます!

 

「さくらの親子丼2」の動画を見るならFODプレミアムがおすすめ!

動画配信サービスには様々な種類がありますが、さくらの親子丼2を見るならFODプレミアムが一番おすすめです!

「FOD」とは「フジテレビオンデマンド」の略なのですが、その名の通りフジテレビが運営している動画配信サービスですね。

 

となると当然フジテレビ系列の動画が非常に多く配信されていて、月9ドラマを始めとした数々の名作ドラマを視聴することができます!

中にはFODプレミアムで独占配信されている作品もあり、他の動画配信サービスでは見られないドラマもたくさん見ることができるというところもFODプレミアムの魅力です。

 

そしてそんなFODプレミアムの料金は月額888円

数ある動画配信サービスの中でも安い方ですが、毎月1300円分のポイントがもらえるので、それを含めれば実質月額料金はかかりません!

しかも今なら1ヶ月の無料体験期間が用意されているので、自分に合っているのかどうかじっくり確かめることができます。

 

さらにFODプレミアムをおすすめしたい理由は100種類以上の人気雑誌が読み放題だからです!

誰もが知っているようなメジャー雑誌からマニアックなものまで数多く用意されているのですが、それらが読み放題になるというだけでも十分登録する価値がありますよね。

 

FODプレミアムの特徴
  • 月額888円
  • 毎月1300円相当のポイントがもらえる(=実質月額料金がかからない)
  • 約1万本の動画が視聴可能
  • フジテレビ系列の作品(月9ドラマなど)が特に多い
  • 100種類以上の人気雑誌が読み放題
  • 1ヶ月間の無料体験期間!

配信されている動画や雑誌のタイトルは公式HPで確認できます。

無料体験についてももっと詳しい情報が載っているので、ぜひチェックしてみてください!

 

無料体験で利用者が年々増加!

「グラフが書かれたプレゼン資料を指さすグラフが書かれたプレゼン資料を指さす」のフリー写真素材を拡大

年々注目度が高まってきている動画配信サービスですが、その利用者数の増加ペースはかなりもの。

具体的に言うと、2018年度の利用者の数は2015年度の約2倍にまでなりました!

今後ますます増えていくと予想されています。

 

しかしなぜそのようなハイペースで動画配信サービスの利用者が増えていっているかというと、その最大の理由は無料体験期間が設けられていること!

先ほども少し触れましたね。

 

文字通り無料で各サービスを体験できる期間なのですが、そのメリットは

  • 無料期間がおよそ2週間〜1ヶ月と長い
  • 無料期間中は月額料金がかからない
  • どれだけ動画を見ても期間内に解約すれば月額料金がかからない(別途課金制度がある場合があります)

というところ。

 

中でも嬉しいのは最後の「期間内に解約すれば月額料金がかからない」という部分ですね。

 

もしサービスが気に入らなくてもお金を払わずに済むので、これまで動画配信サービスを利用したことがなくて不安という人でも気軽にお試しすることができます。

もちろん「見逃したドラマだけ見て解約!」なんて利用方法もOKです!

 

スマホやタブレットでどこでも視聴可能!

「スマホで映画(ムービー)を見る女性スマホで映画(ムービー)を見る女性」[モデル:千歳]のフリー写真素材を拡大

また最近の動画配信サービスで嬉しいのはスマホでも動画が見れるというところ!

メジャーなサービスであればどこもスマホ・タブレットに対応した独自のアプリが配信されています。

 

ソファやベッドで寝転んでリラックスした状態で動画を見れますし、テレビがない個室なんかでも問題ありません。

移動中や外出先でも見れるというところもありがたいですね。

 

例えばYouTubeをスマホで楽しむ人もかなりの数いると思いますが、つまり動画配信サービスもそれと同じように利用可能ということ。

もちろん「大画面でドラマを見たい!」という人はテレビやパソコンで動画を楽しむことができます!

 

VODはこんな人におすすめ!

ちなみに動画配信サービスは下の項目のどれかに当てはまる人には特におすすめです!

