科捜研の女|3話の見逃し動画の無料視聴はこちら!

2018年10月18日(木)にスタートした「科捜研の女 season18」。

大人気ミステリーエンターテインメントもついに18シリーズ目になりました!

 

そしてこの記事では11月8日に放送された科捜研の女 season18の3話の動画を無料で視聴する方法を紹介!

長年のファンの中でも見逃してしまったという人が多いと思いますが、ぜひチェックしてみてください。

 

まずは「科捜研の女」3話のあらすじを紹介!

 鴨川で男性の遺体が発見され、所持品から土門(内藤剛志)の名刺が見つかった。手や顔は水を吸ってふやけていたが、マリコ(沢口靖子)らの鑑定の結果、身元が15年前に舞鶴で殺人と覚醒剤取締法違反で逮捕され、最近出所したばかりの飯沼和郎と判明した。15年前の事件は、当時土門がいた舞鶴南署管内で発生したものだが、土門は飯沼の出所も知らなかったという。

 科捜研では出所後の飯沼の動きを防犯カメラ映像から探る事に。すると、寝泊まりしていたと思われるラブホテル周辺の映像に、土門が派手なワンピースの女性と、なんとラブホテルに入っていくところが写っていた。マリコが土門に事情を聞くと、女性は浅香水絵(横山めぐみ)という15年前の事件の関係者だという。

 15年前、バーテンダーだった飯沼は店のダンサーだった水絵に言い寄る岸内潤一を殺害。単なる傷害致死と思われたが、飯沼が覚醒剤の売人という情報が入り、社会部記者で覚醒剤売買の取材をしていた岸内を計画的に殺害した可能性が浮上した。当時、事件を担当していた土門は、その裏をとるべく水絵をマーク。証言を引き出し、飯沼を殺人と覚醒剤取締法違反で逮捕できたという。

 その水絵が最近になって急に土門の前に現れた。ということは、土門が水絵に渡した名刺が飯沼に渡ったのか、なぜ土門は水絵とラブホテルに? 彼女と殺人事件との関係は?いくつかの疑問が消えないまま、水絵が経営するボトルアクアリウムの店へ行ったマリコは「あるもの」を目にする…。

 そして、その後事件は思いも寄らぬ展開を見せて…!? マリコが“水槽”から暴いた、衝撃の事実とは?

 

見逃した「科捜研の女」の動画を無料で視聴するには?

毎週科捜研の女の放送を楽しみにしている人はたくさんいると思いますが、中には見逃してしまったという人もいますよね。

  • 放送を忘れていた
  • 録画が上手くできていなかった
  • 忙しくて見る時間がなかった
  • 面白かったからもう一度見たい!

などなど理由は様々ですが、インターネット上で科捜研の女の動画を探している人も多いと思います。

 

しかしそんな人にぜひおすすめしたいのが動画配信サービス!

VOD(ビデオオンデマンド)とも呼ばれています。

 

まだ利用していない人もいると思いますが、動画配信サービスとは「月額料金を支払うことで、そこで配信されている様々な動画が視聴可能になるサービス」のこと。

最近ではテレビやYouTube、電車の中など、いたるところで広告を目にすると思います。

 

映画・アニメ・バラエティなど、配信されている作品数は各動画配信サービスによって差がありますが、その数およそ数千〜数万。

もちろん放送を見逃してしまった最新ドラマも視聴できます!

 

「科捜研の女」の動画を見るならビデオマーケットがおすすめ!

科捜研の女を含め、「色々なドラマ・映画を見てみたい!」という人におすすめなのがビデオマーケットです!

国内最大規模を誇る人気動画配信サービスですね。

 

実は科捜研の女を配信している動画配信サービスはいくつかあるのですが、その中でも特にビデオマーケットをおすすめしたい理由はその作品数の多さ!

合計20万本以上という全動画配信サービスの中で抜群に多いボリュームを誇っているのが最大の魅力です!

 

それに業界最安値の料金設定も大きな強みです!

詳しくはホームページを見ていただけるとわかると思いますが、用意されているのは以下の二つのコース。

  • プレミアムコース:月額500円
  • プレミアム&見放題コース:月額980円

 

どちらのコースもコスパが良く、自分に合ったコースを選ぶことができますが、お得なのが毎月540円相当のポイントがもらえるということ!

「プレミアムコース」に至ってはそれだけで月額料金の元が取れてしまいますし、そのポイントで見逃した最新ドラマも視聴可能です!

 

そしてもう一つ知っておいてほしいことが、現在ビデオマーケットでは31日間の無料体験期間が設けられているということです!

後で詳しく解説していきますが、無料期間中にポイントを利用すればお金をかけずに見逃したドラマを見ることもできるので、動画配信サービスを利用し続ける気がない人にもおすすめ。

もちろんサービスが気に入れば、ぜひ引き続き動画サービスを楽しんでください!

 

ビデオマーケットの特徴
  • 月額料金500円〜
  • 毎月540円相当のポイントがもらえる(=実質月額料金がかからない)
  • 20万本以上の動画が視聴可能
  • 配信されている作品数が国内No.1!
  • 最長31日間(初月)の無料体験期間!

配信されている動画のタイトルは公式HPで確認できます。

無料体験についてももっと詳しい情報が載っているので、ぜひチェックしてみてください!

 

無料体験で利用者が年々増加!

「グラフが書かれたプレゼン資料を指さすグラフが書かれたプレゼン資料を指さす」のフリー写真素材を拡大

年々注目度が高まってきている動画配信サービスですが、その利用者数の増加ペースはかなりもの。

具体的に言うと、2018年度の利用者の数は2015年度の約2倍にまでなりました!

今後ますます増えていくと予想されています。

 

しかしなぜそのようなハイペースで動画配信サービスの利用者が増えていっているかというと、その最大の理由は無料体験期間が設けられていること!

