金曜ドラマ一覧

メゾン・ド・ポリス

・イントロダクション

TBSは2019年1月の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)にて、『メゾン・ド・ポリス』を放送します。主人公の新人刑事・牧野ひよりが、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく一話完結の刑事ドラマです。

原作は加藤実秋の小説「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫刊)。「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」(同上)は、2018年1月に発売されると半年も経たずに5度の重版がかかり、その後も版を重ねています。その人気から、早くも続編の「メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視」(同上)が10月24日(水)に発売された人気作です。

主人公の新人刑事・牧野(まきの)ひよりを演じるのは、今や若手を代表する女優の一人・高畑充希。NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(2016年上半期)のヒロインで鮮烈な印象を与え、『過保護のカホコ』(NTV・2017年)や現在放送中の『忘却のサチコ』(TX)などで次々と主演を務め、テレビドラマだけでなく映画や舞台でも様々な役柄を自分のものにするその演技力に評価が高い。そんな彼女が意外にもこれまでに演じたことのなかった刑事役に初挑戦します。

このドラマ及び原作のタイトルとなっている「メゾン・ド・ポリス」とは、退職警察官専用のシェアハウス。高齢ゆえの持病を抱えながらも元警官として抜群の能力や知識を持つアクの強い“おじさま”たちが、仲良くシェアハウスで暮らしている。そこに高畑演じるひよりが訪ねて来るところから物語は始まります。

エプロン姿でメゾンの使用人を務めるが、2年前までは警視庁捜査一課の敏腕刑事だった夏目惣一郎(なつめそういちろう)を演じるのは、男女問わず幅広い世代に人気でドラマ・映画の出演作が絶えることなく、独特の個性を放つ西島秀俊。さらに、現役警察官時代は事務畑一筋で現在はメゾンの管理人を務める高平厚彦(たかひらあつひこ)には小日向文世、元科学捜査研究所勤務の博士で白衣がトレードマークのインテリ紳士・藤堂雅人(とうどうまさと)役に野口五郎、定年退職と同時に妻から離婚を切り出された元所轄刑事・迫田保(さこたたもつ)役には角野卓造、メゾンの大家で白髪と笑顔が似合う好々爺・伊達有嗣(だてありつぐ)役に近藤正臣と、日本のエンターテインメント界で重鎮として存在感を放つ超豪華“おじさま”俳優が集結しました。

退職した現在でも、老眼や腰の痛み、持病と闘いながら現役時代を忘れていないおじさまたちは、ひよりの来訪をきっかけに捜査魂が再燃し事件に介入していく。そうして、念願の刑事課配属になり、なんとしても真相を突き止めたいひよりと、“おじさま”の中でひとりだけ捜査に乗り気ではなかったが、刑事として幾多の難事件を解決してきた夏目の二人が渋々コンビを組んで捜査に乗り出すが…。

このドラマの記事はこちら

私のおじさん

・イントロダクション

空前の“おっさんブーム”に沸く日本に、『働く女性×おっさん』という新たなドラマが誕生する! 

上司に、先輩に、同僚に…職場で言いたいことも言えない「私」の代わりに「妖精のおじさん(等身大だけど他の人には見えていない)」が口に出せない心の声や本音、愚痴をズバズバ、ドロドロと垂れ流してくれる――そんな夢のような(?)出来事が起こってしまう!? 

新人AD・岡田結実×妖精のおじさん・遠藤憲一…空前絶後の凸凹タッグ! そして最大の敵(!?)には城田優! 田辺誠一、青木さやか、小手伸也、戸塚純貴といった個性豊かな実力派俳優陣も顔を揃え、2019年のはじまりにふさわしい、爽快で痛快な新感覚お仕事ドラマが爆誕…! 

このドラマの記事はこちら