VODはこんな人におすすめ!
  • とにかくドラマや映画が大好き!
  • 仕事や家事・育児でリアルタイムの放送が見れない
  • 休日や空いた時間にまとめて見たい
  • 移動中や外出先でも動画を見たい
  • 気に入ったドラマや映画を何度も見返したい
  • 普段からレンタルショップをよく利用する
  • レンタルショップに借りに、返しにいくのが面倒
  • 最新作を早く見たい

 

やはりいつでもどこでも好きな動画を見ることができるというところが動画配信サービスの一番のメリットではないでしょうか?

何か用事があってドラマの放送時間に家にいられないという人も決して少なくないと思いますが、そのような場合でも気兼ねなく外出することができます。

 

またこれまでレンタルショップを多用してきたという人も同様ですね。

 

だいたいどこの動画配信サービスも月額500〜1000円ほどとリーズナブルな価格で、DVDを何枚も借りるよりよっぽど経済的。

いちいち借りに行ったり返しに行ったりする手間もないですし、返却期限を気にする必要もありません。

 

違法サイトでも視聴できるけど…

またドラマに限らず映画やアニメの動画を無料で視聴できるサイトもありますが、正直それらはおすすめしません…。

なぜならそれらの多くは違法アップロードサイトだから。

 

例えば「ドラマ名 動画」のように検索すると

  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • B9
  • Pandora.TV(パンドラ)
  • miomio(ミオミオ)

などのサイトがよく出てくると思いますが、当然それらは非公式。

 

そのようなサイトを利用すると以下のようなデメリットがあります。

 

違法アップロードサイトのデメリット
  • 画質や音質が悪い
  • 利用しているこちら側も刑事罰の対象になる場合がある
  • ウイルス感染、個人情報漏洩の危険性がある
  • 著作権違反で動画がすぐ削除されてしまう

 

動画に限った話ではありませんが、最近はインターネット上の違法アップロードサイトが次々と検挙されていますよね。

「この動画は削除されました」なんて表示をよく見かけるサイトはかなり危ないと思った方がいいでしょう。

 

せっかく大好きなドラマを見るなら、安心・安全、かつ高画質・高音質な動画を見た方がよっぽど楽しめると思いませんか?

 

「さくらの親子丼2」次回・4話のあらすじは?

 クリスマス間近、さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)の今後について桃子(名取裕子)から悲しい事実を知らされる。暴力団の幹部だった父親が8歳の時に死亡し、母子家庭で育った香だったが、近々母親が再婚することになった。再婚相手は、暴力沙汰を起こし少年院に入っていた香を引き取るのを嫌がっているという。そればかりか、中学生の頃から何度も警察につかまった香に散々苦労した母親も、もう一緒に暮らすことは出来ないという。母親に捨てられた香は、淡々とした態度を見せるが…。

川端(柄本時生)がシェルターでクリスマスパーティーを開こうと張り切るのを見て、子どもたちはクリスマスの思い出を話し出す。しかし誰もがろくな思い出がないことがわかる。そのとき由夏(岡本夏美)がつぶやいた一言に、皆が驚きの表情を浮かべる。由夏は「ハチドリの家」のルール上、“ありえないこと”をしているのが判明したのだ。さらに皆がパーティーに向け、飾り付けで盛り上がる中、香がクリスマスに対して、異常な憎しみを見せる。香がそこまでクリスマスを嫌う理由とは?

「ハチドリの家」に新たな問題が起こる。鍋島(相島一之)が突然、実父の希輔(秋野太作)をともない、出勤してきたのだ。希輔は鍋島の姉の家で暮らしていたが、軽度の認知症を患い、鍋島の姉たち家族に迷惑をかけていた。鍋島は我慢の限度を超えた姉に希輔を押し付けられ、どうしようもなくシェルターに父親を連れてきたという。数日の間になんとかするという鍋島をさくらも心配するが…。

元中学校の校長だった希輔は「ハチドリの家」の子どもたちにも“上から目線”であれこれ指示する。誰も相手にしなかったが、貞子(井頭愛海)だけは希輔に優しく接する。

さくらは桃子から、鍋島の起こした過去のある事件について聞き胸を痛めるが、当の鍋島が驚きの行動に出る。「ハチドリの家」をさらなる混乱が襲う中、クリスマスパーティー当日となるが…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です