先ほども少し触れましたね。

 

文字通り無料で各サービスを体験できる期間なのですが、そのメリットは

  • 無料期間がおよそ2週間〜1ヶ月と長い
  • 無料期間中は月額料金がかからない
  • どれだけ動画を見ても期間内に解約すれば月額料金がかからない(別途課金制度がある場合があります)

というところ。

 

中でも嬉しいのは最後の「期間内に解約すれば月額料金がかからない」という部分ですね。

 

もしサービスが気に入らなくてもお金を払わずに済むので、これまで動画配信サービスを利用したことがなくて不安という人でも気軽にお試しすることができます。

もちろん「見逃したドラマだけ見て解約!」なんて利用方法もOKです!

 

スマホやタブレットでどこでも視聴可能!

「スマホで映画(ムービー)を見る女性スマホで映画(ムービー)を見る女性」[モデル:千歳]のフリー写真素材を拡大

また最近の動画配信サービスで嬉しいのはスマホでも動画が見れるというところ!

メジャーなサービスであればどこもスマホ・タブレットに対応した独自のアプリが配信されています。

 

ソファやベッドで寝転んでリラックスした状態で動画を見れますし、テレビがない個室なんかでも問題ありません。

移動中や外出先でも見れるというところもありがたいですね。

 

例えばYouTubeをスマホで楽しむ人もかなりの数いると思いますが、つまり動画配信サービスもそれと同じように利用可能ということ。

もちろん「大画面でドラマを見たい!」という人はテレビやパソコンで動画を楽しむことができます!

 

VODはこんな人におすすめ!

ちなみに動画配信サービスは下の項目のどれかに当てはまる人には特におすすめです!

VODはこんな人におすすめ!
  • とにかくドラマや映画が大好き!
  • 仕事や家事・育児でリアルタイムの放送が見れない
  • 休日や空いた時間にまとめて見たい
  • 移動中や外出先でも動画を見たい
  • 気に入ったドラマや映画を何度も見返したい
  • 普段からレンタルショップをよく利用する
  • レンタルショップに借りに、返しにいくのが面倒
  • 最新作を早く見たい

 

やはりいつでもどこでも好きな動画を見ることができるというところが動画配信サービスの一番のメリットではないでしょうか?

何か用事があってドラマの放送時間に家にいられないという人も決して少なくないと思いますが、そのような場合でも気兼ねなく外出することができます。

 

またこれまでレンタルショップを多用してきたという人も同様ですね。

 

だいたいどこの動画配信サービスも月額500〜1000円ほどとリーズナブルな価格で、DVDを何枚も借りるよりよっぽど経済的。

いちいち借りに行ったり返しに行ったりする手間もないですし、返却期限を気にする必要もありません。

 

違法サイトでも視聴できるけど…

またドラマに限らず映画やアニメの動画を無料で視聴できるサイトもありますが、正直それらはおすすめしません…。

なぜならそれらの多くは違法アップロードサイトだから。

 

例えば「ドラマ名 動画」のように検索すると

  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • B9
  • Pandora.TV(パンドラ)
  • miomio(ミオミオ)

などのサイトがよく出てくると思いますが、当然それらは非公式。

 

そのようなサイトを利用すると以下のようなデメリットがあります。

 

違法アップロードサイトのデメリット
  • 画質や音質が悪い
  • 利用しているこちら側も刑事罰の対象になる場合がある
  • ウイルス感染、個人情報漏洩の危険性がある
  • 著作権違反で動画がすぐ削除されてしまう

 

動画に限った話ではありませんが、最近はインターネット上の違法アップロードサイトが次々と検挙されていますよね。

「この動画は削除されました」なんて表示をよく見かけるサイトはかなり危ないと思った方がいいでしょう。

 

せっかく大好きなドラマを見るなら、安心・安全、かつ高画質・高音質な動画を見た方がよっぽど楽しめると思いませんか?

 

「科捜研の女」次回・4話のあらすじは?

子供服メーカーのファッションイベント開催中、その控室で社員の渡辺和登(斉藤祥太)の遺体が、人気キャラクター「ヤンヤン」の着ぐるみを着ている状態で見つかった。着ぐるみの中からボイスレコーダーが見つかり、「目障りだから死んでよ、死ね」というパワハラとも思える女性の声が録音されていた。

 渡辺は、パワハラの実態を訴えようとして、その相手に殺害されてしまったのか…?
マリコ(沢口靖子)らは、まず録音された場所を探る事に。音声は人ごみの中の様な雑音が終始入っていたが、音量が変化していない事から、その正体は「会話マスキング音」だという事が分かる。関係者以外に会話の音が漏れ聞こえるのを防ぐ為に流されているもので、被害者の職場にもこの音の発生装置があるとしたら…?マリコの睨んだ通り、被害者の部署・販売促進部の一室にマスキング音を流す装置があり、鑑定によって、ここで音声は録音されていた事が判明。

 社員の加藤に話を聞くと、被害者の渡辺は、女性が中心の職場の中で、仕事の出来るほうではなかったようで、日常的に上司の叱責を受けていた模様。やはり渡辺はパワハラを受けていた相手に殺害されたのか…!? 声紋検査でボイスレコーダーの声の主を探るため、部内で“邪馬台国の卑弥呼”と噂されるほど部下に高圧的な宝井日美子部長(国生さゆり)や名取摩耶課長(黒坂真美)、松川恵利香主任(篠原真衣)ら女性社員の声を録音していく。

 しかし、部内の女性社員たちとボイスレコーダーの声紋は一致しない。女性の声はいったい誰なのか?謎が深まる中、マリコが声の鑑定で暴いた、意外な真犯人の正体とは…!?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です