deleのロケ地!1話〜最新話まで更新中!

2018年7月27日に放送がスタートした「dele」。

山田孝之さんと菅田将暉さん出演、デジタル遺品がテーマの新ドラマです!

 

そしてここではそんなdeleのロケ地・撮影場所を紹介。

よく登場するメインロケ地の他に、各シーンの細かいロケ地までできるだけ細かくまとめていきます。

 

「dele」メインのロケ地・撮影場所

三星本社ビル(東京都中央区日本橋人形町2-14-9)

「三星本社ビル」の画像検索結果

坂上圭司(山田孝之)が運営する「dele.LIFE」があるビルがこちらの三星本社ビル。

ちなみに圭司の姉・舞(麻生久美子)の坂上法律相談所も同じビルにあります。

 

アクセス

  • 水天宮前駅から徒歩4分

 

「dele」1話のロケ地・撮影場所

京成上野駅(東京都台東区)

「京成上野駅」の画像検索結果

1話の冒頭、真柴祐太郎(菅田将暉)が警察に捕まってしまった駅は京成上野駅でした。

 

 

横浜地方裁判所陪審法廷(横浜市青葉区鉄町1614)

「横浜地方裁判所陪審法廷」の画像検索結果

祐太郎が被告人として出廷していた裁判が行われていたのは横浜地方裁判所陪審法廷。

桐蔭学園アカデミウムが移築復元していて本来あった住所とは異なります。

この裁判を舞(麻生久美子)が傍聴していて「dele. LIFE」を紹介していました。

 

アクセス

  • あざみ野駅からバスで10分

 

 

ニューセンチュリーパレス(東京都府中市西府町2-12-7)

「ニューセンチュリーパレス 東京都府中市西府町2丁目12番」の画像検索結果

安岡春雄(本多章一)の家族が住むマンションはハウススタジオ和洋くうかんが管理するニューセンチュリーパレス。

ここのベランダから息子がパチンコでどんぐりを撃ってきていましたね。

 

アクセス

  • 西府駅から徒歩6分

 

アトリエミカミ Eスタジオ(埼玉県所沢市東町15-14)

家族と別居していた安岡が住んでいたアパートはアトリエミカミのEスタジオ。

祐太郎がここを訪れるとすでに安岡は亡くなっていましたね。

 

アクセス

  • 所沢駅から徒歩6分

 

ヒルトップ港南台(神奈川県横浜市港南区港南台9-32-23)

「ヒルトップ港南台」の画像検索結果

片山薫(江口のりこ)が住むマンションの舞台となったのはヒルトップ港南台。

祐太郎が訪れた時は代わりに牧野(般若)が出て、襲われてしまいました。

画像にもある螺旋階段を下っていましたね。

 

アクセス

  • 港南台駅から徒歩15分

 

 

ホテルカデンツァ光が丘(東京都練馬区高松5-8)

「ホテルカデンツァ光が丘」の画像検索結果

坂上圭司(山田孝之)と祐太郎が片山が出てくるのを待っていたマンションはホテルカデンツァ光が丘。

牧野たちに見つかるか危機一髪でしたね。

 

アクセス

  • 光が丘駅からバスで10分

 

ECO FARM CAFE 632(東京都渋谷区神宮前6-32-10)

「ECO FARM CAFE 632」の画像検索結果

圭司、祐太郎、片山が話していたカフェはECO FARM CAFE 63でした。

原宿駅からすぐの場所にあります。

 

アクセス

  • 原宿駅から徒歩6分

 

流山市役所(千葉県流山市平和台1-1-1)

「流山市市役所」の画像検索結果

祐太郎が潜入した警視庁城南警察署のロケ地は千葉県流山市市役所。

追い詰められた祐太郎はここのベランダから逃げ出していました。

 

アクセス

  • 流山セントラルパーク駅から徒歩16分

 

 

調布市役所(東京都調布市小島町2-35-1)

「調布市役所」の画像検索結果

圭司が牧野を車椅子で突き落とした階段があるのは調布市役所。

車椅子であんなかっこいいアクションができるなんてさすが山田孝之さんとして言いようがありません…。

 

アクセス

  • 調布駅から徒歩8分

 

次回のロケ地はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です